« 朝の彩雲と…(東海旅行2) | トップページ | クマゼミの鳴き声(東海旅行4) »

真っ黒なクマバチさん(東海旅行3)

うぅ。やっぱりWin10が牙をむいた(>ω<。)

IE11で、とある自治体の
ホームページを見ようとしたところ、
突然画面が真っ黒になって、
マウスカーソルだけが表示された状態になりました。

思いつく限りの対処をしたもののすべて無効で
電源を落とすことすらできなくなり、
にっちもさっちもいかなくなりました(/||| ̄▽)/

結局、電源プラグを引っこ抜いたうえに、
すべての周辺機器を全部外して、
少し間をおいて起動したところ復旧しました。

このトラブルの復旧に何時間もかかってしまい、
半日つぶれてしまいました(^-^;)

コメントにあった「油断はできんぜ」
まさにその通りでした(^-^;)

Win10…。平時は良いのですが、
いったんトラブルが出ると大変かもしれません。

シンプルにしすぎて、何がどこにあるのか、
どうなっているのかの案内が不十分で、
「紙の説明書」が必要です(笑)

システムに熟知した人ならともかく、
わぴちゃんみたいなのが、
初見で画面上で対応するのは
無理があるという感じでした(^-^;)


真っ黒…と言えば、東海旅行の時、
愛知県の山中で、全身真っ黒で
ちょっとやせた感じのクマバチさんを見つけました。

Photo
(※写真はクリックで拡大)

よく見るクマバチさんは胸の部分が黄色で、
最近はキムネクマバチとも呼ばれていますが、
ここで見つけた子は、胸の部分も真っ黒。

「まぁ、とりあえず写しておくか…」

と、写真に撮り帰宅してから調べたら、
思いがけない事実が判明しました。

この子の名前はタイワンタケクマバチ
台湾から中国南部、インドに生息し、
愛知県や岐阜県で分布を拡大しつつある
外来生物とのことでした。

生態系保全の観点からはよろしくないものですが、
限られた地域でしか見られない生物なので
わぴちゃんとしては思いがけない大収穫でした。

|

« 朝の彩雲と…(東海旅行2) | トップページ | クマゼミの鳴き声(東海旅行4) »

*ハチ目の昆虫*」カテゴリの記事

コメント

おひさしぶりです!!
最近体調はどうですか?
そろそろお祭りですがまたよれたら来てくださいね♪

投稿: レイコ | 2016/08/10 08:29

あっ、あのね随分と無茶な強制終了だね。
完全フリーズしたときは電源ボタンを10秒程度押しっぱなしにするとwindowsのさらに前の段階のマザーボードから電源落とせるから。
次は無茶しないでね。
((((((((^^;

投稿: アライグマ | 2016/08/10 09:12

◆レイコさん

レイコさん、こんばんは☆

そういえば、早いもんで
あれから1年が経過しますね(笑)

実行委員のメンバーに捕まって、
そちらに連行されてしまった折には
よろしくお願いいたします(笑)


◆アライグマさん

アライグマさん、こんばんは☆

やっぱり、かなり無茶な方法だよね(笑)

電源ボタン長押し…。
うん。次からはそうしよう。

って、次があっちゃ困るんだけどね(笑)

投稿: わぴちゃん☆ | 2016/08/10 19:09

これこれ笑い事じゃないぞ。
ハードディスクに傷でも入ったらデータが
(*_ _)人 合掌
になってしまう。
ニッチもサッチもいかなくなったら電源ボタンを「10秒くらい」長押し。
ここポイント覚えておくように(^o^)/
ところでついこの間台湾竹熊蜂の話をテレビでやっていたよ。
竹ぼうきでも穴をあけて卵を産むから気を付けろってね。
学校の竹ぼうきに一節ごとに穴が開いていて巣から「今日は」していてうっかりした職員が3回も刺されたとか。
そんな話だった。
(-_-;)最近は侵略生物が増えている。

投稿: アライグマ | 2016/08/10 19:33

外来種のクマバチですか、スズメバチに続いて
クマバチまでも、入ってきましたか。
まったく困ったものですね。

ところで、
以前メッセージさせていただいていた、
ニチニチソウと一緒に生えてきた草ですが、
タデ科かと、思っていましたら、
どうやら違うようで、茎に節がありません。
葉っぱは、ニチニチソウとよく
似ているのですが、草丈が高く
欲枝分かれしています。
最近、小さな花目が茎にたくさん
ついてきました。
わぴちゃん、なにかわかりますか?
いくら調べても分かりません。

投稿: まんねんぐさ | 2016/08/11 10:58

二重投稿すみません。
花芽がついているのは、
茎ではなくて、枝です。

投稿: まんねんぐさ | 2016/08/11 11:04

わぴちゃん・・・
生き物には罪はない
絶対に怒らないであげて
人間の欲望が生き物の生き方を左右してしまうのだから。
外来種は土や竹や樹や旅行カバンや車とか船とかに知らないうちに連れて来られたのだから。
本当なら自分の地で生きて行かなければならないはずなのに…
きっと人間だったらこう言うだろう
「ここは何処?知らない奴らばかりで...でも取り敢えず生きて行かなきゃ」
ここに書かれているクマバチは在来種は大人しい、ホントに蜜を求めて生きている。
でも竹クマバチもここに来させられて生きて行かなければならない
結構、外来種って突っ走る種が多いよね。
何だろう...日本人は奥ゆかしく大人しい、そう言うのと似たような感じかな?
でも海外の人って結構「行けるなら行っちゃえ!やれるならやっちゃえ!」的な人達が多いのと同じで外来種もそうなのかな?
ブルーギルとか海外のヒラタクワガタなんかもね!亀なんかもそうだね。(ヒラタクワガタなんかは在来種と交雑するもんね凄い)
でも、生き物は何にも知らない。
欲望が結果を生んだのだから排除ばかりするのはそれもまた都合のよくぼうになってしまうのだから
わぴちゃんセンセ
これはわぴちゃんセンセ...本当のところ...排除せずにどうにか出来ないのかなぁ?これからもっともっと色んな生き物がやって来るね
今、恐れられているのは『蚊』
これとて人間の欲望が気象を左右(左右って言うのか?)させた結果
や、旅行客や航空機とかであちこちに旅行させられた熱帯蚊が、北でも生き延びられたり眠っていた色んなウイルスを持たされた蚊が活躍するからだよね

