« ムシトリマンテマの花 | トップページ | ノウサギ(*v_v)o »

2016年コクワガタ初見

本日(5月30日)、
コクワガタの初見を確認しました(*´▽`*)
昨年と比べると16日遅い記録でした。

0530
(※写真はクリックで拡大)

いよいよ昆虫少年たちが
本格的に活躍する季節の
到来ですね(≧▽≦)ノ

あ、少年じゃないけど、
わぴちゃんも…ね(笑)


【参考】過去のコクワガタ初見日

2016年…5月30日(今回)
2015年…5月14日
2014年…6月16日
2013年…5月25日
2012年…6月7日
2011年…5月18日
2010年…5月21日
2009年…6月18日
2008年…6月27日
2007年…6月25日

|

« ムシトリマンテマの花 | トップページ | ノウサギ(*v_v)o »

*季節・歳時記*」カテゴリの記事

コメント

ちょっと今更恥ずかしい質問だけどいいかなぁ?(≧∇≦)

教えてください
初見日と言うのは誰が何処でその年に初めて見たものを初見日として決めるのですか?
もしも初見日がその日となった後に
他の誰かが「自分の近くの樹でもっと早く見つけたぜ!」って言ったとしてもそれは初見日としては認められないのですか?
いつも不思議に思って...
日本全国、あちこちで見られるはずなのになぁって思うけど...観測地点はある場所のみで観測者は誰々って決まっているのですか?

こんな初心者的な質問だけどお願いします( ^ω^ )

クワガタもカブトムシもカッコいいけど
やっぱり愛すべきは蜘蛛くんと蛾くんだなぁ〜(*^_^*)

投稿: ちか | 2016/05/30 23:48

◆ちかさん

ちかさん、こんばんは☆

初見日は、いちおう各地の気象台が
公式記録を出しているけど、
誰がどこで観測してもOKだよ☆

もちろん、場所ごとに担当者も決まっていなくて、
同じ場所に何人もいてOKだよ。

同じ場所で何人かが記録していても、
それぞれが「個人の観察データ」として有効だよ。

そして、これらの観察データを
どのようにとりまとめて有効活用するかは、
研究者の力量に任されているよ。


だから、誰々がどこどこで
観察した記録である…というのが分かるように、
観察者と観察場所については、
きちんと記しておかないといけないけどね。

そして、ある程度ルールを決めておくと、
より正確な記録になるよ。

例えば、初見日の場合、
自宅から半径1kmの範囲内で…とか。

開花日の場合は、あらかじめ
観測する木を決めておいて、
その木の花が数輪開いたときとか。

わぴちゃんの観測記録も、
それぞれある程度基準を設けて記録しているよ。

ブログにはあまり載せていないけど、
この前ムシトリマンテマの写真を撮りにいったとき、
灯火にいろんな種類の蛾が来ていて、
1時間近く楽しんじゃった
( ̄∇ ̄*)ゞえへへっ♪

投稿: わぴちゃん☆ | 2016/06/01 00:02

桜守の唄、聴いて下さって
どうもありがとうございます。
心に感じていただけて、
とても光栄です。

コクワガタ、かわいいですね^^
もうそんな季節なんですね。
でもちょっと、早いような・・・。

この間、職場の先輩が育てている
芍薬の畑を見に行ってきました。
良い香りと、美しいお花で
とても感動いたしました。

そこで、見たことも無い
トンボを発見しましたよ。
ムカシトンボのような格好で、
羽が水色だったような・・・。
ゆらゆらと、優雅に
わりと低いところを
飛び回っていましたよ。

わぴちゃん、わかります?

投稿: まんねんぐさ | 2016/06/01 15:31

昨日05/31
σ(^_^)もギンリョウソウの脇でコクワガタ見かけました。
(∩_∩)なんだか潰れたような外見がモノの哀れを誘う

投稿: アライグマ | 2016/06/01 21:43

詳しい回答あ☆り☆が☆と☆お*\(^o^)/*

うわぁ〜蛾の晩餐会かにゃ?
呼んでくれたら駆けつけたのににゃあにゃあ!!(=^x^=)
蛾の沢山舞う舞踏会で一緒に舞いたい
どんな子達がいたのか名前教えて欲しい
スズメガ君達の季節だと思うけど...
おッと!
イボタガ様の成虫、今春は見られたかにゃ?
イボタガさんは...何故かイボタガ様って感じだよね!素敵だから。

投稿: チカ | 2016/06/01 22:27

質問があります。
「初見」ってわぴちゃんが、ですよね。
生物学的には初見ってどのように決めるのでしょうか。初鳴きなども。
気象庁から委託されて人とかがいるんでしょうか。
興味のない人は、いても気がつかないかも知れませんよね。専門家でも見落としているかも知れないし。
だから、昨年との比較はできないような気がするのですが。

ところで、きょうは畑にオオスズメバチがやって来て、私の顔の周りをブンブン飛び回っていました。顔見せ?初見?

