« 2018年3月 | トップページ | 2018年5月 »

空色のイロハカエデ?

昨日(4/29)は、地元の
野外イベントのお手伝いで
お出かけしていました(*v_v)o

で…。

ふと振りかえった瞬間に、
こんなものが目に飛びこんできました。

Photo
(※写真はクリックで拡大)


r (・x・。)あれれ??

若葉が空色に輝くイロハカエデ??
もしかして、新品種かなにか??

どうしても気になって、
このままだと夜眠れなくなりそうだったので、
しっかり確認してきました(*v_v)o

原因はイベント用に敷いたブルーシートでした。

2
(※写真はクリックで拡大)


(1)ブルーシートに直射光が当たる
(2)跳ね返った青色光がイロハカエデの葉を照らす
(3)青色光が葉の表面でさらに反射して目に届く

こんな感じでしょうか(^-^;)

しかしこんなに見事に
色が出るもんなのですね。びっくりでした。

| | コメント (4)

テレビ出演情報☆

2018年4月30日(月)
20時00分~21時00分

日本テレビ系列で放送される
『世界まる見え!テレビ特捜部』

《ゴールデンまなびウィーク》
日々学んで日々成長
世界の面白研究結果 大発表SP
にゲスト出演します(*v_v)o

よかったらご覧くださいね☆


世界まる見え!テレビ特捜部 公式ページへ

| | コメント (5)

2018年シオカラトンボ初見です

本日(4/28)、シオカラトンボの
初見を確認しました(≧▼≦)ノ

0428
(※写真はクリックで拡大)

2017年と比べると7日早い記録です。

記録をとりはじめた2007年以来、
4月中にシオカラトンボの初見を
確認したのは、4度目です。

-------------------
【参考】過去のシオカラトンボ初見日

2018年…4月28日(本日)
2017年…5月11日
2016年…5月3日
2015年…4月26日
2014年…5月2日
2013年…4月27日
2012年…5月8日
2011年…5月4日
2010年…5月9日
2009年…4月19日
2008年…5月8日
2007年…5月5日

※この記録は、気象庁公式ではなく、
わぴちゃんオリジナルの観測データです。
※観測点は千葉県野田市(旧・関宿町)です。
※データの引用はご自由にどうぞ☆
-------------------

そしておまけ…。28日夜現在、
わぴちゃんの回復状況は30%程度。

おそるべし渋谷のスクランブル交差点
ヘ( ̄∇ ̄ヘ;)。。。コソコソ

| | コメント (2)

ハツカダイコンの若い果実

古い文献ですが、杉本順一・著の
改訂増補・日本草本植物総検索誌(通称・杉本検索誌)で、
アブラナ科ダイコン属の植物を
同定するための検索表を見ると…

ハツカダイコンは、
「C1 若い果は多少有毛.」のところに、
ダイコンは
「C2 若い果は多少無毛.」のところにあります。

つまり、ハツカダイコンの若い果実には、
多少の毛がある…ということです。

それを確かめようと思い、
ハツカダイコンを育ててみました。

ハツカダイコンは、前々から花期~果実期の
良い写真を撮りたいと思っていたのですが、
案外気難しいんですよね(>ω<。)

トウが立つ頃には、高温や乾燥、
虫さん、病気などで株が傷んでしまうことが多く、
きれいに咲かせられない…

でも今年は、きれいに咲いてくれました(*´▽`*)

Photo
(※写真はクリックで拡大)

で。果実ができはじめたので
さっそく見てみると…

あぁ、確かに、言われてみれば、
少し毛があります!(≧▼≦)ノ

1
(※写真はクリックで拡大)

2
(※写真はクリックで拡大)


杉本検索誌によれば、
ダイコンの若い果実は無毛とのこと。

そういえば、これはまだ
確かめていませんでした。

でも、実際はどうなんだろう…。

もともと変異の大きなダイコン類だから、
若い果実の毛の有無で
線が引けるものなのかは未知数です。

ていねいに探索すれば、
ダイコンとされているものの中にも、
若い果実に毛があるタイプも存在するかもしれません。

| | コメント (4)

