« 2015年2月 | トップページ | 2015年4月 »

ビロードツリアブお休み中

ビロードツリアブが、ナズナのところで
翅を休めていました(*v_v)o

2
(※写真はクリックで拡大)


雨宿りかな?

ビロードツリアブの成虫は
年1回春先にだけ出現します。

いわば、春の使者です(≧▽≦)

もっふもふで可愛い子です(*´▽`*)

長い口吻は花の蜜を吸うためのもので、
人や動物を刺すことは無いので
安心してくださいね(*v_v)o

| | コメント (3)

アシブトハナアブ

アシブトハナアブは、
ハエ目ハナアブ科の昆虫です。

厳寒期を除いて、
ほぼ1年じゅう姿を見ることができます。

2
(※写真はクリックで拡大)

人里周辺でもごく普通に見られ、
庭先にもよく飛んできます。

名前のとおり、脚のつけ根、
つまり、「もも」の部分が太く、
「まっちょ」に見えるのが特徴です(^-^;)

ただ、その雰囲気が伝わる写真を
撮るのはなかなか難しいものです。

先日訪花中の子を写していた時、
たまたま、「もも」の部分が
分かりやすく撮れたのでそれを載せますね(*v_v)o

1
(※写真はクリックで拡大)

なかなかたくましい脚ですにゃー(*ノωノ)

| | コメント (2)

山ごぼうの芽生え

昨年秋に、とある道の駅で
「山ごぼう」を1袋購入しました☆

_
(※写真はクリックで拡大)

「山ごぼう」は、よく漬け物として売られていますが、
その正体は、ゴボウの根を若採りしたものや、
モリアザミと呼ばれるキク科アザミ属の植物の根です。

名前のよく似たヨウシュヤマゴボウは、
似て非なるもの、しかも、
強い毒を持っていますので、
絶対に口にしてはいけないですにゃ。

----
話をもとに戻して…(笑)

購入した「山ごぼう」は、
昨年のうちに土に埋めたのですが、
それが、この1週間くらいで
いっせいに芽吹いてきました(*´▽`*)

__2
(※写真はクリックで拡大)

2本、関係ない双葉が写りこんでいますが、
それ以外はすべて「山ごぼう」です。

食用に売られていたもので、
細かい根や葉はすべて除去されていたので、

「植えた中から1本でも
復活すればよいほうかな?」

と思っていたのですが、
たくましい生命力ですね。


_2
(※写真はクリックで拡大)

単なるゴボウの若採り品の
可能性もありましたが、
ギザギザの葉が出てきたので、
モリアザミのようですね。

無事に育って咲いたら、
また報告します(*v_v)o

| | コメント (2)

ニセカントウタンポポ

ニセカントウタンポポの
咲いている株を見つけましたので、
載せておきますね(*v_v)o

1
(※写真はクリックで拡大)

2
(※写真はクリックで拡大)

3
(※写真はクリックで拡大)


蕾は丸っこくて、黒緑色。
葉色は黄色みがかった
明るい色をしていることが多いため、
色彩の対比で結構目立ちます。

4
(※写真はクリックで拡大)

カントウタンポポと同様に、総苞片はそり返りませんが、
ときに、総苞片の一部がやや開いたような感じになることもあります。
(上向き圧着~やや開出)

総苞片の色は黒っぽく、
外総苞片:内総苞片≒1:2
総苞にはしばしば突起が見られます。


しべは黒っぽく見えることが多く、
花粉はほとんど目立ちません。

舌状花の数が多いせいか、
なんか寸詰まりみたいな感じに見えます。
寿司の上に乗っている
黄色い花のような…(^-^;)


-------
参考までに、比較用として以下に
在来のカントウタンポポも載せておきますね。

1_2
(※写真はクリックで拡大)

3_2
(※写真はクリックで拡大)

カントウタンポポの総苞や葉は緑色で、
ふつうはやわらかい色合いをしています。

花色もやさしい黄色で、
ニセカントウタンポポのような
寸詰まり感はありません。
花粉もしっかりとできています。

2_2
(※写真はクリックで拡大)


総苞片の色は緑色
外総苞片:内総苞片≒1:2
総苞には、はっきりと突起があります。

| | コメント (0)

ニセカントウタンポポの標本

わぴちゃんが仮称して
図鑑に載せたニセカントウタンポポ

「従来とは別系統の外来系タンポポ」
もしくは「雑種系タンポポの一型」と
推定されるものですがまだ正体は不明です。

このニセカントウタンポポは、
在来系タンポポと同様に総苞片がそり返らず、
開花初期を中心にかなり黒ずんで目立つ
…という特徴があります。

開花は春のみの一季性ですが、
在来タンポポと同様に、たまに不時現象が見られます。

このニセカントウタンポポに
わぴちゃんが気づいたのは2005年。
2015年現在、関東近郊では、
すっかり定着した感があります。

ニセカントウタンポポについて、
詳しくはこちら

ところで、部屋で標本の整理をしていたら、
わぴちゃんがニセカントウタンポポとして
最初に気づいたときのものが出てきました。

その標本の写真を載せておきますね。

Photo
(※写真はクリックで拡大)

2
(※写真はクリックで拡大)

3
(※写真はクリックで拡大)

4
(※写真はクリックで拡大)

ラベルは、メモ紙程度の雑なものでしたので、
改めて付け替えましたけどね(^-^;)

採取日2005年5月14日…(^-^;)
早いもんでもう10年が
経過しようとしているのですね(^-^;)

| | コメント (4)

ふわぴかちゃん缶バッジ

業者さんに発注していた
ふわぴかちゃん10周年記念の
缶バッジが届きました☆

とりあえず春・夏バージョンです(*´▽`*)