投稿: ポタ | 2016/06/02 21:48

こんばんは。わぴちゃん。コクガワタ
真っ黒で可愛いね。元気よさそうな
個体だね。
わぴちゃんはずっと少年だよ。
蛾のことでちょっと伺いたいのだけど
冬場、園芸で蛾の幼虫をみつけたのだけど
飼うスペースなかったのでウコンの
茂みの中にいれたのだけど冬越しできたか
いまだに気がかりで。
一番、奥深いところにいれておいたんだ。
蛾の幼虫をみつけたら土に埋めたほうが
いいのかな。gemini

投稿: ゆら | 2016/06/02 22:32

◆まんねんぐささん

まんねんぐささん、こんばんは☆

いえいえ、こちらこそ、
素敵な歌を紹介してくださって
ありがとうございます☆


コクワガタは、成虫のまま越冬する子もいるので、
クワガタの中ではわりと出現が早いかもしれませんね。
ノコギリクワガタとかはもう少し後になります。

翅が水色っぽくて、
ムカシトンボのような格好で、
ゆらゆらと優雅に…なんだろう…。

チョウトンボかなとも思ったのですが、
翅の色がちがいますね。


◆アライグマさん

アライグマさん、こんばんは☆

あ。ギンリョウソウいいなぁ。
そろそろまた遠出をしたいなぁ…。


◆チカさん

チカさん、こんばんは☆

まさに舞踏会って感じでたくさんの蛾が舞っていたよ。
とりあえずできるだけ多くの写真を撮ったけど、
名前を同定できていないのが大半だったり
( ̄∇ ̄*)ゞえへへっ♪

現段階で同定できているのが、
スジツトガ、ウスキツバメエダシャク
ツマトビキエダシャク、シロオビアオヨトウ、
チャオビヨトウ、ブドウスズメ、アカジママドガ
ヒメネジロコヤガ、フタオビキヨトウ
あたりかな。他にも未同定なのが10種くらいいるよ。

あとは、蛾以外にも、ヒメコガネ、コガムシ、
アオカミキリモドキ、クロコガネ、ヤマトモンシデムシ
オオアトボシアオゴミムシ などなど
いろんな虫さんが来ていたよ(*v_v)o

イボタガさまは、今年は気づいたら
季節が終わっていて出逢えずじまいだったよ。
ここ最近、オオミズアオが舞いはじめたよ。

投稿: わぴちゃん☆ | 2016/06/02 23:28

◆ポタさん

ポタさん、こんばんは☆

ここで載せている初見日は、
「わぴちゃん」が「千葉県最北端(旧・関宿町)」で
観測した記録になっています。

気象台での公式記録は、
担当部署の人が観測していますが、
特に資格等は不要ですので、
わぴちゃんみたいに個人で
観測している人も結構いるようです。

いちおう生物季節観測として
気象庁が観測指針を出していて、
わぴちゃんもそれに準じていますが、
生物に関する初見・初鳴は、
タイミングの問題等での見落としも多々ありますね。

あとは、気象台の所在地が都市部なため、
生物の初見日がとれなくて、欠測続きで
項目数が次第に減らされつつある
…というウラ事情(?)もあったりします。

明らかにタイミングを逃してしまった場合は
欠測としています。

あとは、初見日や初鳴日が季節と明らかに
連動している生物種を選定するというのも
重要なポイントになります。
だから、成虫越冬するもの、季節性の弱いもの、
それから希少すぎてめったに遭遇できないもの等は、
生物季節観測の対象としてはあまり適していないと言えます。


そして、観測結果の利用方法ですが、
ご指摘の通りで、気温とか風速とかとちがって、
個々の数値を昨年として比較して
どうこうというのは無理があります。

どちらかと言うと、記録を蓄積して
長期的な視野で、初見日がだんだん早まっている、
遅くなっている…という相対的な傾向が出ているのかどうか、
それは気候との間に何か関連性があるのかどうか、
そういう研究用のデータと考えていただければと思います。

データの性格としては、
健康診断の数値と似ているかもしれませんね。


◆ゆらさん

ゆらさん、こんばんは☆

コクワガタは、おめめがくりっとしていて
可愛いんだよね(*´▽`*)

蛾の幼虫は、葉の上にいる子は、
枝ごと茂みの中に入れてあげるのが一番かな。

土の中から出てきた子は、
埋めちゃっても大丈夫だよ☆

ただ、いずれも大事な植物から
離れた場所に置いてあげるようにしてね。
みんな食べられちゃうから(笑)

投稿: わぴちゃん☆ | 2016/06/02 23:29

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ムシトリマンテマの花 | トップページ | ノウサギ(*v_v)o »