« 第25回関宿まつり | トップページ | 博物館セミナー☆ »

赤いトンボ3種☆

この10日間くらいの間に撮影した
赤色系のトンボさんを3種、
ピックアップして載せますね(*v_v)o

◆ナツアカネ
Photo
(※写真はクリックで拡大)

※日本の赤とんぼの代表種のひとつです。
成熟すると顔まで真っ赤っかになります。


◆リスアカネ
Photo_2
(※写真はクリックで拡大)

※ノシメトンボに似ていますが、
胸の模様が少し異なります。
また成熟したオスは、
お腹があざやかな赤色になります。
リスは昆虫学者の名前です。

◆ショウジョウトンボ
Photo_3
(※写真はクリックで拡大)

※水草の繁茂した水辺を好むトンボさんです。
あざやかな赤色がキレイ(*´▽`*)

|

« 第25回関宿まつり | トップページ | 博物館セミナー☆ »

*トンボ・イトトンボ類*」カテゴリの記事

コメント

赤トンボさん、
いずれもきれいですね。
そんなに種類があるなんて、
知りませんでした。
この間のセミもそうですが、
アカトンボも昔ほどは、
見られなくなりましたね。

さて、しつこいようですが、
セミのお話です。
ミンミンゼミ、昨日やっと聴くことが
できました。
でも今日は、さっぱりです。
ツクツクホウシも、鳴いているのかいないのか
判別しがたいほど微かでした。
なので、今日の職場の裏山は静かでした。
ヒグラシはやっぱり聴かれませんでした。
クマゼミは、私もよくわからないのですが、
北陸にはいないのではないでしょうか。
関東以西に多いセミですよね。

長くなりますが、もうひとつ
発見がありました。
国道を車で走っていると、トンネルの手前の
中央分離帯の植え込みに、白いユリが複数
咲いていました。
植えられたものにしては、その居住まいが
まばらなので、ある人に尋ねたところ、
どうやら自然に生えてきたものらしいのです。
どうも、タカサゴユリのようなんですが、
本来台湾原産ですよね、帰化しているのでしょうか?
だとしたら、由々しき問題ですよね。
日本の原生種の、ヤマユリやササユリなどを
駆逐してしまうのではないかと、心配です。

投稿: まんねんぐさ | 2015/08/26 14:40

赤いとんぼは
どれもこれも「赤とんぼ」にひとくくりのσ(^_^) 

ここ数日寒い日が続いているから
体に気をつけていろんな観察してあるってね~(⌒▽⌒)

投稿: にゃん♪ | 2015/08/27 00:07

リスアカネ
学者の名前ですか~~~
うーーーん
どうせなら翅にリスのマークが欲しい。
(。_o)\★バキッ

投稿: アライグマ | 2015/08/27 17:17

皆さんへのお返事が大変遅くなってしまい
申し訳ございませんでしたm(_”_)m


◆まんねんぐささん

まんねんぐささん、こんばんは☆

セミのお話、大歓迎です(*´▽`*)

状況について詳しく教えてくださって
ありがとうございます。

こちらはアブラゼミとニイニイゼミの勢いが落ちて、
ミンミンゼミとツクツクボウシが勢いよく鳴いています。
ヒグラシはやはり山林の周辺に限られているようです。

クマゼミは、西日本のセミなのですが、
温暖化とともに分布拡大している可能性が
指摘されています。
一方で、急速に広がる気配もないので、
人間による東西間の物資の移動等に伴って
クマゼミが紛れ込んで
それが一時的な発生源になっているのでは
という説もあります。
なもんで、まんねんぐささんの周りではどうかな?
と思った次第でした。

白いユリは、タカサゴユリと、
それから雑種のシンテッポウユリの両方が
混じっている可能性があります。
いずれも、種子でバンバン殖えるので、
各地で野生化して、どんどん広がってきていますね。
わぴちゃんとこでも、もはや観賞用のユリではなく、
「道ばたの雑草」の一員になってしまっています(^-^;)

ご指摘の駆逐も非常に心配ですし、
日本在来ユリとの間で交雑して、
遺伝子レベルでのかく乱が
発生してしまう恐れもあります。


◆にゃん♪さん

にゃん♪さん、こんばんは☆

これから赤とんぼがいっぱい
飛び交う季節になるね。

昨年もだったけど、今年も
いきなりすとんと涼しくなったよね。

はぁーい。体調には気をつけるね。
にゃん♪さんも季節の変わり目
気をつけてね(*v_v)o


◆アライグマさん

アライグマさん、こんばんは☆

仕方ないのぅ。
代わりにわぴちゃんが
リスさんのぬいぐるみを
身につけるから許してあげて(笑)

投稿: わぴちゃん☆ | 2015/08/31 20:17

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 第25回関宿まつり | トップページ | 博物館セミナー☆ »