« 2016年10月 | トップページ | 2016年12月 »

わぴちゃん、頑張ったよ☆

本日午前中、
抜歯手術を受けました(*v_v)o

事前のレントゲン写真から、
歯の根が深く頑丈に張っている…らしく、
相応の覚悟はしていましたが、
かーなーりーの地獄絵図でした(^-^;)

治療が終わって立ち上がった時、
足がガクガクに震えていました(^-^;)

この手の痛い話は
苦手な人も多いと思いますので、
抜歯中の様子を具体的に
描写するのはやめておきますね

抜いた歯を見ると、根っこの部分に
びっくりするくらい大きな膿の袋が
ぶらさがっていました(^-^;)


歯が頑丈すぎて抜くときは大変でしたが、
抜いた後は比較的順調です☆

麻酔が切れた後の痛みも
それほど出ていません☆

抜いた途端に、顎から首にかけての
重苦しさが吹っ飛んで、
とってもすっきりしました☆

さらに、なぜか鼻と耳の感覚も
とってもクリアになりました☆

そして、慢性的に感じていた
目の疲れからも解放されました。

さて、これから悪名高き
「術後最初の夜」ですね。
穏やかに過ごせますように(*-人-)

| | コメント (9)

オオヨコバイの顔

歯の根っこの炎症、応援コメント
たくさんありがとうございます(*v_v)o

今回は何度もぶり返してきた中で
最も重症でした(>ω<。)

突然の悪寒、戦慄、全身の痛み、
座っているのもきついくらいの倦怠感、
そして38℃以上の発熱…

最初はインフルエンザでも
もらったかと思ったくらいですから…

でも、病院で膿を掻きだしてもい、
処方された抗生物質を飲んで
一晩寝たらすっかり元気になりました☆

今週は抜歯をするかもしれません。
いずれにせよ、完治に向け
頑張りどころですね(^-^;)

昨日は、買い出しに出たついでに、
ちょこっと散歩しました。

芝地の陽だまりに
オオヨコバイがたくさんいて、
ぴょんぴょん跳ねていました(*´▽`*)

1_2
(※写真はクリックで拡大)

2
(※写真はクリックで拡大)

オオヨコバイは、
カメムシ目ヨコバイ科の昆虫です☆
恥ずかしがり屋さんで警戒心が強く、
わずかな気配でも、ササッと横歩きで
裏へと隠れてしまいます。


なので、さすがに正面顔は難しいかなぁ…
と思いましたが、あっさりと撮影成功☆

Photo
(※写真はクリックで拡大)

このお顔…完全に蝉顔ですね(*´▽`*)

ヨコバイとセミが同じ分類群だというのも納得です☆

| | コメント (7)

うそーーん(*TωT)

昨夜、ブログ記事をアップしたあと

急に震えるほど寒くなって、
ストーブの前から離れられなくなりました。

そしてだんだん節々が痛み出し…
これはもしや!?

と思って、熱を測ると38.3℃(/||| ̄▽)/

歯根膜炎特有の歯が浮くような痛みもあって、
どうやらまた例の歯の根っこの
炎症がぶり返したようでした(>ω<。)

熱は朝になっても下がらず、
今日はずっと38℃前後の発熱が続き、
動くのがしんどいくらい体がだるくて、
ずっと横になっていました。

夕方、急きょ病院に行って、
歯の根っこの治療を行いました。

ひどく化膿していて、悪くなった部分を
30分近くかけて掻きだしてもらいました。

そして、歯に縦方向のひびが
入っていることも判明(/||| ̄▽)/

ひびの部分から雑菌が次々と
入っている可能性が高く、
化膿の程度もひどい…ということで、
「抜歯宣告」を受けました。

この歯は、とにかく高校卒業頃から
ずっと悩まされてきた存在です。

ダメなのはこの歯1本だけだし、
今後も悪さをしてくる可能性が高いから
やっぱり抜歯した方が良いのかもしれませんね。

| | コメント (5)

雪とヒマワリ、アサガオ…


昨年12月29日の早朝、
ヒマワリと霜の組み合わせを見つけ、
とっておきのネタとして、ブログに載せました。

◆「奇跡の共演?」(2016年1月5日の記事)

