« 2015年6月 | トップページ | 2015年8月 »

ふわぴかちゃん缶バッジ入手法

ずーーーっと前に、ブログに書いた
ふわぴかちゃん10周年記念の缶バッジ。

10


気象庁内にある書店「津村書店」さまで、
わぴちゃんの本を購入していただくと、
特典としてプレゼント!ということになりました。

じつは3ヶ月ほど前から…(こそっ)

津村書店 わぴちゃんからのプレゼント

わぴちゃんの本を購入される場合、
お近くの方は、立ち寄ってみてくださいね(*v_v)o

現在、春・夏2つのバージョンを配布していますが、
今後、季節の進行に合わせて秋・冬も頒布を始める予定です。

10周年期間終了後も、
汎用型のふわぴかちゃんグッズを
少しずつ作っていけたらとも考えています。

| | コメント (2)

新刊案内(*v_v)o

このたび、東京堂出版さんより、
「はれるんのお天気教室」
が刊行されました(*´▽`*)

書籍タイトルのはれるんは、
気象庁の公式マスコットキャラクターです。

わぴちゃん、この本の文章を
執筆させていただきました。

小・中学生向けの天気の本です☆

Photo
(※写真はクリックで拡大)

今回は何と、お天気キャスターでおなじみの
木原実さまの推薦文帯までついてます(*´▽`*)

わぴちゃんが気象予報士受験時代から
あこがれているお天気キャスターの1人だったので、
こうやって、いっしょに名前を
連ねられる日が来るなんて夢のようです
( ̄∇ ̄*)ゞえへへっ♪


☆書籍情報☆---------

はれるんの お天気教室

★著者名 

監修 (社)日本気象予報士会
文 岩槻 秀明 絵 堀江 譲

★出版社 東京堂出版

★価格 1,300円+税
★発行日 2015年7月22日

ISBN-10: 449020910X
ISBN-13: 978-4490209105

---------------

本書に先行して、姉妹書として
「はれるんのぼうさい教室」も
刊行されています。

こちらは、小学校低学年でも分かる防災の本です。
いざというとき命を守るにはどうしたら良いか、
役立つ内容が満載です。

あわせて、ご覧になってくださいね(*´▽`*)


☆書籍情報☆---------

はれるんの ぼうさい教室

★著者名 

監修 (社)日本気象予報士会
文・絵 堀江 譲

★出版社 東京堂出版

★価格 1,300円+税
★発行日 2015年6月11日

ISBN-10: 4490209096
ISBN-13: 978-4490209099
---------------

| | コメント (2)

フユアオイ(Malva verticillata)

長年の見たいと思っていた、
フユアオイ(Malva verticillata)

今年、ようやく苗を入手することができ、
花・果実…と撮影に成功しました(*´▽`*)

Photo
(※写真はクリックで拡大)

3
(※写真はクリックで拡大)

Photo_4
(※写真はクリックで拡大)

フユアオイは、東アジア原産の1年草です。

フユアオイのうち葉にしわができるタイプは、
オカノリ(var. crispa)と呼ばれ、
まれに野菜として栽培されます。

オカノリは、分類上は変種であるものの、
形質としては不安定なようですね。

オカノリとしてタネを蒔いても
典型フユアオイが出てくることもあれば、
その逆のパターンもあるようです。

わぴちゃんが栽培したものも、
オカノリとして入手しましたが、
葉のしわの出かたが弱く、
典型のフユアオイに近いものでした。

Photo_3
(※写真はクリックで拡大)

畑地周辺の荒れ地に生える
ウサギアオイとよく似ていますが、
花と果実の形態が少し異なります。

特に果実。がくに包まれて、
まるで小龍包のよう…(*´▽`*)

Photo_2
(※写真はクリックで拡大)

これは、近縁の似た仲間との
大きな区別点のひとつになると思います。

| | コメント (2)