10


狙ったわけではなく、たまたまなのですが、
「あおぞら☆めいと」13周年記念の日に届くなんて、
なんか素敵なサプライズみたいで良いですね(*´▽`*)

どの程度需要があるのか未知数なのと、
わぴちゃんのふところ加減の問題もあるので、
様子を見ながら少しずつですが、
いろいろなルートで頒布していきたいと思います(*v_v)o

10周年記念ロゴ入りは期間限定ですが、
評判が良ければ、汎用版も作りたいですね。

あ。写真に写っているグッズで
頒布するのは缶バッジだけですよ~(笑)

羊毛フェルトのふわぴかちゃんは
わぴちゃんのだもーん(笑)
( ̄∇ ̄*)ゞえへへっ♪

| | コメント (2)

あおぞら☆めいと、13周年。

おかげさまで
わぴちゃんのホームページ
「あおぞら☆めいと」は、
本日3月18日を持って、
13周年を迎えることができました。

引き続き、今までどおりの
可愛いわぴちゃんで、
細く長く、地味にしぶとく、
続けてまいりますので、
これからもよろしくお願いいたします。

( ̄∇ ̄*)ゞえへへっ♪


Photo


Photo_2


Photo_3

| | コメント (3)

フタボシツチカメムシ

ホトケノザのところに
フタボシツチカメムシ(以下フタボシ)が
たくさんいました☆

1
(※写真はクリックで拡大)

2
(※写真はクリックで拡大)

3
(※写真はクリックで拡大)


黒いボディに「白い星が2つ」の子です。


フタボシは、わりと珍しいカメムシ
というイメージが強いけど、
時期さえ間違えなければ、
案外見つかるもんなのかな?


ちなみに、フタボシによく似た子に、
ミツボシツチカメムシ(以下ミツボシ)がいますが、
こちらは名前のとおり、白い星は3つあります。

フタボシもミツボシも、
ホトケノザやヒメオドリコソウのところにいますが、
圧倒的に個体数が多いのはミツボシの方です。

| | コメント (3)

チョウ、舞いはじめる。

今日午前中に、確定申告の提出が
無事完了しました(*´▽`*)

陽気が良かったので、そのまま、
ちょっと野原を歩いてみました。

チョウさんたちが
飛びはじめていましたよ☆

チョウが舞い始めると、
いよいよ春だなぁって
感じるようになってきます。

蛾は、冬の間も
ちょこちょこ見かけますけどね(笑)


◆キタテハ(3/12 2015年初見)
Photo
(※写真はクリックで拡大)

【参考】キタテハ
過去3年の初見日

☆2014年…2月28日
☆2013年…3月19日
☆2012年…4月3日


◆モンシロチョウ(3/12 2015年初見)
Photo_2
(※写真はクリックで拡大)

【参考】モンシロチョウ
過去3年の初見日

☆2014年…3月16日
☆2013年…3月8日
☆2012年…3月29日


◆モンキチョウ(3/12 2015年初見)
Photo_3
(※写真はクリックで拡大)

【参考】モンキチョウ
過去3年の初見日

☆2014年…欠測
☆2013年…3月16日
☆2012年…3月12日

| | コメント (6)

アズマヒキガエル

さきほど、夕食の買い出しに出たとき、
裏道にいました(*´▽`*)

Photo
(※写真はクリックで拡大)

アズマヒキガエルくんです。

激しい雨の降る中、
のっしのっしと歩いていました。

正面顔は、
結構威圧感のある表情ですね(^-^;)

Photo_2
(※写真はクリックで拡大)

「轢き蛙」にならないよう
気をつけるんだよ~

| | コメント (6)

クビキリギス

昨日(3/5)の話ですが、
道ばたで、クビキリギスくんに
ばったり出会いました(*v_v)o

Photo
(※写真はクリックで拡大)

クビキリギスは、
バッタ目キリギリス科の昆虫です。

いわゆるキリギリスの仲間ですが、
成虫のまま冬越しして、晩春に産卵期を迎えます。

口の周りが真っ赤なのが特徴のひとつです☆

Photo_2
(※写真はクリックで拡大)

あごの力がとても強く、
噛みつかれたときに無理に引きはがすと
首がもげるほどだ…ということで、
「首切ギス」という名がつきました(^-^;)

「ギス」は「キリギリス」のことです。

とはいえ、人に噛みつくのは、
変なつかまれかたをされたとか、
身の危険を感じた時だけなので、
安心してくださいね。

わぴちゃん、こうやってよく手乗せさせてますが、
噛みつかれたことはありませんo(*^▽^*)o

そして、クビキリギスくんは、
かくれんぼがとても上手な子です。

撮影したあと、ヨシ原に返してあげましたが、
見事に周囲の風景に溶け込んでるでしょ~(*´▽`*)

Photo_3
(※写真はクリックで拡大)


クリックで画像は拡大するので、
よかったら、どこにいるか探してみてね。

| | コメント (2)

また羊毛フェルトで…

今日は、気分転換も兼ねて、
ひさぁしぶりに羊毛フェルトで
マスコットをつくりました(*v_v)o

ふわぴかちゃんです(*v_v)o

2


制作時間は4時間ほどでした。

いくらか上達したかなぁ?


ふわぴかちゃん10周年の缶バッジも
入稿データはできているので
いい加減に発注しないと、ね(^-^;)

年明けからのインフルエンザ騒動で、
すっかり予定が狂ってしまい、
気づいたらもう3月です(^-^;)

| | コメント (6)

« 2015年2月 | トップページ | 2015年4月 »