この記事にいただいたコメントへの
お返事として、調子に乗って冗談半分で、

>次は雪をかぶったヒマワリの…
>これはさすがに無理…かな!?(笑)

…と書いたのですが、それが
まさか、ものの1年もしないうちに、
現実のものになりました(^-^;)

1124
(※写真はクリックで拡大)


すでにご存知の通り、本日11月24日、
関東甲信地方の広い範囲で降雪となりました

特に東京都心では54年ぶりに11月中の初雪、
そして、観測史上初の11月中の積雪を観測しました。

今朝6時23時ごろに発生した地震で
起きたわぴちゃんですが、そのときにはすでに銀世界…。

お昼過ぎまで雪が続き、最大5cmの積雪となりました。

このあたりは、11月下旬だと、まだまだ
夏の花が残っていたりするんですよね。

なので、冒頭のヒマワリと雪以外にも、
奇跡のコラボをたくさん見つけることができました。

以下いくつか抜粋して載せますね。

◆トウモロコシ+雪
1124_2
(※写真はクリックで拡大)

◆ノアサガオ+雪
1124_3
(※写真はクリックで拡大)

◆ハナカンナ+雪
1124_4
(※写真はクリックで拡大)

◆キバナコスモス+雪
1124_5
(※写真はクリックで拡大)

| | コメント (5)

雪虫ふわり♪

数日前の話ですが、
庭で作業をしていると、
何か白い綿毛のようなものが
ふわりとやってきて…

あ。柵にとまった!!

Photo
(※写真はクリックで拡大)


ここここ、これは、あこがれの
雪虫さんではありませんかぁ(≧▽≦)ノ

じつはわぴちゃん、雪虫を生で見たのは、
これが生まれて初めてです(≧▽≦)ノ

この時期は、植物の綿毛やら、
野焼きの灰やら、ユスリカのたぐいやら、
「雪虫のようなもの」がいろいろ飛び交うので、
たぶん見逃していただけだと思いますけどね。


雪虫は、晩秋のころに現れる
白い綿のような小虫のことです。

たよりなさげにはらはらと舞うその姿が、
まるで雪のように見えることから
その名がつけられています。

そして雪国では、雪虫が現れると
じきに本物の雪が舞いはじめると、
言い伝えられています。

その正体は
アブラムシ科ワタムシ亜科に分類される
リンゴワタムシなどの
複数種類を総称したものです(*v_v)o

| | コメント (9)

2016年初霜+霜柱初見

本日11月18日、千葉県最北端にて、
初霜と霜柱の初見を確認しました☆

11181
(※写真はクリックで拡大)

11182
(※写真はクリックで拡大)

11183
(※写真はクリックで拡大)


霜柱は長さ1cm程度と、
とっても可愛らしいものでした(*´▽`*)

小さいながらも、
ちゃんと霜柱の構造をしていたので、
霜柱初見日として記録しました。

11181_2
(※写真はクリックで拡大)

11182_2
(※写真はクリックで拡大)


☆参考☆----------
2010年以降の季節現象観測状況
わぴちゃんのオリジナル調査

【初 霜】
2016年…11月18日(本年)
2015年…11月28日
2014年…11月14日
2013年…11月13日
2012年…11月16日
2011年…11月16日
2010年…11月5日

【霜柱の初見】
2016年…11月18日(本年)
2015年…11月28日
2014年…12月3日
2013年…11月13日
2012年…11月25日
2011年…11月26日
2010年…12月17日

【初 氷】
2016年…まだ(本年)
2015年…12月20日
2014年…12月6日
2013年…12月12日
2012年…12月2日
2011年…12月10日
2010年…12月17日

--------------

| | コメント (6)

クロガラシ育成ちぅ

クロガラシ(Brassica nigra)は、
アブラナ科アブラナ属の越年草です。

ブラックマスタードとも呼ばれ、
タネを香辛料として利用します。

ホットドックとかにかける
マスタードソースの中に入っている
黒っぽいツブツブは
クロガラシ(ブラックマスタード)もしくは、
カラシナ(ブラウンマスタード)のタネです。