MRI検査の結果

心配してくださったみなさん、
ありがとうございます(*v_v)o

本日、整形外科に行って
MRI検査を受けてきました(*v_v)o

その結果…。

踵骨は大丈夫!(≧▽≦)ノ

でしたっ☆

しかし、アキレス腱が損傷して、
内出血を起こしていました。(^-^;)

あと、踵骨も、治療の必要はないものの、
受傷の衝撃で多少弱くなっている部分が
あるとのことでした。

一連の経過、発症のしかたから、
骨が無事だったのは
非常に運が良い…とのことでした。

もし、踵骨つぶれていたら、
即入院・手術→しばらく松葉杖生活…の
予定だったそうです(^-^;)

骨は無事だから、普通に活動して構わないけど、
アキレス腱損傷しているのは間違いないので、
痛みが取れるまでは控えめに…ということでした。

来週は、自然観察会の講師など、
仕事としてのフィールドワークが
いくつか入っていたので、
かなり冷や汗ものでしたが、
とにかく良かったです…。

| | コメント (4)

踵骨骨折の疑い(T◇T)

わぴちゃん、昨朝から、
右足のかかとの痛みと闘っています。

足に体重をかけるとズキンとくるので、
歩くのが大変です(´・ω・`)

「あれ、何したべな?
一晩経って、痛みがひかなかったら、
あきらめて病院に行こう…」

と様子を見ていたのですが、
今朝も激痛は変わらず…(^-^;)

市販の痛み止めでも飲んで
もう少し様子を…という誘惑にかられつつ、
あきらめて、おとなしく病院に行きました。

レントゲン写真を撮って診察を受けたところ、
かかとの骨がつぶれている可能性がある
…とのことでした(^-^;)

「土曜日にMRIで精密検査をして、
結果次第ではその場で松葉杖だからね」

うわぁ…。せっかくの
フィールドシーズンなのに…。
そ、それだけはご勘弁をー(>_<。)

ど、どうか、痛みが引いて、
MRIの結果も
良好でありますように…(*-人-) ☆.。.:*・°

で。なぜ、かかとを痛めたのか。

この数日間の行動を思い返してみたのですが…、
どうも思い当たる節がないんですよね。

強いて言えば、
かかとの痛みを発症する前日に、
それなりの幅がある溝を、勢いよく
飛び越えたことくらいですかのぅ…(こそっ)

1年前に浄化槽に転落して、
改めて、気を引き締めようといった矢先から、
いきなりこれなので困ったもんです(^-^;)

| | コメント (5)

【7/21】鮮明な反薄明光線

さきほど19時前、東側の空にかなり鮮明な
反薄明光線が現われました。

721_2
(※写真はクリックで拡大)

反薄明光線(anticrepuscular rays)は、
太陽側にある雲の影が長々とのび、
太陽と反対側の空の地平線上にまで届いたものです。

反薄明光線(あおぞら☆めいと内解説ページ)

冒頭の鮮明な反薄明光線の
原因となった雲がこれ。

721
(※写真はクリックで拡大)

西の空で夕日を隠すようにそびえ立つ
大きな大きな積乱雲です。

逆三角形に広がる「かなとこ雲」と、
輪郭が毛羽立って見える「多毛雲」の
特徴を持ち合わせています。


かなとこ雲(あおぞら☆めいと内解説ページ)

多毛雲(あおぞら☆めいと内解説ページ)

レーダーで確認したところ、
この積乱雲は、群馬県渋川市付近にあり、
雲の下では激しい雷雨となっていました。

反薄明光線は、夏の夕暮れに
比較的よく見られるものですが、
今回のはかなり鮮やかなものだったので、
ひさしぶりに心が躍る空でした(*´▽`*)

| | コメント (2)

ナナフシモドキの顔

ちょっぴりシリアスな記事を載せましたので、
バランスをとるため(?)に、
癒し系のネタをひとつ放り込んでおきますね(*v_v)o

とある白いフェンスのところに、
ナナフシモドキ
じっとしているのを見つけました。

Photo
(※写真はクリックで拡大)

