« 2月6日の窓氷 | トップページ | 2月11日の太陽柱 »

波の花

2月10日~11日にかけて、
冬の自然現象の取材のため、
新潟県から山形県にかけて、
ぐるーっとまわってきました(*v_v)o

ハンドルをずっと握っていたため、
手のひらの皮膚が荒れて
紙やすりのようになってます(/||| ̄▽)/


10日は季節風が強く、
日本海もかなり荒れていました。

1
(※写真はクリックで拡大)

2
(※写真はクリックで拡大)


こういうときに見られる
自然現象のひとつに「波の花」があります。

1_2
(※写真はクリックで拡大)

3
(※写真はクリックで拡大)

「波の花」は、岩場に激しく叩きつけられ、
海水が勢いよくかき混ぜられることで発生する泡です。

海の中に生息する植物プランクトンや海藻類には、
「ねばねば成分」が含まれています。

この「ねばねば成分」のため、海が泡立ちやすくなり、
波の花ができると考えられています。

波の花は、強風にあおられると、
ふわぁーっと舞い上がります。

2_2
(※写真はクリックで拡大)


できたての波の花は白っぽいのですが、
時間とともに黄色くなるそうです。

わぴちゃんが見たものは、
発生から時間が経っているのか、
くすんだ黄色でした。

飛んできた波の花を見ると…、やはり泡ですね☆

4
(※写真はクリックで拡大)


波の花は、冬の観光資源として扱われていますが、
観察のときは、以下の2点に注意してくださいね。

(1)服につくと「しみ」になります。

(2)荒天時の海岸は危険なので
無理をしないようにしてください。

|

« 2月6日の窓氷 | トップページ | 2月11日の太陽柱 »

*雑記*」カテゴリの記事

コメント

この冬一番の寒気が来てたときじゃないの~?
波の花もできたてが見られ・・・なかったのねぇ(^^;

こっちもかなり寒かったよ~

投稿: にゃん♪ | 2015/02/12 22:08

昔,波の花を初めて見たとき,合成洗剤のせいで海が汚れている…と,悲しんだ私。
そうではないのだと知るまでの何年かは,洗剤の使いすぎに気をつけるようにもなったので,無知もたまには良い結果をもたらすかな?

厳しい時期の取材,ありがとうございます!
(自分は行けないから,行ってレポートしてくれるわぴちゃんに感謝)

投稿: hal-co | 2015/02/13 12:45

◆にゃん♪さん

にゃん♪さん、こんばんは☆

そうそう。この冬一番の寒気の中に
突っ込んでいく形になっちゃった(^-^;)

この波の花、
なんかグロテスクだよね(笑)

できたての白い泡で、背景が青空だったら、
もっと波の「花」って感じになったかも。


◆hal-coさん

hal-coさん、こんばんは☆

あの泡立ちの良さにはびっくりだよね。
服につくとシミになる…とのことなので、
洗剤の代用には使えなさそうだけど(^-^;)

今回は、とにかく風が強くて、
なかなかの苦行だったけど、
その分発見が多くて充実した旅になったよ☆

投稿: わぴちゃん☆ | 2015/02/14 22:47

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2月6日の窓氷 | トップページ | 2月11日の太陽柱 »