« 最近学んだこと… | トップページ | タコノアシに氷柱現象 »

霧雪…かな?

1月20日の話です。
この日は朝から小雪が舞う寒い天気でした。

お昼過ぎ、買い物から帰ってくる頃には、
「白くて細長い極小の氷の粒」が降っていました。

この氷の粒は、物に当たってもほとんど跳ね返らず…
雪あられにしてはすごく細かいし降りかたも弱いし…
なんだろう…一応撮影しておくか…

と、車内にあった黒い腰提げ用の道具入れと、
スノーシューを入れるための黒い袋を置いて、
降ってくる氷の粒を受け止めて撮影にチャレンジ。

撮ったものがこれです。

1
(※写真はクリックで拡大)

2
(※写真はクリックで拡大)

3
(※写真はクリックで拡大)

4
(※写真はクリックで拡大)


写真で氷の粒が透明っぽく見えるのは、
氷の粒を見つけてからピンを合わせるまでの
わずかなタイムラグの間に少し融けたためです(^-^;)

氷の粒があまりにも微細なため、
ほんの数秒もしないうちに融けてしまいます…

1枚目の写真は複数の氷の粒が
くっつきあっていますが、
ひとつひとつは細長いかたちをしています

とりあえず証拠写真を写した後、
スケールを入れてと、定規を準備したら…

や ん じ ゃ っ た…(>ω<。)

でも、道具入れ、スノーシュー袋ともに
格子状の織り目があり、それを測ったら
約1mm格子であることが判明しました。

それをもとに氷の粒のスケールを見ると、
1mmあるかないかといった感じでしょうか…。


さて、この氷の粒の降水ですが、
あえて現象の種類を特定した場合、
霧雪に相当するのではないかと思います。

参考までに、霧雪ですが、
気象庁が平成10年に刊行した
「気象観測の手引き」によると、

『ごく小さい白色で不透明な氷の粒の降水。
粒は雪あられに似ているが、へん平な形を
しているか又は細長い形をしている。
その直径は一般に1mmより小さい。
個の粒は、堅い地面に当たっても、
はずまないし、こわれもしない。
降る量は普通非常に少なく、層雲か霧から降る。
しゅう雨性降水の形では降らない。
気温が約-10~0℃の間のときに生じる
霧雨に相当する。』

とあります。

これを読む限り、霧雪と呼ぶ条件は
満たしていそうですが、
霧雪の粒子を捕らえた写真って、
どこにも出ていないので、
何とも言えないのですけどね(^-^;)


よく見るとなんか降っているな
レベルのもので見映えもせず、
よほど意識してないと、観察しようとも思わないので、
見逃してきただけかもしれませんけどね。

|

« 最近学んだこと… | トップページ | タコノアシに氷柱現象 »

*雪・降水現象*」カテゴリの記事

コメント

霧雪,というのですね。
私も20日の朝に見ました。

運転中,細かい雨が降っていたのでワイパーを動かしていたら,しばらくしてフロントウィンドウの端にみぞれのようなものがたまり始めました。
あまりにも気温が低いから(クルマの外部気温計で2℃くらい),上空で過冷却されてた水滴が刺激で凍っちゃったのかな,と思っていました。

クルマの周辺は2℃くらいだったかもしれないけど,空気は0℃以下だったのかも。

投稿: hal-co | 2017/01/24 12:39

◆hal-coさん

hal-coさん、こんばんは☆

フロントガラスに落ちた後、
跳ねた場合は「あられ」。

透明で丸くて
ナメちゃん…コホン。
魚の卵みたいな粒だったら、凍雨だよ。

で、跳ねなくて極小で
白い粒だったら霧雪…
にしていいんじゃないかな。

ただこういう複雑な温度分布のときは、
短時間で凍雨、あられ、雪、霧雪…
いろいろ混じって降ってくるから
なかなか難しいけどね。

投稿: わぴちゃん☆ | 2017/01/29 19:53

うぁぁ,難しい。
もっとしっかり観察しておけばよかった。

あられ,ではなかったみたい。
凍雨…卵みたいな粒ではなかった…。
でも,霧雪かどうかは自信が無い…。

水と気温のいろいろな現象,面白いわぁ。

投稿: hal-co | 2017/01/29 23:16

◆hal-coさん

hal-coさん、こんばんは☆

関東で雪予報が出るときは、
上空の気温分布が複雑になっているから、
ていねいに観察すると、思いがけない
変わった現象がみられる可能性が高いよ^-^


今度は明後日2/9が要チェックかな?

投稿: わぴちゃん☆ | 2017/02/07 20:33

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 最近学んだこと… | トップページ | タコノアシに氷柱現象 »