「隠れているつもりなのかな?
背景が背景だから、目立っちゃっているよ
(* ̄m ̄) ぷぷぷっ」

ということで、ナナフシモドキのお顔を
撮らせていただきました。

上から…。

1
(※写真はクリックで拡大)

横から…。

2
(※写真はクリックで拡大)


下から…。

3
(※写真はクリックで拡大)


なかなか立派なお口ですね。
これで葉っぱを
むしゃむしゃ食べるようです(*´▽`*)

ナナフシモドキは、
ナナフシ目ナナフシムシ科の昆虫です。
林の縁などに生息して、
枝に擬態した特徴的な身体をしています。

単にナナフシと呼ばれているものは、
たいていこのナナフシモドキです。

| | コメント (0)

あれから1年…。

2014年7月20日夜のこと、わぴちゃん、
劣化したマンホール蓋を踏み抜いて、
そのまま浄化槽内に転落して負傷する…

という惨事に見舞われました。

当時の記事へのリンクはこちら


今日は、その事故から1年の日です(^-^;)

広範囲に擦り傷・切り傷ができた上に、
それが汚水まみれになりました。

なので、傷口からの感染が心配されましたが、
救急外来のお医者さんの適切な措置のおかげで、
化膿することもなく、すみやかに治癒いたしました。

8月にもう1回だけ、
最後の破傷風の追加接種を受けなきゃ
…なのですけどね(^-^;)

マンホール蓋は、
もしかしたら劣化しているかもしれない!
うっかり乗ったら
踏み抜いて転落するかもしれない!

という教訓を忘れないように、
あえて節目の日に、
再び記しておきたいと思います。

皆さんも、気をつけてくださいね(*v_v)o

| | コメント (4)

キカラスウリの発芽

キカラスウリの種子を
手に入れたので、
今年4月に蒔きました。

ところが、7月に入っても
一向に発芽する気配はなく…

もうダメだろうからとあきらめて、
次の種まきに備えるために
蒔き床の土の表面を
軽くかき混ぜてならしました。

そしたら、その数日後、
1本発芽しているのを見つけました(≧▽≦)ノ

Photo
(※写真はクリックで拡大)

身の危険を感じた?(笑)

というのは冗談で、
表土をかく乱したことで
種子が目覚めた…のかな?

とりあえず、キカラスウリの
種子からの発芽形態を
押さえることができたので良しとしましょう☆

-----
前回の記事中に記した15日の出来事、
心配してくださった皆さん
ありがとうございました。

その後、16日、17日と、
完全に心身ともに患ってしまい、
寝たり起きたり状態でした…(^-^;)

大した出来事と言うわけではないのに、
まさか3日間寝込むことになるなんて、
自分でもびっくりしています(^-^;)

不意を突かれたからかな?
それとも、溜まっていた疲れが
どっと出たのかな?

まだ身体のだるくて、しんどいのですが、
少しずつ起きている時間を長くして、
頑張って、立ち直っていきたいと思います…

| | コメント (2)

7月15日の消滅飛行機雲

夕方、見事な消滅飛行機雲が
出ていました(*v_v)o

715
(※写真はクリックで拡大)


消滅飛行機雲(distrail)は、
飛行機が通った通りに雲が消えて、
青空の筋ができた状態です。

いわば、飛行機が雲を
かっちゃいたようなものです(*v_v)o

---
ここしばらく平穏で元気だったのですが、
今朝、思いがけない出来事があって、
瞬時に気持ちがどん底まで落ちてしまいました。

そして、強烈なだるさと疲労感で動けなくなり、
そのまま寝込んでしまいました(>ω<。)

直前まで、心身ともに元気だったのに…。

まるで蚊取り線香を焚いた途端に
ぽとりと落ちた蚊のごとく…です(^-^;)

夕方、元気を出すために、
気分転換に外に出ました。
そのときに見つけたのが、
冒頭の消滅飛行機雲でした…。

| | コメント (3)