「渋谷駅前」交差点って…

4月25日夜は、仕事の関係で
東京の渋谷で宿をとりました。

渋谷駅に着いてから、
事前に印刷しておいた地図で
宿の場所を確認すると…

ここからだと、「渋谷駅前」交差点と
「道玄坂下」交差点を経由すれば、
分かりやすいかな。

この選択が悲劇の始まりでした(/||| ̄▽)/

じつはわぴちゃん、知らなかったんです…。


「渋谷駅前」という名前の交差点が
あの悪名高き、有名な
「渋谷のスクランブル交差点」であるということを…

生まれて初めての
渋谷のスクランブル交差点…。

はい。強烈な都会の洗礼を浴びてしまいました

向こう側から壁のように押し寄せてくる人の波…
後ろからも容赦なく押し寄せてくる人の波…
人の波にただ押し流されるわぴちゃん

そして真ん中で、向こう側の人の波と
こちら側の人の波が交差…。
みなスムーズにすれ違っていくのですが、
わぴちゃんは、ぶつかりそうなのが怖くて、
うまくかわせず、身動きも取れなくなって、
ただただ、うろかろしてしまいました(>ω<。)

流れを乱してしまったかもしれません。
申し訳ございませんでしたm(_”_)m

そのあとの「道玄坂下」交差点も
それなりのスクランブル交差点だったのですね

どちらも、なんとか青信号のうちに
渡りきりましたが、半泣き状態でしたo_ _)oパタ

27日夜現在、わぴちゃんの
回復状況はまだ10%くらいです。
おそるべし渋谷のスクランブル交差点…o_ _)oパタ

| | コメント (6)

おぬしもか…

またまたディープなタンポポネタですみません
ヘ( ̄∇ ̄ヘ;)。。。コソコソ

2月に長野県内で
サンプリングした外来系タンポポ。

1
(※写真はクリックで拡大)

_
(※写真はクリックで拡大)

こちらも、葉が細かく切れ込むタイプです。
しかもなんか個性的な切れ込みです(^-^;)

4月上旬花が数輪咲きましたが、
総苞片は反りかえり、先に突起はありません。

2
(※写真はクリックで拡大)

__2
(※写真はクリックで拡大)


やはりアカミ系になるのかな?
なーーーんて思ってみていたのですが、

__3
(※写真はクリックで拡大)

おぬしもアカミ系ではないのか…

ただ、褐色系ではあるものの、
ほかの外来タンポポ種群と比べると、
黒味が強くて、暗褐色という感じですね。

ということで、やはり葉の切れ込みを
アカミか否かの判断材料にするのは
やめたほうが良さそうですね。

| | コメント (14)

切れ葉型だけど…

タンポポネタです(^-^;)
しかもかなーーーーりマニアックかもしれません。

昨年の8月末、西洋野菜・ハーブ苗として売られていた
タンポポを購入しました。

_1
(※写真はクリックで拡大)

葉の切れ込みがやたら細かいのが気になったためです。

コンテナに植えつけ、そのまま越冬させたところ、
4月初旬に花を次々と咲かせました。

_2
(※写真はクリックで拡大)

横から見ると、外側の総苞片は、
はっきりと反りかえり、先に突起はありません。

_3
(※写真はクリックで拡大)


タンポポの葉のかたちは、もって生まれた性質とは別に、
環境や時期によっても左右される傾向があります。

ただ、この株は、ずっと変わらずに
切れ込みの細かい葉を出し続けているので、
環境要因ではなく、そういう個性を持った系統と言えそうです。

_4
(※写真はクリックで拡大)


細かく切れ込む葉の外来系タンポポというと、
アカミタンポポ(Taraxacum laevigatum)を
連想する人も多いかもしれませんね。

アカミタンポポは、外来系タンポポのうち、
タネの色が赤っぽいものを指します。

わぴちゃんも初めは「アカミ系かなぁ…」と
思っていたのですが、できたタネは淡い褐色でした。

_5
(※写真はクリックで拡大)

_6
(※写真はクリックで拡大)


普通の色のタネをつける外来タンポポで、
これだけ葉が細かく切れ込む系統は、
わぴちゃん自身、初めて見たかもしれません。

続きを読む "切れ葉型だけど…"

| | コメント (3)

もうアジアイトトンボが…

昨日(4/12)の昼下がり…。

帰宅して、ふと簡易池に目をやると、
枯れ枝にアレの姿が目に飛び込んできました。

まさか、まだ早いよね?

