« マクワウリの花 | トップページ | 年に一度の… »

タチスベリヒユ

タチスベリヒユPortulaca oleracea var. sativaは、
畑に雑草として生えてくるスベリヒユの一変種です。

茎が直立し全体的に大きくなり、
食べ応えがあるように改良されたもの
…と言ったところでしょうか。

いわば野菜化されたスベリヒユです。

植物学の父、牧野富太郎博士の
図鑑にも掲載されているからか、
その名前は、わりとあちこちで目にします。

ただ、作物として栽培しているのは見たことなく、
今までほとんど流通していなかったため、
その実態はあまりよく分かりませんでした。

でも時代は変わり、近年は外国野菜の苗や種子も
容易に入手できるようになりました。

2014年の話ですがホームセンターの種子コーナーで、
タチスベリヒユと思われるものを発見、入手できました!

※ヨーロッパではプルビエまたは、
サマーパースレインの名前で栽培されています。

…しかし2014年栽培時は、
10cmにも満たない状態で花が咲いて頭打ちとなり、
タチスベリヒユの特徴をはっきりと
確認できるまでには至りませんでした(´・ω・`)

そして今年、マクワウリの種子を探した時に、
タチスベリヒユの種子の残りも同時に出てきたので、
ついでにリベンジしました(^-^;)

今回は無事成功しましたよ(*´▽`*)

2
(※写真はクリックで拡大)

1
(※写真はクリックで拡大)

3

(※写真はクリックで拡大)

なるほど、茎は完全に直立し、葉っぱも大きい!
横枝も斜め上にのびて立ち上がろうとする性質が見て取れます。

茎上部につく葉は、特に幅広で、ぷっくりした感じです。

Photo
(※写真はクリックで拡大)


花は直径1cm以上あって、
野生種と比べて多少大きいかな?
…という感じですね

Photo_2
(※写真はクリックで拡大)


野生種のスベリヒユも、
環境によっては、茎がやや立ち上がり、
大きめの葉をつけることがあるのですが、
それとは雰囲気がちがうなと感じました。

比較参考用に野生種のスベリヒユで
やや立ち上がったものを載せておきます。

Photo_3
(※写真はクリックで拡大)

|

« マクワウリの花 | トップページ | 年に一度の… »

*野菜・有用作物*」カテゴリの記事

コメント

タチスベリヒユ、
いいですねぇ~。
まるで多肉植物
みたいですね。
お花もまたカワユイ^^

こんどは、お味も
みてくださいね。

投稿: まんねんぐさ | 2017/09/01 15:10

だいたい、ボクは食べられるかどうかが先にくるので(笑)、スベリヒユって、オメガ脂肪酸なんちゃらが身体にイイらしいとのことで、お庭に生えてきたヤツを、引っこ抜かない様にしてたものの、いつの間にやら、スベリヒユくんは、いなくなってた。

あのスベリヒユが育たないって…。

なんかシュウ酸が多くて、食べ過ぎると結石になるから、アクを抜かなきゃとのこと。

あの花かわいいよね。2chによれば、ハナスベリヒユとは、掛け合わせようとしても、なかなかむずかしいらしい。もっとカラフルになれば楽しいのだけれど…。

投稿: くず | 2017/09/02 02:49

◆まんねんぐささん

まんねんぐささん、こんばんは☆

その辺に生えているスベリヒユと比べると、
葉が大きくてぷっくりしていて、
なかなか可愛い感じです(*´▽`*)

昔、野生のスベリヒユは
その辺から摘んできて茹でて食べたことがありますが、
あれはなかなか美味でした(*´▽`*)

それそれ時期も終盤なので
来年になってしまうかもしれませんが、
味見もしてみたいです(*´▽`*)


◆くずさん

くずさん、こんばんは☆

タチスベリヒユはこの数年で
種子が流通するようになってきたから、
機会があったら試してみてね☆

野生のものって、
いざ育てようとするとなかなか気難しいよね。

ホトケノザも鉢に移植すると
途端に咲かなくなるし、
スギナもプランタに植えると
つくしを出さなくなっちゃう…

スベリヒユとハナスベリヒユ、
マツバボタンのかけ合わせ…

わぴちゃんが小学生の時、
人工交配のしかたを本で読んで知ったとき、
試したことがあるけど、やっぱりだめだったよ。

投稿: わぴちゃん☆ | 2017/09/05 22:27

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« マクワウリの花 | トップページ | 年に一度の… »