« 2014年5月 | トップページ | 2014年7月 »

6月29日のアーチ雲

本日6月29日は、
上空に強い寒気を伴った気圧の谷が
通過した影響で、東日本を中心に、
広い範囲で雷を伴った激しい雨が降りました。

わぴちゃんがいた場所(茨城県県西地域)でも、
15時30分ごろから雷が鳴りはじめました。

このとき西の空を見てみると、
遠くの方に2系統の積乱雲群を確認しました。

1つは南西の方角で、
遠くの雨が灰色の雨柱として
分かるくらい立派なもの(以下A系統)。
0629_1528_

もうひとつは、北西の方角で、
平べったい皿形で、雲の底が
青黒く垂れこめているもの(以下B系統)。
0629_1539_

気象レーダーや空の様子を見ながら、
どうしようかと1人作戦会議(^-^;)

おそらくA系統は東京方面へ行くから、
こちらへの影響はないだろう。
むしろB系統の積乱雲群の動向に注意が必要。

と判断し、B系統の動きに注視することにしました。

なので、以下はB系統の雲の変化です。

15:59頃
0629_1559_
(※写真はクリックで拡大)

雲底にスカートを履かせたかのような
アーチ雲が確認できます。
雲の一部は、ほんのりと青緑色になっていました。


16:02頃
0629_1602_
(※写真はクリックで拡大)

アーチ雲はさらに立派になりました。
アーチ雲の向こう側に濃密な雨柱が見えます。


16:07頃
0629_1607_
(※写真はクリックで拡大)

アーチ雲が急速にのびてきて、
あっという間に1本の長い黒雲の土手になりました。
写真右側が白っぽいのは雨柱です。

16:09頃
0629_1609_
(※写真はクリックで拡大)

写真の右半分が白っぽいのは
濃密な雨柱があるためです。
ほどなくして大粒の雨が降りはじめました。

雨のピークは17時前後で、
ピーク時には、水しぶきで
視界がほとんどきかないほどでした。

アーチ雲は天気が急変場所を
知らせる目安となります。
もし、アーチ雲がこちらに迫ってくるのを確認したら、
屋外活動をすみやかに切り上げて
車や建物など安全な場所へと避難してくださいね。

| | コメント (3)

ダッタンソバの花☆

ダッタンソバ(Fagopyrum tataricum)は、
東アジア原産のソバの一種です。

独特の苦みがあるらしく、
ニガソバの別名があります。

そば茶が出回っているので、
知名度はそこそこ高いのですが、
実際に栽培されているところを見る機会は稀です。

わぴちゃん、とある道の駅で、
ダッタンソバの種子を入手できたので、
実際に育ててみました(*v_v)o

この数日で花をつけはじめたので、
それを載せますね(*v_v)o

Photo
(※写真はクリックで拡大)

_
(※写真はクリックで拡大)

普通のソバとちがって、
花は緑色で目立たないです。

しかもとても小さいため、
撮影にはかなり難儀しました(^-^;)

| | コメント (2)

トンボも続々と☆

気づいたら夏至も過ぎ、
2014年もまもなく折り返し地点です(^-^;)

飛び交うトンボの種類も増え、
水辺も一気に賑やかになってきました(*´▽`*)

今日は、最近写したトンボちゃんの中から
3種類ピックアップして載せますね☆

コフキトンボ
_
(※写真はクリックで拡大)

※「オビ型」と呼ばれるタイプの子です。
広めの水路や池など、
やや開けた明るい水辺でよく見かけます☆


ショウジョウトンボ
Photo
(※写真はクリックで拡大)

※まるでトウガラシのように
真っ赤っかなトンボちゃんです。
水草の多い場所に生息しています。

コシアキトンボ
Photo_2
(※写真はクリックで拡大)

※全身真っ黒で、腹の一部が
白くなっているトンボちゃんです。
開けた明るい水辺に多く、
都市部でもよく見かけます。

| | コメント (2)

ウズラカメムシ☆

ウズラカメムシの成虫と幼虫が
仲良く向かいあってお食事してました(*^▽^*)o

とっても心癒されるひとコマでした(*´▽`*)

Photo
(※写真はクリックで拡大)


カメムシに癒しを求めるわぴちゃんを見て
ドン引きしないでね(笑)
ヘ( ̄∇ ̄ヘ;)。。。コソコソ


| | コメント (0)

アカメガシワ☆

ブログをかなりご無沙汰してしまい
申し訳ございませんでした(^-^;)

わぴちゃんは生きてますよ~(笑)

