« 今日から9月 | トップページ | アキニレの花 »

街中のダンダラテントウ

今日は用事で、
ひさしぶりに東京都内に出ていました。

ひっきりなしにビジネスパーソンが行きかう
オフィス街のど真ん中、
幹線道路の植え込みのところに、
ダンダラテントウくんがいましたよ

Photo
(※写真はクリックで拡大)

そういえば、ダンダラテントウ、
ひさしぶりに見たなぁ…。

8月中旬に一旦ぶり返した右足の痛み、
痛み止めと湿布ですみやかに治まりました。

その後は小康状態が続いていたのですが、
8月25日朝、まさかの痛み復活…(涙)

今度の痛みはしぶとくて、現在進行形で
ずっきんずっきん疼いてます(>ω<。)

わぴちゃんは、昔から、
我慢して平静を装うくせがあって、
いつもどおりすたすたと歩いてしまうので、
はたから見たら、足の痛みと
闘っているようには見えないかも(^-^;)

挙句の果てに、体重をかけたとき、
痛みが走るとなんか安心して、
痛みが落ち着くと物足りなさを
感じてしまう始末です(^-^;)

…わぴちゃん、やはり、
Mっ気でもあるのでしょうか。。。


ヘ( ̄∇ ̄ヘ;)。。。コソコソ

|

« 今日から9月 | トップページ | アキニレの花 »

*甲虫類*」カテゴリの記事

コメント

おみ足が痛いのですね、
たいへんですね。
よくお歩きになられるのでは・・・。
私もウォーキングしていたとき、
足がよく痛みました。
なので最近はもっぱら
室内で、筋トレです。
しかし、いくらやっても
痩せませんけれども・・・。

今年は、オオマツヨイクサを
良く目にする気がするのですが、
気のせいでしょうか。
そのあとは、あの厄介な
セイタカアワダチソウの
季節ですね。

まぁ、オオマツヨイクサや
セイタカアワダチソウや
この間のタカサゴユリや
最近うるさく言われだした、
オオキンケイギクなど
特定外来植物はいろいろあって
なんやかやと言われてはいますが、
私は、一個の花としては、
それぞれに観賞価値があると思っていて、
つまり、植物そのものには
罪はないと思っているのです。
悪いのはそれを、海外から持ち込んだ
我々人間にあるようですね。
わぴちゃんはどう思いますか?

投稿: まんねんぐさ | 2015/09/03 15:30

◆まんねんぐささん

まんねんぐささん、こんばんは☆

わぴちゃんの足を
心配してくださってありがとうございます。

アキレス腱を痛めているというのに、
安静にしないで動きまわっているのが
いけないのかもしれませんね(^-^;)

外来生物については、
まんねんぐささんのおっしゃる通りだと思います。

外来生物にはまったく罪はなくて、
悪いのは、それを持ちこんだ上に、
安易な考えで野に放ってしまう人間ですね。

しかも、人間が原因で殖えた外来生物を
人間の手によって駆除するという…
無益の殺生の極みのような状態に
なってしまっていますよね…。

日本では、在来の植物はとにかく排除して、
外来の植物を植えこんで小奇麗にしないと気が済まない
…という傾向が強くて、残念ながら、
これが人里付近での在来種激減、外来種激増に
大きな拍車をかけてしまっています。

…と思っていたら、一昨日たまたま乗った列車に、

「都心に生物多様性の空間をつくる!
外来種ではなく、その地域在来の野花を使って、
生きものが生息できる空間を育てていく!」

という鉄道会社の中吊り広告を見つけました。
初の試みらしく、これを機に
在来の野の花を愛でる人が増え、
少しでも外来種問題の解決に
つながっていくとうれしいな…なんて思っています。

わぴちゃんらしからぬ
ド真面目な文章になってしまい、
ごめんなさい(^-^;)

投稿: わぴちゃん☆ | 2015/09/06 22:10

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 今日から9月 | トップページ | アキニレの花 »