クロガラシの名前は図鑑でもたびたび見かけ、
比較的知名度の高い植物です。

ところが、わぴちゃん、この植物の実態が
どうもあまりよくつかめていません。

仮に、その辺にクロガラシがおがっていたとして、
カラシナやセイヨウアブラナと
明確に区別できるものなのだろうか…。

それもはっきりしません。

そこで、タネを取り寄せて育ててみることにしました。

播種後数日で発芽し…
1_2
(※写真はクリックで拡大)


現在はこんな状態になっています。
2_2
(※写真はクリックで拡大)


来春、無事に花が咲いて、
クロガラシという植物に対する
理解が深まっているとよいな☆

| | コメント (7)

ふわぴかちゃんと野菊

今回の歯の根っこの炎症で、
たくさんの応援コメント
ありがとうございます(*v_v)o

今日は1日、ほぼ平熱で
過ごすことができました(*´▽`*)
痛みや腫れも、だいぶ
軽くなってきました(*´▽`*)

明日は病院で治療だから、
またひと頑張りですけどね(>ω<。)

------
そういえば、11/10の講座のお仕事で、
パワーポイント用のふわぴかちゃん、
新デザインを描きました☆

ハロウィンは終わったけど、
クリスマスにはまだ早い…

11月はそんな時期なので、
今までは汎用バージョンの
ふわぴかちゃんを使っていました。

でも、せっかくだから
何か季節を感じるものを…ということで、
野菊の頭飾りをつけてみました(*´▽`*)

_

__3

1


2


3

| | コメント (3)

根っこの炎症、その後

ここのところ、
単なる闘病記録になってしまい
申し訳ございません(^-^;)

いちおうその後の経過を載せておきますね。


◆11/12(土)

午前中は自然観察会で
河川敷を歩いていました☆

お昼ごろ、おうちに帰ってきて、
冬を迎えるための野良作業をしました。

14時過ぎ、一息ついてから
体温を確認すると38.1℃ (/||| ̄▽)/

ちょっと眠いなとは思っていましたが、
ここまで熱が高くなっていたとは…
ヘ( ̄∇ ̄ヘ;)。。。コソコソ

夜にかけて38℃台の熱が続いたので、
さすがに少しだけ
おとなしくしていました(^-^;)


◆11/13(日)

朝には熱が下がりました。

歯ぐきの痛みは多少ありますが、
日中は平常時と変わらぬ体調でした。


午後から打ち合わせがあったので
お出かけしました。


◆11/14(月)

ふだんと変わらない体調で、
仕事もはかどりました。

…が、やっぱり夕方になって、
身体のほてりとだるさを感じ、
体温を測ってみると37.9℃(/||| ̄▽)/

初診時に比べると、痛みも軽くなり、
体調もはるかに良好なので、
波はあるものの快方へと
向かっているような気がします。

| | コメント (4)

敵はしぶとい…

ここのところ単なる闘病記に
なってしまい申し訳ございません(^-^;)

明日以降、また自然ネタを
載せられるようになるといいなぁ…

…ということで、いちおう
その後の経過報告をしておきます
ヘ( ̄∇ ̄ヘ;)。。。コソコソ

◆11/9(水)

38℃前後の発熱とだるさが
1日じゅう続きました(>ω<。)

痛みは軽くなり、飲食時に
右下の顎から首にかけての
ずきーんとくることはなくなりました。

処方された抗生剤を
全部飲み切ったのですが、
まだ熱が下がらないので、
病院に行きました。

まだ腫れているようで、
引き続き抗生剤を飲むことになりました。


◆11/10(木)

午後から講座の仕事が2件☆

体温は1日じゅう37.5℃前後。
平常時と変わらない体調でした。

痛みはほとんどありませんでした。


◆11/11(金)

体温は36.8℃~37.4℃。
このまま落ち着くかな?
…と思っていたら、あれあれ?