ほうぼうでアカメガシワの花を
見かける季節になりましたね(*v_v)o

アカメガシワはトウダイグサ科の
落葉高木で、雌雄別株です。

比較的ありふれた樹種で、
道ばたや庭の隅などのいたるところで
実生からの幼木を見かけます。

花は小さく、花弁もありませんが、
ぎっしりとかたまってつくので、
見応えがあります☆

雄株と雌株それぞれの
花の様子を撮影したので
載せておきますね(*v_v)o

まず雄株。

_1
(※写真はクリックで拡大)

_2
(※写真はクリックで拡大)


花はたくさんの雄しべがあって
ポンポンのような姿になります。
遠目からふわぁっとした印象で、香りも強く、
虫さんもたくさん集まってきています。


次に雌株。

_1_2
(※写真はクリックで拡大)

_2_2
(※写真はクリックで拡大)


3本の太い花柱が目立ち、
渋い趣のある姿です☆

花期は地味ですが、果実期になると存在感を増し、
鳥さんの食糧としても貢献しています。

| | コメント (2)

携帯電話との別れ

家電製品は、同じ機種でも
「当たりはずれ」があると言われています。

わぴちゃんが使っていた携帯電話は、
どうやら「当たり」だったらしく、
まったくの故障知らず、
バッテリーも劣化知らずで、
7-8年くらいずっと使い続けてきました。

長年連れ添った優秀なパートナーでしたが、
わぴちゃんのちょっとした不注意で、
あっさり終焉を迎えてしまいました(>ω<。)

昨日、山の中で携帯を落としたのです。

しかも、数十km単位で移動してまわったうえに、
帰り際になって落としたのに気づいたので、
もはや発見不可能(>ω<。)

場所柄拾われる確率はゼロに近いのですが、
万一のことがあると困ります。

なので、帰り、途中にあった
携帯電話屋さんに寄り、
事情を説明して、急きょ機種変更しました。

対応された方が、すっごく優しくて
VIPのような待遇をしてくださったので、
救われたような気持ちでした(*v_v)o

データの移行はできず、
電話帳のデータは全滅です…(>ω<。)

あ。スマホではなく、
従来型携帯のままです(^-^;)

人生初の大失態でした(>ω<。)

携帯を失ったという事実うんぬんよりも、
「失態をやらかした自分のどんくささ」への
ショックが大きくて、
かなりの自己嫌悪モードです(>ω<。)

これから夏に向け山歩きされる方も
多いと思いますが、
携帯などの貴重品の紛失には
くれぐれも気をつけてくださいね。

…って、こんな不注意やらかすの
わぴちゃんだけかもしれませんが(^-^;)

Photo

| | コメント (5)

ヒバカリ

一昨日(6/14)の夜、
ヒバカリくんを撮影しました(*v_v)o

1
(※写真はクリックで拡大)

2
(※写真はクリックで拡大)

ヒバカリは、有鱗目ナミヘビ科に属する
無毒でおとなしいヘビくんです。

全長50cm程度で、首に入る白っぽい斜めのラインが特徴です。

名前は、

「もし咬まれたら命は
その日ばかり(ヒバカリ)」

というのから来ていますが、、
これはまったくの濡れ衣です。

朝夕を中心に活動していますが、
とても臆病な性格なので、
ひと目を避けるようにひっそりとくらしています。

わぴちゃん、ヒバカリくんとは
比較的よく遭遇しています。

ただ、撮影難易度が高いんですよね

前に一度だけ写したことはありますが、
「証拠写真」レベルのもので、
図鑑等に使えるような代物では
ありませんでした(>ω<。)

こうやってちゃんと「使える写真」として
撮影できたのは初めてです(*v_v)o

| | コメント (7)

MOVE植物図鑑☆

講談社の動く図鑑
MOVEシリーズ「植物」が
2014年6月12日に刊行されました☆

じつは、わぴちゃん、
これの製作(執筆・写真提供)に関わっていて、
巻末に名前も入れていただきました(*v_v)o

この手の学習図鑑は、
わぴちゃんも子ども時代に
ずいぶんとお世話になりましたよー(*´▽`*)

もう書店に並んでいると思いますので、
興味のある方はどうぞ(*v_v)o

本日見本誌が届いたので、
恒例(?)の記念撮影です。

…え!?それはいらないって?(笑)

ヘ( ̄∇ ̄ヘ;)。。。コソコソ

Photo

| | コメント (2)

6月13日の乳房雲

本日お昼前、西の方の空を見ると、
長くたなびく多毛積乱雲の姿がありました。

0613
(※写真はクリックで拡大)

この雲はどうやら、
東京多摩地域から23区にかけて、
激しい雷雨とひょうをもたらした
積乱雲群のようですね。

わぴちゃんところは
雨こそ降らなかったものの、
積乱雲から吹きだした
「分厚い巻雲」が空を覆いました。

そして、その分厚い巻雲の
底からは、黒く不気味な乳房雲
いくつもぼこぼこと垂れ下がっていました。

0613_2
(※写真はクリックで拡大)

