« 2014年11月 | トップページ | 2015年1月 »

イエギクに氷柱現象

12/28の朝は、わぴちゃんちの自宅玄関前でも
-6℃台の冷え込みでした。

なもんで、たくさんの植物の
枯れ枝に氷柱ができていました。

イエギクの枯れ枝にもできてましたよ~!

Photo
(※写真はクリックで拡大)

イエギクは、
園芸用に栽培される菊の総称です。

今回氷柱現象が見られたイエギクは、
園芸品種名までは不詳ですが、
秋に黄色い花を咲かせるタイプのものです。

Photo_2
(※写真はクリックで拡大)

イエギクの氷柱は初めて見ました(≧▽≦)ノ

| | コメント (4)

氷の上に生える霜

今朝、わぴちゃんところは
この冬一番の冷え込みとなりました(*v_v)o

自宅玄関に設置してある温度計を見に行くと、
朝5:53の時点で-6.1℃。

…この数値を見た瞬間、
一気にテンションがあがり…(^-^;)

急きょ早朝散策に行ってきました(^-^;)
今回もK川河川敷です(*v_v)o

気温を測ると、-9.6℃!
1228
(※写真はクリックで拡大)

川面から少しだけ川霧が立っていました(*´▽`*)

1228_2
(※写真はクリックで拡大)

そして、川べりに張った氷をよく見ると、
針状の霜がツンツンと生えています。

1
(※写真はクリックで拡大)


4
(※写真はクリックで拡大)


霜の長さは5~7mm程度。
氷の表面にあるわずかな
凹凸の部分から成長しています。

2
(※写真はクリックで拡大)


これがもっと発達して
白いふさふさになったものが
フロストフラワーです。

なので、これはフロストフラワーの
初期段階と言ったところでしょうか。


さらに観察を続けると、
氷の縁にも細長い霜の結晶がびっしり!
まるで、櫛のようでした(*´▽`*)

Photo
(※写真はクリックで拡大)

おまけ。
氷上の霜を撮影しているときに見つけました。

1228_3
(※写真はクリックで拡大)


最初は氷の凹凸から成長しているのかと思ったのですが、
よくよく見ると、小さなハエさんから生えていました。

自分の身体の何倍もの霜に取りつかれてしまってます(^-^;)
改めて、自然の中で生きることの厳しさを感じさせられました。

| | コメント (2)

10周年記念壁紙です。

需要があるか、分かりませんが…(^-^;)

昨日公開したバナーをもとに、
ふわぴかちゃん10周年記念の
特別壁紙を用意してみました(*v_v)o

◆DL特設ページはこちら

もちろん無料です。
ご自身の端末の画面サイズに
もっとも近いもののリンクをクリックして、
ダウンロードして保存してくださいね。

43


芸術センスの欠片もない
わぴちゃんが作ったものですが、
気に入っていただけたら、
使ってやってくださいませ(*v_v)o

デスクトップの使い勝手が悪くならないように
色合いは、あえて薄くしてあります。

| | コメント (2)

ふわぴかちゃん10周年です

本日2014年12月24日は、
毎年恒例、孤独のク…

ごほんごほん。
失礼しました(*v_v)o

わぴちゃんのオリジナルキャラクター
ふわぴかちゃんの、
生誕10周年記念日です(*v_v)o

10_


ホームページや座学系講座での
ナビゲーター役として、
これからも積極的に
登場させていきますので、
今後ともよろしくお願いしますね(*v_v)o

今後は、10周年を機に、
試行的にグッズの頒布なんかも
していく予定です。

| | コメント (3)

新しい望遠+テレコンのテスト


11月下旬に
望遠レンズ(70-300mm)を新しくしました。

新しいレンズ、使ってみると、
手振れ補正機能のすごさにびっくり!

ガッシリ、ピンをあわせてくれます(*´▽`*)

…ということは、このレンズなら、
テレコンつけても大丈夫かな?