朝のうちから歯根膜炎特有の
歯が浮いたような違和感と、
歯ぐきから顎にかけての
重苦しい感覚が…(^-^;)

ぶ、ぶり返さないでくれよぉーー
翌朝には痛みひいてますように(*-人-)

| | コメント (7)

やっぱまだダメか…

今日(8日)は、パソコンの前で
原稿書きのお仕事を頑張っていました。

顎の痛みも軽くなり、
平時と変わらないくらい
元気でした☆

そう…夕方までは(^-^;)

原稿が書きあがり、
「よしっ、終わった!」と
立ち上がった瞬間、

あれあれ、身体が重たい…
あれあれ、節々も痛い…
あれあれ、なんか寒い…

…o_ _)oパタ

もしやと思い、
体温計で測ってみると、
38.1℃…

まぁ、一日二日で
治るようなもんじゃないですね(^-^;)

処方された抗生剤を飲んで、
温かくして、
今夜はおとなしくおねんねします
(。_ _)。zzz..

| | コメント (5)

顎骨の炎症、その後

わぴちゃんの歯の件、
心配してくださったみなさん、
ありがとうございました。

コメントへのお返事は
落ち着き次第ちゃんと書きますね。

顎骨の炎症って、結構きついですね(>ω<。)

昨日(6日)は、38℃近い熱と、
顎から首にかけての痛み、強烈なだるさで、
半分病人モードでした(>ω<。)

痛みで飲食もままならない状態でした(>ω<。)

でも、お薬が効いたのかな?
今日(7日)は、まだ微熱はあるものの
だいぶ体調は良くなりましたよ(*v_v)o

このまま快方に向かってくれると
いいのですけどね…(´・ω・`)

皆さんは、治療済の歯が
何年も経ったあと急に痛くなったら、
こんなになる前に歯医者さんに
行くようにしてくださいね
ヘ( ̄∇ ̄ヘ;)。。。コソコソ

Photo
(※写真はクリックで拡大)

| | コメント (5)

根っこの治療はじめました

例の根尖性歯周炎(歯の根っこの炎症)…。

1ヶ月ほど前に、
○○を徹底的に掻きだしてもらい、
しばらくは小康状態でした。

ところが、ほどなくして痛みが再発(^-^;)
昨日には耐えがたい痛みとなり、
今朝になったら顎骨まで炎症が拡大しています。

水を飲んだだけで顎の骨がズキン(/||| ̄▽)/

これはダメだ…と思い、
とりあえず心療内科で処方していただいた
頓服薬で不安や恐怖を抑えながら、
行きつけの歯科病院へと駆け込みました。

「この方法でもダメなら大学病院ですね」
ということになっていたのですが…。

今回は、頓服薬がしっかり効いて、
恐怖に伴う苦痛なしで根っこの治療の第一弾を
無事に終えることができました!

ただ、病巣がそこそこ広がっていて、やや重症らしく、
何回か通う必要はありそうです。

顎に波及した炎症が引くのも時間がかかりそう。。。

飲食時にズキンと来るので、これまた大変です。

ちょびっとお熱も(37.8℃)出ています

ヘ( ̄∇ ̄ヘ;)。。。コソコソ

これからしっかり病院に通い、お薬も飲んで、
きっちり完治させたいと思います。

がんばるぞー☆

| | コメント (4)

11月4日夕方の雲

本日(11月4日)、16時30分ごろ、
乾電池が急きょ必要になったので
外に出たらこんな雲を見つけました☆

11042


高積雲の個々の小雲が、
風の影響で縞模様に並んだ波状雲(Ac un)です。

高積雲の波状雲自体は
わりとよく見られるものですが、
この雲はなんか妙に立体的で
発疹のようなぼつぼつ感(^-^;)

これはもしや!?
…と、しばし観察することにしました。

数分後…

1104


案の定、小さな雲のこぶが
びっしりと垂れ下がってきました。

この雲のこぶは乳房雲(mam)という
名前が付けられています。


つまり1枚目の写真は「高積雲の波状雲」である上に、
乳房雲の発生初期」でもあった…ということになります。


乳房雲は、上空に強い寒気が流れ込んできて、
地上と上空の気温差が大きいときにできやすい雲です。

そのため、晩秋から初冬にかけては
ある意味「旬の雲」かもしれませんね
ヘ( ̄∇ ̄ヘ;)。。。コソコソ


余談ですが、別な方角には、
巻積雲の波状雲(Cc un)を見ることができました(*´▽`*)

1106
(※写真はクリックで拡大)

| | コメント (4)

« 2016年10月 | トップページ | 2016年12月 »