« 黄色花のシロバナタンポポ | トップページ | ねずみ大根 »

アブラナ(Brassica rapa var. oleifera)

わぴちゃんがタネから育てていた
本物のアブラナが咲きました(*v_v)o

1
(※写真はクリックで拡大)

アブラナ(Brassica rapa var. oleifera)は、
いわゆる菜の花のひとつで、
在来ナタネニホンアブラナとも呼ばれています。

1000年以上前から栽培されているので
「在来-」とか「日本-」と冠されていますが、
その起源は日本の野山に自生するものではなく、
海外からやってきたものです。


かつてはありふれたもののようでしたが、
今は栽培される機会がぐっと減りました。

この時期、土手や田畑周辺では
野生の「菜の花」がたくさん花を咲かせていますが、
その多くはセイヨウアブラナ(Brassica napus)です。

アブラナの葉は緑色~黄緑色で、
柔らかいのが特徴です。

2
(※写真はクリックで拡大)


カラシナっぽく見えますが、
葉の付け根は茎を抱くような形になってたいます。

Photo
(※写真はクリックで拡大)

※カラシナの葉の付け根は茎を抱きません

セイヨウアブラナは、よく似ていますが、
葉は厚みがあって、表面が白い
ロウのようなものでおおわれています。
指で軽くこすると、白いロウがはがれるので
それで識別することが可能です。

もうひとつ、文献では識別点として
萼が開くか、直立するかが挙げられています。

萼が開けばアブラナ、
直立すればセイヨウアブラナという具合です。

今回わぴちゃんが栽培しているアブラナは、
文献どおり萼は開いていました。

Photo_3
(※写真はクリックで拡大)


ただ、わぴちゃんが今まで観察してきた限りでは、
セイヨウアブラナも萼が開いたりして、個体差が多く
鑑別点としてはあまり使えないように感じました。

|

« 黄色花のシロバナタンポポ | トップページ | ねずみ大根 »

*野菜・有用作物*」カテゴリの記事

コメント

アブラナですか!
いいですねぇ~^^
春爛漫ですね。

でも花が咲いてしまっては
食すのはもう無理ですね。
まぁもっとも、わぴちゃんは
食べるために育てたわけでは
ないと思いますが・・・。

ぜひ種を取って
来年はいっぱい咲かせてくださいね。


昨日、職場の横の植え込みに生えていた
ヒメリュウキンカを採取して、
自宅で小鉢に植え込みました。
本来今の時期に植え替えるものでは
ないそうですが、夏になると地上部分がなくなって、どこにあるのかわからなくなってしまうので、
今植えてみました。
だめですかね?

投稿: まんねんぐさ | 2017/04/04 15:58

◆まんねんぐささん

まんねんぐささん、こんばんは☆

菜の花がいっせいに咲くと
春って感じがしますよね(*´▽`*)

今年は開花優先で収穫はしなかったけど、
一通り撮影が終わったら今度は
食べる目的で栽培しても良いですね☆

ヒメリュウキンカは、
ちぎれた根茎でどんどん増えて、
各地で野生化しているくらいだから、
おそらく大丈夫だと思います。

根付いてくれると良いですね☆

投稿: わぴちゃん☆ | 2017/04/08 23:48

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 黄色花のシロバナタンポポ | トップページ | ねずみ大根 »