テレコンは、撮影用レンズと
組み合わせて使う補助レンズです。

これを使うことで、
高価な望遠レンズを買わずとも、
かなりの望遠撮影が可能になります。

ただし、オートフォーカスが効かないため、
マニュアルでのピント合わせが必要で、
そのピント合わせもかなりシビアーで、
ぶれたりボケたりしやすい…という欠点があります。

わぴちゃん、かなり前に
テレコン(焦点距離2倍)を買ったのですが、
使い勝手の悪さに、数回使っただけで
タンスの肥やしになっていたのでした(^-^;)

…ということで、
新望遠レンズ+テレコンの組み合わせで
近所の野鳥たちを被写体にして、
動作確認テストをしてみました。

結果は…。

シジュウカラ
Photo
(※写真はクリックで拡大)

セグロセキレイ
Photo_2
(※写真はクリックで拡大)

キセキレイ
Photo_3
(※写真はクリックで拡大)

スズメ
Photo_4
(※写真はクリックで拡大)

多少トリミングして載せていますが、
実用に耐える解像度で
撮影可能なことが分かりました。

それから、上の写真は
すべて三脚なしの手持ち撮影です。

オートフォーカスが効かないので、
ちょっとしたコツが必要ですが、
ローコストでこれだけの撮影ができれば
何も文句はありません(*´▽`*)

よしっ!
これで蜃気楼とか
グリーンフラッシュの撮影ができるっ♪

| | コメント (5)

枝分かれする霜(*v_v)o

わぴちゃん、今年も年末恒例の
「寂しい病」と闘っています(^-^;)

孤独で心が荒んでガッサガサです(>ω<。)
肌の乾燥もひどくてカッサカサです(>ω<。)

そんな荒んだわぴちゃんの心を
やさしく癒してくれるのが霜や氷たちです(*v_v)o

…乾燥肌には効果ないですけどね(^-^;)

今日は、12月15日に撮影した霜の結晶の中から、
途中で枝分かれしているタイプのものを載せますね(*v_v)o

釣鐘型の分枝
1220_
(※写真はクリックで拡大)

1220_2
(※写真はクリックで拡大)

杯型の分枝
1220__2
(※写真はクリックで拡大)

1220_2_2
(※写真はクリックで拡大)

| | コメント (2)

雑草野草のくらしがわかる本・改訂版

わぴちゃんが2009年3月に出版した

「街でよく見かける
雑草や野草のくらしがわかる本」

2013年3月に一度絶版となりましたが、
このたび改訂版として再び刊行されました。

Photo


既存のページの細かい改良はもちろん、
新たに、巻頭カラーページを22ページ追加し、
本編中にも野草の生態に関する
コラムを15点挿入しました。

もし良かったら、
手に取って見てみてくださいませ(*v_v)o


◆書籍情報◆---------

最新版 雑草・野草の暮らしがわかる図鑑

著者名 岩槻秀明
出版社 秀和システム

価格 1,800円+税
発行日 2014年11月

ISBN-10: 479804234X
ISBN-13: 978-4798042343
---------------

おまけで、記念写真も載せておきます(こそっ)
可愛く撮れているかな?(こそっ)

1


| | コメント (2)

肌に刺さる冷え込み

今朝、5時半ごろ、
自宅玄関に置いた温度計を
確認しに行くと-4.1℃。

これは期待できるっ!(≧▼≦)ノ

ということで、早朝散策のため、
とある川へと行きました(*v_v)o

到着後、車から降りた途端に、

「痛っ!」

肌にふれた冷気の刺激が強すぎて、
「冷たい」ではなく「痛い」と感じたのでした。

今冬初の「肌に刺さる冷気」を感じつつ
気温を測ると、案の定、-8.2℃。

1215_


それでも気にせず、素手のまま、
行動するわぴちゃんです。
ヘ( ̄∇ ̄ヘ;)。。。コソコソ

やはり、これだけ低温になると、
霜の結晶も大きく見応えがあります(*´▽`*)

今日見た場所は、針型、杯型が目立ち、
ときどきかなり大きな釣鐘型の
結晶が見られるという感じでした。

釣鐘型…というのはこんな感じの結晶です。

1215_c
(※写真はクリックで拡大)

今回の釣鐘型は正面から見ると、
1/3~半分くらいが欠けていて、
縁がくるんと巻き込む…という特徴が
かなり鮮明に現われていました。

1215_b_
(※写真はクリックで拡大)

1215_c_
(※写真はクリックで拡大)

1215_d_
(※写真はクリックで拡大)

1215_e_
(※写真はクリックで拡大)

| | コメント (0)

今年の漢字は…

今年も残すところあと少し…。
1年の総括をする季節になりましたね。

先日、年末恒例の
「今年の漢字」が発表されたのに倣って、
わぴちゃんも、自分の1年を漢字で…と思い、

今年のできごとを
いろいろ回想してみた結果、
ぴったりだった字は…

」 でした(^-^;)

「痛」「落」も捨てがたかったですけどね(^-^;)

なので、前だけを見て、
振りかえらないようにしようと思います(笑)

その一方で、明るい話題もあります(*´▽`*)

