« モチアワ(Setaria italica cv.) | トップページ | 鳥さん帽子、なくす(^-^;) »

べっとべと…

(公財)日本自然保護協会さまの発行する会報誌
「自然保護2014年9・10月号」にて、
ひっつき虫の記事を執筆しました。

公式Webで記事の内容が無料で読めますので
良かったら読んでみてね☆

日本自然保護協会の該当ページへ

そのときに気づいたのが、
ケチヂミザサの写真を
あまりちゃんと撮っていない!

ということで今秋はケチヂミザサも
重点的に撮影するようにしています。

今日は果実のアップを撮影しました。

Photo
(※写真はクリックで拡大)

ケチヂミザサは果実期になると
芒が粘液で覆われてべっとべとになり、
それが服にくっつきます。

じつはわぴちゃん、
ケチヂミザサはノギが服に刺さるタイプの
ひっつき虫だと、長い間、勘違いしていました。
ヘ( ̄∇ ̄ヘ;)。。。コソコソ

そう。ケチヂミザサのひっつき虫は粘液型です。
なので、粘液の様子が分かるような写真を
…とチャレンジしてみました(笑)

どうかな?

|

« モチアワ(Setaria italica cv.) | トップページ | 鳥さん帽子、なくす(^-^;) »

*果実・種子*」カテゴリの記事

コメント

チヂミザサも釈然としない奴なのだ。
「ケ」だったり「コ」だったりというのもあるけれど、南の方に『エダウチヂミザサ』はないとして、でも「枝を打つチヂミザサ」というのは出てくる。
『野に咲く花』の写真からして枝があるし、それが当たり前のようでもあるのだけれど、無い奴は無いし・・・

投稿: ポンチ | 2014/09/27 07:14

ひっつき虫、探してみます!^^

秋ですね~。
キンモクセイの香りのする、秋の風が大好きで…今日は、ちょっと遠くまで散歩をしました。

そうそう、遅くなりましたが、雑草や野草がよーくわかる本の最新版、買いましたよー!
前のものからパワーアップして、更にわくわくする、楽しい図鑑になっていました。
やっぱり、わぴちゃんの図鑑が一番好きだし、使いやすいです。
色々なタンポポの見分け方も、全て写真になってましたね♪
みんなにお勧めしたいと思います。

あっ、そうだ、こっちではいま、ツヤアオカメムシ(たぶん)が、大発生しています…。洗濯物にくっついて、部屋の中にも入ってくるので大変!くさい…!!笑

体の色が、とても美しい緑色で素敵なのですが、壁一面がツヤアオカメムシになっているのを見ると、ぞーっと、するような…しないような…。^^;
どうして、こんなにいるんでしょうね。しかも街の真ん中に。。。

投稿: れみこ | 2014/09/27 22:13

◆ポンチさん

ポンチさん、こんばんは☆

チヂミザサも形態の変異が多くて、
ていねいに観察するとおもしろいですね。

エダウチチヂミザサは、資料の記述や写真を見る限り、
チヂミザサと比べるとだいぶ大きくて、
穂も円錐形で結構目立つ感じなのかなぁって思いました。
もっとも、実物を見たわけではないので、
何とも言えないけれど…(^-^;)

そういえば、わぴちゃんにとっては、
チャボチヂミザサも謎な存在だったり。
千葉県内にあるらしいけれど…。

ここ数年、わぴちゃんところでは、
南方系のシマツユクサが増加傾向にあります。

近所でこれが見られるなんて
夢にも思っていなかったので、
そのうち、エダウチチヂミザサも
出現したりして?(^-^;)


◆れみこさん

れみこさん、こんばんは☆

遅くなりましたが、
お誕生日おめでとぅございます(*´▽`*)

こちらも、秋風に乗ってキンモクセイと、
稲わらを焼いた香りがどこからともなく漂ってくるよ☆

雑草野草がよーくわかる本の最新版、
買ってくれたみたいでありがとぅ(≧▽≦)ノ

タンポポ、かなり充実させました☆

いずれはニホンタンポポぜんぶ
攻略したいなぁ~(*´▽`*)

そういえば、もうヨメナとか
オオユウガギクが咲く季節だから、
今年こそは!!…なんて思っているけど、
時間が取れそうでなかなか取れなくて(>ω<。)

ツヤアオカメムシは灯火に集まる性質があるから、
近くに発生源があって、そこから明かりに
おびき寄せられてきた可能性がある…かも!?

宝石のように美しくて癒されるよね(*´▽`*)
臭いさえ出さなければ(笑)

投稿: わぴちゃん☆ | 2014/10/02 01:11

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« モチアワ(Setaria italica cv.) | トップページ | 鳥さん帽子、なくす(^-^;) »