06132
(※写真はクリックで拡大)

06133
(※写真はクリックで拡大)


昨日・本日と、各地で
激しい雷雨になったようですが、
皆さんところは大丈夫だったでしょうか?(*v_v)o

| | コメント (4)

コガネムシ3種(*v_v)o

関東地方では、梅雨入りしてから
連日のように雨が続いています(>ω<。)

雨のすき間を縫って
ちょこちょこ散策していますが、
なんか物足りない気分です(笑)

そんな中、6月に入ってから見つけた
コガネムシの仲間を3種載せますね(*v_v)o

コガネムシ

Photo
(※写真はクリックで拡大)

※コガネムシ科の代表種です。
緑色の金属光沢が美しいです(*´▽`*)
大きくて見ごたえがあります。
幼虫は植物の根を、
成虫は葉を食い散らかすのが
難点ですけどね(^-^;)

マメコガネ

Photo_2
(※写真はクリックで拡大)

※コガネムシの仲間では
もっとも遭遇頻度が高い種類と思います。
植物に群がり、葉をみんな食べつくしてしまいます。
アメリカに侵入して猛威を振るい、
現地ではジャパニーズ・ビートルの名で
恐れられています。


セマダラコガネ

Photo_3
(※写真はクリックで拡大)

※まだら模様のコガネムシ類です。
さすがにマメコガネほどではありませんが、
普通に見られる種のひとつです。
稀に全身真っ黒な黒色型もいます。

| | コメント (0)

6月10日の天頂環

夕方、天頂環を見つけました(*v_v)o

06101
(※写真はクリックで拡大)

06102
(※写真はクリックで拡大)

以下、ちょっと重たい話になるので、
それでもいいよという人は
「続きを読む」をクリックしてくださいませm(_”_)m

続きを読む "6月10日の天頂環"

| | コメント (3)

あしぶと…

一昨日、駅の階段をくだっているとき、
足を踏み外してずるっとすべり、
ひっくり返りそうになりました。

が、自分でもびっくりするような
華麗な動きで体勢を立て直し、
事なきを得ました。

気づいたら、周囲の人々の
視線を集めてしまっていました…(^-^;)


そして昨夜、突然面識のない
ガラの悪い人に絡まれかけて、
かなり怖い思いをしました(>ω<。)

何とか逃げ切ったので、
危害を加えられることは
ありませんでしたが…。


災いがわぴちゃんを狙っているから、
気をつけないとなぁ…


ということで?

昨日・今日で、アシブトと名がつく
ハナアブ類を3種揃えることができたので、
載せたいと思います(*v_v)o


アシブトハナアブ
Photo
(※写真はクリックで拡大)

※ハナアブの仲間では
もっとも普通に見られる種類です☆
♂と♀で模様が若干異なります。
名前のとおり後脚がマッチョ風になっているのですが、
ちょうど翅のヘリと重なって見えなくなってますね(笑)


シマアシブトハナアブ(黒化型)
_
(※写真はクリックで拡大)

※パッと見アシブトハナアブに似ていますが、
模様の黄色い部分が多い種類です。
初夏以降よく見かけるようになります。
ときに写真のように、全身真っ黒になる子もいて、
「黒化型」と呼ばれています。


キヒゲアシブトハナアブ
2
(※写真はクリックで拡大)

※わぴちゃんにとって初見のハナアブ類です。
湿地林の縁にいました。
顔が黄色くて、触角も黄色いですね。

| | コメント (4)

ゼフィルスの季節ですね

今シーズン初の
ミズイロオナガシジミちゃんに
出逢いました。

Photo
(※写真はクリックで拡大)


成虫は、年1回、6月頃にのみ
現われる季節限定の子です。

ミズイロオナガシジミちゃんは、
「ゼフィルス」と呼ばれる
樹上性のシジミチョウのひとつです。

「なんかボーっとしているうちに、
いつの間にか、こんなに季節が進んでいたんだ。」

…と、思い知らされたひとコマでした(^-^;)

ところで、今年は河川敷のヨシにつく
タケカレハの毛虫が少なめで
ちょっとホッとしていたのですが、マイマイガの毛虫は
相変わらずすごいですね(^-^;)

マイマイガ、昨年よりも猛威を
振るっているような気がするのですが、
皆さんところはいかがでしょうか?

※マイマイガ、タケカレハともに、
画像検索は非常に危険です。

ただ、それでも、どうしても
…という方は、自己責任でどうぞ(笑)d

| | コメント (2)

« 2014年5月 | トップページ | 2014年7月 »