« お花を抱っこするクマバチ | トップページ | 薄毛か否か... »

2016年、アキアカネ(色づき)の初見

台風の通過とともに北風が入って
一気に涼しくなったからでしょうか。

本日9月21日、わぴちゃんが千葉県最北端で、
独自に記録している生物季節観測で、
アキアカネ(色づき個体)の初見を確認しました。

Photo
(※写真はクリックで拡大)

昨年に比べると1日遅いですが、
観測を始めた2010年以降では、
比較的早いほうの記録です。

【参考】アキアカネ(色づき)の初見日の推移

2016年…9月21日(本日)
2015年…9月20日
2014年…9月21日
2013年…9月21日
2012年…9月27日
2011年…9月30日
2010年…10月2日
2009年以前…未観測

※いずれも千葉県最北端にて
わぴちゃんオリジナル観測です。

アキアカネは、初夏に平地で羽化した後、
真夏の暑い時期は、山へ避暑の旅に出かけます。

羽化直後の若い子たちは、まだ赤くなく、
「赤とんぼ」らしい感じはしません。

秋になり、涼しくなってくると、
ふたたび平地へおりてきます。

この頃には成熟してからだも赤くなり、
見慣れた「赤とんぼ」の姿になります。

気象庁の生物季節観測の観測種目には、
「あきあかね初見日」というのが存在します。

この公式の「あきあかね初見日」は、
「秋になって平地に下りてきた個体」
を対象にしています。

わぴちゃんは、初夏の羽化個体と、
秋の色づき個体、両方の初見日を
記録するようにしています。

なので、わぴちゃんのホームページでは、

初夏の羽化個体→アキアカネ初見
秋の色づき個体→アキアカネ(色づき)初見

と区別しています。

|

« お花を抱っこするクマバチ | トップページ | 薄毛か否か... »

*季節・歳時記*」カテゴリの記事

コメント

ヘェ〜〜〜

投稿: チカ | 2016/09/21 22:24

そちらもついに、アキアカネ
現れましたか!
いいですねぇ~。
昔は足の踏み場もいないくらいに、
大発生したものですが、
最近は、数が激変して
さみしい限りですね。

急に寒くなりましたが、
風邪などひかぬように・・・。

投稿: まんねんぐさ | 2016/09/22 09:12

イヤ〜...
再度戻ってきましたヽ( ̄д ̄;)ノ=3=3=3 ノソノソ
最初のコメント...「ヘェ〜」の3文字だけじゃ
あれなので、これじゃあってことで..(何じゃあ?)

そうそう、夏に田んぼでたっくさん見かけていた赤とんぼ
真っ赤で「やったぁ〜赤とんぼ...ラッキー」てな感じで嬉しい気持ちになっていたと思うんだけど
ホント、全部真っ赤...
ナツアカネだよって言われていたけど
恥じゅかしい・・・(#^.^#)実に恥ずかしいんだけど
アキアカネ...
はい!知りませんでした。m(__)mスミマ
にゃるほどにゃるほど...
わぴちゃんがアキアカネのほうに目をつけてる理由は夏から秋...に気象が写った時期を知る一つの目安?に出来るのがアキアカネってわけだったのね
わたしなんか赤とんぼイコール...ナツアカネしか浮かんで来ないおバカな素人でござる
お勉強にナリマスタ
🐜🐜🐜🐜🐜🐜🐜🐜🐜🐜

投稿: チカ | 2016/09/22 13:25

街中でも見かけるけど昔のように大群って感じじゃないのは池とか原っぱとかが無くなって来たからかな。
昔は水たまりレベルの池が多かったし家の周りにも原っぱが結構あったからね。
家の近くには水質浄化の施設で「トンボ王国」なんて看板を出すくらいらしいから池さえあれば違うのかもね。
(∪_∪)

投稿: アライグマ | 2016/09/23 09:02

◆まんねんぐささん

まんねんぐささん、こんばんは☆

台風通過後、北風が入って
気温が急に下がったタイミングで
一気にアキアカネが舞い始めました☆

農薬の影響か、アキアカネが
地域によっては急減しているようですね。

今のうちならまだ復活できると思うので、
手遅れにならないように
対策を立ててほしいところですよね…。


◆チカさん

チカさん、こんばんは☆

気を遣ってくれてありがとにゃ。

うんうん。ナツアカネもいるね。
ナツアカネはアキアカネとちがって、
山に行かないでずっとそのままの場所にいるから、
夏の間もよく目にするよね。

あとは、お顔が淡いブルーのマイコアカネとか、
お顔に「麿」のような眉毛模様がある
マユタテアカネとかもいるよ☆


◆アライグマさん

アライグマさん、こんばんは☆

水たまりレベルでもいいから、
水辺があると、それだけでだいぶちがうね。

わぴちゃん、水草用に水を張った水槽を
いくつかおいているけど、
毎年結構な数のトンボさんが
巣立っていってるよ☆

投稿: わぴちゃん☆ | 2016/09/27 23:26

“赤とんぼ山から里へキキのキ”
アキアカネの連結がキの字を連ねて次から次へと、喜々として、これから一生の大仕事に出かけるところです。そして、それを見上げているぼくも喜んでいるのです。しかし、この句、朝日新聞の読者俳壇に投稿しましたが、没になりました。昔のことです。
そちらでは、今でもこのような大群の移動が見られるのでしょうか。

投稿: 春日瑠璃 | 2016/11/04 17:53

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« お花を抱っこするクマバチ | トップページ | 薄毛か否か... »