« 2018年2月 | トップページ | 2018年4月 »

印象的な出会い2種

3/25から3/29にかけて、
西日本方面に取材へと出かけていました(*v_v)o
そう、主目的はタンポポ類です(^-^;)

西日本へのタンポポ旅行は、今回で3回目。
今回からは、外来・雑種系統もしっかりとチェックしてきました。

その結果、東日本と西日本では、
外来・雑種系統もずいぶんと
事情が異なることが分かりました。

それは、取りまとめに
時間がかかるのでとりあえず保留します(^-^;)

今回の旅行では、それ以外にも
いろんな発見・出会いがありましたよ ^-^

特に旅行最終日の発見は、
とても印象に残るものでした(^-^;)

28日は、兵庫県内から静岡県内へと移動して、
静岡県内で宿をとりました。

この日、途中でタチの悪い渋滞
(ほとんど動かないタイプ)にはまってしまい、
到着したのが23時ごろ(/||| ̄▽)/

しかも、タッチの差で
ホテルの駐車場が満車に…o_ _)oパタ

街中を15分ほどさまよい、結果、だいぶ離れた
駅前駐車場にとめることになりました。

今日はあんまりついてないなぁ…
なんて、ガサガサした気持ちで床に就きました。

翌朝チェックアウトして、重い荷物を持って、
「さて、駅前駐車場まで頑張るか」と、歩きはじめると…

!!!!!

昨夜はまったく気づかなかったのですが、
わぴちゃんにとって初見の植物が2種類も
歩道のすき間に生えています!(≧▽≦)ノ

いずれも外来雑草ですが、
簡単にお目にかかれるような種類ではないため、
心のガサガサは消えましたなくなりました。
なんとも安上がりで単純な性格です。
ヘ( ̄∇ ̄ヘ;)。。。コソコソ


◆ニチナンオオバコ
Photo
(※写真はクリックで拡大)

※北アメリカ原産でオオバコの仲間ですが、
葉が糸のように細いのが特徴です。
国内では宮崎県日南市ではじめて記録されたことから、
地名が名前に入っています。


◆イガトキンソウ or タカサゴトキンソウ
Photo_2
(※写真はクリックで拡大)

※この辺の種類はどうも混乱しているようですね。
イガトキンソウか、タカサゴトキンソウか、
どちらかだと思いますが、
信頼できる資料が少ないため、
現在調べているところです。
どちらにしてもわぴちゃんにとっては初見です。


もしホテルの駐車場に車を停めることができていたら…
歩道を歩くことはなかったので、
この2種類との出会いもありませんでした(^-^;)

| | コメント (3)

関宿城博物館で企画展開催中

現在、千葉県立関宿城博物館で、
『河川敷の生きもの-夜編-』と題した
写真展が開催されています。
期間は4/22(日)までです。

わぴちゃんの写真がいっぱい使われていますので、
お時間のある方はぜひ
足を運んでみてくださいね(*´▽`*)

関宿城博物館の特設サイト(公式)


そして、今度の週末、4/1(日)の
14時~15時に
「わぴちゃん先生のミュージアムトーク」
と題した企画展関連イベントを行います。
わぴちゃんと生きものに関するお話をしたいかた、
当日自由参加ですので、よかったら、
千葉県立関宿城博物館へお越しくださいね(*´▽`*)

-----------
じつはわぴちゃん、
ただいま西日本に遠征中です(^-^;)

なのでノートパソコンからブログを書きます。
( ̄∇ ̄*)ゞえへへっ♪

相変わらず、ネットにつなぐのは
ビジネスホテル滞在時だけですけでね。
ヘ( ̄∇ ̄ヘ;)。。。コソコソ

そしてこのノートパソコンには
顔文字を入れていないから、
過去の記事からコピペ、または手打ちです
ヘ( ̄∇ ̄ヘ;)。。。コソコソ

| | コメント (2)

カタクリハムシ

2日前、庭でカタクリハムシちゃんを
見つけました(*v_v)o

Photo
(※写真はクリックで拡大)

何だろう…深紅って言ったらいいのかな?
鮮やかだけど、深くて落ち着きのある紅色。

翅の細かい点刻も、とってもステキな
アクセントになっています(*´▽`*)

ハムシの仲間の名前には、
食べる植物の種類が冠してあることも多く、
カタクリハムシもそのひとつです。

ただ、カタクリだけではなく、
サルトリイバラやウバユリなど、
ユリ科植物(従来分類のね)の葉を
広く食べているようです。

わぴちゃんちでは、オニユリの葉を
食べている姿をときどき見かけます(*´▽`*)

最初に生息に気づいたのは5年以上も前ですが、
今のところ毎年ちゃんと姿を見せてくれています(*´▽`*)

葉に多少の穴をあけてしまうものの、
生育に影響が出るほどではないので、
これからもやさしく
そっと見守ってあげたい子です。

| | コメント (4)

2018年ノジスミレ開花☆

ここのところ確定申告にかかりっきりでしたが、
昨日無事に申告書の提出が完了しました(≧▽≦)ノ

確定申告書ができあがると同時に、
PCのキーボードがダメになりましたo_ _)oパタ

ということで今日は暖かい陽気に誘われて、
あちこち寄り道をして自然を見ながら、
キーボードを買いに行きました。

今回のキーボード、3ヶ月持たずにダメになりました。

デスクトップなので、キーボードだけ買い替えで、
しかも880円と安いのですが、
それだけ根詰めて作業しているって証拠ですよね(^-^;)