じつは、2014年12月24日をもって、
わぴちゃんのマスコットキャラクター
「ふわぴかちゃん」が、生誕10周年を迎えます☆

_thum


10周年記念に何か形に残るものを制作しようと、
水面下で動いています(*v_v)o

| | コメント (2)

見事な霜の剣

初冬の頃、急な強い冷え込みで、
一夜にして草がしおれてしまう情景を
「霜の剣」と言います。

この間の寒波で、
あちこちのコウテイダリアが
残骸と化していました(^-^;)

Photo
(※写真はクリックで拡大)


寒波来襲直前まで
元気に花を咲かせていたものが
一夜にしてこんな状態、
まさに、霜の剣です(/||| ̄▽)/

ところで、このコウテイダリアの
枯れ姿を見つけた時、
なぜか「秋田竿燈」が
頭をよぎったわぴちゃんです

ヘ( ̄∇ ̄ヘ;)。。。コソコソ

| | コメント (2)

橙色に染まる土手

1週間くらい前に写したものですが…(^-^;)

土手の斜面が、いたるところで
「橙色のじゅうたん」になっていました。

1
(※写真はクリックで拡大)


この「橙色のじゅうたん」、
正体は紅葉したチガヤです(*´▽`*)


2
(※写真はクリックで拡大)


チガヤは冬の間も葉は枯れ落ちないで、
紅葉した状態のまま残ります。

| | コメント (4)

唐草状の窓霜

車のフロントにできた窓霜(window hoar)を
じっくりと観察していたら、
こんな唐草模様を見つけました(*v_v)o

1207
(※写真はクリックで拡大)

よく見ると、「シダの葉状の結晶」の先端から、
唐草模様がまるく広がっているような感じです。

微妙な条件のちがいで
模様が大きく変化する窓霜は、
なかなか奥が深いですね。

| | コメント (0)

縁がギザギザの霜

今朝(12/6)は、霜探しのため、
早朝散策をしてきました(*v_v)o

気温を測ってみると-3.7℃。

そんなに驚くような数値ではありませんでしたが、
そこそこ霜の結晶を楽しむことができました(*v_v)o

その中から、角板型や釣鐘型のうち、
縁がギザギザしているタイプの結晶を載せますね。

12061
(※写真はクリックで拡大)

12062
(※写真はクリックで拡大)

12063
(※写真はクリックで拡大)

12064
(※写真はクリックで拡大)

| | コメント (4)

シーズン初の霜撮り

今朝6:10頃、わぴちゃんちの玄関に
置いた温度計は-0.4℃でした。

あれ?(^-^;)
思ったほど冷え込んでいない…(^-^;)

アメダスの風データを確認してみると、
夜間、わぴちゃんが眠っている間も、
少し風が出ていたみたいですね。

夜間に風が吹くと、
空気がかき混ぜられてしまうため、
地表に冷気がたまりにくく、
結果、朝の冷え込みも弱まるのです。

でも、氷点下まで下がったこともあり、
霜柱の初見を確認できましたよ~(*´▽`*)

【参考】わぴちゃんが観測した
霜柱の初見記録(過去5年分)

2014年(本年)…12月3日
2013年…11月13日
2012年…11月25日
2011年…11月26日
2010年…12月17日

ちなみに、わぴちゃんが観測を開始した
2007年以降で、霜柱の初見日が
12月台だったのは2010年だけです。

それから、霜も降りていました。
冷え込みが弱めだったので、
結晶は小さいものでしたが、それでも、
形ははっきりと確認できましたよ(*´▽`*)

なので、雪氷探索の腕ならしも兼ねて、
今シーズン初めての霜の結晶撮りをしました。

その中からいくつか載せておきますね(*v_v)o

◆角板型+釣鐘型

1203_2
(※写真はクリックで拡大)

1203_
(※写真はクリックで拡大)


◆羽毛型

1203__2
(※写真はクリックで拡大)

1203_2_2
(※写真はクリックで拡大)

| | コメント (2)

ハリビユの草もみじ

昨日、ハリビユの草もみじを
見つけました(*v_v)o

1
(※写真はクリックで拡大)

2
(※写真はクリックで拡大)

3
(※写真はクリックで拡大)


ハリビユって、こんなキレイに
色づくんですね…(*´▽`*)

茎が鮮やかな茜色で、
まるで珊瑚みたい…(*´▽`*)

鋭い針を持つので、うかつにさわると
痛い思いをしますけどね(^-^;)

| | コメント (0)

« 2014年11月 | トップページ | 2015年1月 »