7月13日の夕焼け

昨日(7/13)は、とっても鮮やかな
夕焼けが見えました(*´▽`*)

7131
(※写真はクリックで拡大)

7132
(※写真はクリックで拡大)

7133
(※写真はクリックで拡大)

7134
(※写真はクリックで拡大)

ただ、このような美しい夕焼けは、
観天望気のことわざでは、
荒天(台風)や大雨の前ぶれとされています。

例を挙げると…

・春の夕焼け蓑着て待て 
・春の夕焼け、川端に馬をつなぐな
・春の夕焼け傘を持て、秋の夕焼け鎌研いで待て 
・春の夕焼け、遠道するな
・夏の夕焼けは大水・洪水
・真っ赤な夕焼けは風の吹く前ぶれ
・夏の夕焼け、船つなげ などなど

もちろん、例外も多いのですが、

○空全体に広がるような夕焼け/東の空に見える夕焼け
○息を飲むような美しい夕焼け
○どす黒い夕焼け/血色の夕焼け
○いつもの夕焼けとはちがって印象に残る夕焼け

たとえ穏やかな天候でも、
このような夕焼けを見たときは気象情報を確認して、
防災上の注意事項がないかどうか
確認した方が良いかもしれませんね。

ちなみに、この日の夕焼けも、
台風9号から変わった温帯低気圧の
一番外側の雲が色づいたものでした。

| | コメント (4)

あれから12年…。

じゅうたんに足の小指をひっかけて、
生爪を2/3以上
引っぺがしてしまったわぴちゃんです。
ヘ( ̄∇ ̄ヘ;)。。。コソコソ

ずっと虫さんネタが続いていたので、
お花のネタを載せますね。

わぴちゃんちには、
フィールドスカビオサ(knautia arvensis)
いうお花があります。

完全に植えっぱなしですが、
毎年、6月下旬頃になると、
さわやかな淡青紫色の花をつけはじめます。

花期が長く、秋にかけて
次々と花を咲かせてくれます(*´▽`*)

今年も、そのフィールドスカビオサの
花が咲きはじめました。

2
(※写真はクリックで拡大)

3
(※写真はクリックで拡大)


ブログには初めて登場する植物ですが、
じつはわぴちゃん、この子とは
干支をひとまわりするくらいの
長いつきあいだったりします。

約12年前、2003年7月4日に
写したのがこれです。

Photo
(※写真はクリックで拡大)

特にエピソードのある花
…と言うわけではありませんが、
これだけ長い年月を共にすると、
ふと別な場所で見つけたときに
嬉しい気持ちになったりします。
( ̄∇ ̄*)ゞえへへっ♪

| | コメント (5)

ヒトスジシマカの

ヒトスジシマカの貴重な(?)
交尾シーンの撮影に成功しました。
ヘ( ̄∇ ̄ヘ;)。。。コソコソ

Photo
(※写真はクリックで拡大)

ここのところ、雨続きでお散歩できず、
ちょっぴりもんもんとしている
わぴちゃんです…(*´・ω・`)

(* ̄∇ ̄*)

| | コメント (9)

ヤブヤンマ

昨日(7/2)は、とある小学校で
野外体験学習の講師として出かけていました。

途中、少し雨に降られてしまいましたが、
子どもたちがいきいきと
活動できていたので良かったです☆

その途中、林の縁にふと目をやると…、

あっ! ヤブヤンマだ(≧▼≦)ノ

Photo
(※写真はクリックで拡大)


サファイアのような透き通った青い目…。
とってもきれい…(*´▽`*)

ヤブヤンマは、朝夕活発に飛び回りますが、
日中は、薄暗い場所でじっと休んでいます。

ヤブヤンマの写真をちゃんと
写せたのは実はこれが初めてです。

子どもたちも間近で見るヤンマに大興奮、
思いがけないサプライズでした。

| | コメント (2)

« 2015年6月 | トップページ | 2015年8月 »