じつはわぴちゃんの目にも変化が(´・ω・`)
酷使が原因か、単なる〇○なのか、
近視と乱視がそこそこ進んでいることが判明(>ω<。)

ということで、わぴちゃんの眼鏡が、
まもなく、早ければ明日には新しくなる予定です(^-^;)

前置きが長くなりましたが、
わぴちゃんが定点で開花日を記録している
ノジスミレが本日(3/15)開花しました。

0315
(※写真はクリックで拡大)

そして、買い物ついでに寄り道した場所でも
ノジスミレが元気に咲いていました。

Photo
(※写真はクリックで拡大)


-------------------
【参考】過去のノジスミレ開花日

2018年…3月15日(本日)
2017年…3月16日
2016年…3月20日
2015年…3月17日
2014年…3月24日
2013年…3月17日
2012年…3月30日
2011年…3月19日
2010年…3月22日
2009年…3月23日
2008年…3月18日
2007年…3月5日

※この記録は、気象庁公式ではなく、
わぴちゃんオリジナルの観測データです。
※観測点は千葉県野田市(旧・関宿町)です。
※データの引用はご自由にどうぞ☆
-------------------

| | コメント (8)

なないろ日和!に出演予定

明日3/7(水)、
なないろ日和に出演します(*v_v)o

----------------------------
◆番組概要◆

2018年3月7日(水) 9:28~11:13

テレビ東京系列「なないろ日和!」
----------------------------

地上波の放送エリアは関東広域圏ですが、
BSジャパンでも見られます☆

もし良かったら
見てやってくださいね(*v_v)o

| | コメント (5)

3月2日、花粉による月光環

3月2日19時頃、花粉による月光環を
確認することができました。

03021
(※写真はクリックで拡大)

03022
(※写真はクリックで拡大)

03023
(※写真はクリックで拡大)

この数日で一気に
スギ花粉が飛び始めたようですね。

スギ花粉の季節に楽しめる空の現象…
それが花粉光環です(*´▽`*)

空中を漂う大量の花粉がつくりだす
大気光象のひとつで、
太陽の光が白い円盤状になり、
それが虹模様で縁取られたように見えます。

花粉による光環は、
日中、太陽のまわりにできるものがふつうで
夜間、月のまわりにできるものは比較的稀です。

今回は、
(1)月の出のときにまだ大量の花粉が空中に残っていた
(2)満月で光量があって光の現象がくっきり出やすかった
(3)月を遮る雲がほとんどなかった

などの条件をクリアしたため、
花粉による月光環が見られたのだと思います。

案の定、月が高く昇るとともに、
光環ははっきりしなくなり、消滅しました。

| | コメント (2)

浜松の巨大タンポポ

わぴちゃんはタンポポ(特に外来系統)にはまっていて、
研究用にいろいろサンプルを採って
栽培したり、標本つくったり、データを取ったりしています。

その中で、2016年3月末に
静岡県浜松市内でサンプリングした個体を紹介しますね。

2018年2月24日時点でこんな状態になっています。

1802
(※写真はクリックで拡大)


まだ咲くまでにはかかりそうですが、
中心につぼみがいくつか見えていました。

このタンポポ…。
2016年3月の発見当初はこんな感じ。

16031
(※写真はクリックで拡大)

16032
(※写真はクリックで拡大)


外総苞片は上向きで、
わずかに外側に開くような状態。

外来系統または雑種系統で、
ニセカントウタンポポのように
総苞の反り返らないタイプかなと思っていました。

若い株だからか、栄養状態が悪いからか、
周囲のタンポポと比べても割と小ぶりな印象でした。

そして翌2017年。しっかりと株が充実すると
本性を表しました(^-^;)

17041
(※写真はクリックで拡大)

17042
(※写真はクリックで拡大)


花でかっ!!
測ってみると直径5~6センチあります。

さらに花後…。

17061
(※写真はクリックで拡大)

17062
(※写真はクリックで拡大)

葉、でかっ!!!
40センチ以上あります(/||| ̄▽)/


これ、染色体レベルの確認は行っていませんが、
おそらく関西方面でロクアイタンポポ
仮称されている系統と同一、もしくは
かなり近い系統に相当するものではと思っています。

ロクアイ…とは発見地の
六甲アイランドの略称だそうです。

花時の総苞片は圧着か開出で、
大きいものでは花の直径が6センチにも達し、
全体的にかなり大型になるという系統のものです。
ロクアイタンポポは雑種系統と推測されています。

そして以下おまけ(笑)

この手の正体不明のタンポポ類は、
後でわからなくならないよう、
栽培株、標本、写真ともに共通の
コードネームをつけて管理しています。

このタンポポのコードネームは、
「1603浜松巨大タンポポ」です

コードネームを公開したところで、
わぴちゃんの資料管理内でしか通用しないので、
誰の役にも立たないですけどね

ヘ( ̄∇ ̄ヘ;)。。。コソコソ

| | コメント (8)

« 2018年2月 | トップページ | 2018年4月 »