0412
(※写真はクリックで拡大)

…その、まさかでした。
羽化したてのアジアイトトンボさん。

生物季節観測として初見日の記録を
きちんと取っているわけではありませんが、
例年だと5月上旬以降…
早くても4月下旬ごろなので、
ちょっと不意をつかれてしまいました(^-^;)

| | コメント (9)

ベニヘリテントウ

朝方、庭で作業をしていたとき、
わぴちゃんの目の前に
飛び込んできたのがこの子です。

Photo
(※写真はクリックで拡大)

w( ̄△ ̄;)w おおっ!

ベニヘリテントウくんではありませんかぁーー
わぴちゃんにとって初見の昆虫です(*´▽`*)

紅色の縁どりがとってもきれい(*´▽`*)

全身に細かい毛がびっしりと生えているのも
ベニヘリテントウくんの特徴のひとつです。

でも、薄暗い時間帯に慌てて撮影したから
あまり良い写真じゃないのが心残りかな…

またお庭に来てくれるかなぁ…

うちには、ベニヘリテントウくんの好物、
ワラジカイガラムシの類は、
あまりいないから、難しいかなぁ…

| | コメント (3)

ガガイモの発芽

ガガイモって、わぴちゃんの中では、
タネを蒔いてもあんまし出なさそうーーー
というイメージのある植物でした。

なもんで、ダメもとでという感覚で、
ガガイモのタネを蒔いてみたのですが、
1週間もかからず、あっさりと発芽…。

拍子抜けしましたo_ _)oパタ

ということで、ガガイモの発芽シーンです(*´▽`*)

2
(※写真はクリックで拡大)

1
(※写真はクリックで拡大)

| | コメント (6)

なないろ日和!に出演予定

明後日4/4(水)、
なないろ日和に出演します(*v_v)o

----------------------------
◆番組概要◆

2018年4月4日(水) 9:28~11:13

テレビ東京系列「なないろ日和!」
----------------------------

地上波の放送エリアは関東広域圏ですが、
BSジャパンでも見られます☆

もし良かったら
見てやってくださいね(*v_v)o

| | コメント (9)

ケカタバミ

------------------------
まず、本日(4/1)。
関宿城博物館で開催された
『わぴちゃん先生のミュージアムトーク』
来てくださった皆さんありがとうございました(≧▽≦)ノ

すっごくたくさんの方が来てくださって、
わぴちゃん自身、とても楽しいヒトトキを
過ごすことができました☆
------------------------

そして、今日の本題です☆

今回の西日本旅行では、
文句なしにケカタバミと同定できる株を
見ることもできました(*´▽`*)

ケカタバミは、カタバミの変種で、
葉の面の部分や、茎などに
白い毛がびっしりと生えるものです。

1
(※写真はクリックで拡大)

2
(※写真はクリックで拡大)


暖かい地域の海岸に多いとのことですが、
今回わぴちゃんが見つけたのも、
河口付近の草地でした。

あぁ。本場のケカタバミは、
こんなに毛深いものなのね。
と妙に納得してしまいました(^-^;)

じつは、わぴちゃんの既刊
『雑草と野草がよーくわかる本』にも、
ケカタバミは載せてありますが、
普通のカタバミに比べると
いくらか毛深いかなあ…ってレベルで、
あまり納得のできるものではないのですよね。

それに、載せた写真もイマイチですし(^-^;)

そのため、今回ケカタバミの良い写真が撮れたのも
大きな収穫のひとつだったと言えます(*´▽`*)

| | コメント (2)

« 2018年3月 | トップページ | 2018年5月 »