いつも悪者にされるのはそう言った生き物だと言うのが悲しいかな...(T_T)うぅ
全て欲望ある人間の原因が生んだ結果なのになぁ..って思うよ
生き物はわからなくても人間は知識も智恵もあるのだから自分達の欲望よりももう少し他に(他人にも生き物にも全ての生きとし生けるもの)目をやったらいいね。
そしてこれは自然の弱肉強食の世界の問題ではなく人の作り上げてしまった(在来種と外来種の)弱肉強食の世界の問題に人間が取り組んでいると言うこと

投稿: チカ | 2016/08/11 13:54

◆アライグマさん

アライグマさん、おはよぅございます☆

やっぱり、非常に危険だよね(^-^;)
次からはちゃんとするね。

そして、タイワクタケクマバチ、
テレビでやっていたなんて
ずいぶんタイムリーだね☆

確かに竹に巣を作る…って書いてあったけど、
そういうリスクがある、というのは
気づかなかったよ。教えてくれてありがとぅ。

侵略生物が増えているってことは、
それだけ人間が地球を
ひっかきまわしているってことだよね。

誰かが言ってたにゃぁ。
最大最悪な侵略生物はヒトだ…って。


◆まんねんぐささん

まんねんぐささん、おはようございます☆

ニチニチソウと一緒に生えてきた草、
うーーーーーん。
なかなか思いつかないです(^-^;)

花芽がついてきたということは、
花が咲くのを待つのが一番かもしれませんね
咲いたらどんなお花かまた教えてくださいね。

こういうのって楽しみですよね

案外思いがけない植物だったりして、
驚かされることもあります。
わぴちゃんちでは、前にヤマブキソウが
勝手に生えてきて咲いたことがありました。


◆チカさん

チカさん、おはようございます☆

わぴちゃんは怒ったりしないから
安心してね(*v_v)o

ありがとぅ。外来生物問題については
チカさんが書いてくれたとおりなんだよね。

じつは日本にはたくさんの外来生物が
人間活動に伴って入ってきているんだけど、
そのほとんどは環境の変化についていけず、
そのままダメになっちゃうんだよね。

日本にはすでに「日本の生態系」が
できあがっていて、生態系システムの中で、
生きものの数や種類がうまく
コントロールされているのにゃ。

ところが人間はそれを壊してしまったのにゃ。

コントロールが効かなくなってしまって、
特定の生物が大量発生したり、
一方で絶滅に追いやられたり…。
そして、生物の数が減った結果、
生態系の中にすき間ができて、
そのすき間の中に、
外来生物が入り込んでしまう…。

蚊の大量発生も、
生態系バランスが乱れた結果だね。

本来であれば、蚊を食べる生物がいるから、
蚊だけがわくってのは
ありえないはずなんだよね。

生物の種類数が少なくなって、
蚊の天敵がいなくなった結果、
大量発生してしまう…。
そして、そこに人間が殺虫剤をまくから
さらに生態系のバランスが乱れ、
蚊だけがまた繁殖してしまう…。

うーーーーん。
本当はチカさんの考えが理想なんだけど、
現実的な問題として考えると、
まだまだ時間はかかるかも。

ただ、
●足元で外来生物が繁茂している状態は問題
●多様な生物が息づく環境づくりが大切

この2点についてようやく
一般的に認識されるようになったのは
大きな進歩だと思うにゃ。

投稿: わぴちゃん☆ | 2016/08/12 08:51

教えてくれてありがとお( ^ω^ )
「結局は人間の欲望は変わらないからなぁ」って言った時わぴちゃん「大丈夫、今は過渡期だから」って答えたその意味わからなかった...
あと、殺虫剤?駆除?の後の虫くん達の成れの果て...それも見たかったなぁ...

投稿: チカ | 2016/08/12 11:57

◆チカさん

チカさん、こんばんは☆

これでも一昔前よりは
だいぶ良くなったほうだと思うよ~

(身近な虫のことを知らない)
→何だか知らないけど虫って怖い
→虫は怖いしキモイから殺虫剤かけちゃえ
→(虫そのものが減っていく)
→(虫と接する機会が少なくなる)
→(ますます虫のことを知らなくなる)
→(知らないからとにかく怖い)
→(恐怖から虫そのものを拒絶する)
→(虫はみんな駆除しちゃえ)

こんな感じの繰り返しが、
出来上がっちゃっているんじゃないかな。

虫さんのことを知らないから、
怖いって感じちゃうんだと思うのにゃ。

やっぱりまだまだ身近な生き物のことを
ほとんど知らない人のほうが圧倒的多数だから、
こうやって、地道に虫さんの魅力を発信して、
虫さんのことを知ってもらう
活動をしていく必要があるんだよね。

これはたぶん、
かなり時間がかかるんじゃないかな。

外来種問題も、
初めて言われるようになってから、
一般的な考えになるまで、
10年、20年とかかっているはず…。
温暖化という考え方もね。

投稿: わぴちゃん☆ | 2016/08/13 20:32

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 朝の彩雲と…(東海旅行2) | トップページ | クマゼミの鳴き声(東海旅行4) »