« 「渋谷駅前」交差点って… | トップページ | 2018年シオカラトンボ初見です »

ハツカダイコンの若い果実

古い文献ですが、杉本順一・著の
改訂増補・日本草本植物総検索誌(通称・杉本検索誌)で、
アブラナ科ダイコン属の植物を
同定するための検索表を見ると…

ハツカダイコンは、
「C1 若い果は多少有毛.」のところに、
ダイコンは
「C2 若い果は多少無毛.」のところにあります。

つまり、ハツカダイコンの若い果実には、
多少の毛がある…ということです。

それを確かめようと思い、
ハツカダイコンを育ててみました。

ハツカダイコンは、前々から花期~果実期の
良い写真を撮りたいと思っていたのですが、
案外気難しいんですよね(>ω<。)

トウが立つ頃には、高温や乾燥、
虫さん、病気などで株が傷んでしまうことが多く、
きれいに咲かせられない…

でも今年は、きれいに咲いてくれました(*´▽`*)

Photo
(※写真はクリックで拡大)

で。果実ができはじめたので
さっそく見てみると…

あぁ、確かに、言われてみれば、
少し毛があります!(≧▼≦)ノ

1
(※写真はクリックで拡大)

2
(※写真はクリックで拡大)


杉本検索誌によれば、
ダイコンの若い果実は無毛とのこと。

そういえば、これはまだ
確かめていませんでした。

でも、実際はどうなんだろう…。

もともと変異の大きなダイコン類だから、
若い果実の毛の有無で
線が引けるものなのかは未知数です。

ていねいに探索すれば、
ダイコンとされているものの中にも、
若い果実に毛があるタイプも存在するかもしれません。

|

« 「渋谷駅前」交差点って… | トップページ | 2018年シオカラトンボ初見です »

*野菜・有用作物*」カテゴリの記事

コメント

他のアブラナ科のものに比べて小さな株が畑で咲いているのを、昨日、見かけて、何の花だろうと思ったばかりでしたけど、ハツカダイコンでしたか。

今、ウチで咲いてるルッコラの花を小さくした感じ。

アブラナ科は、そこらに生えてる雑草も、栽培種も、モノが違うと、だいぶ変化が激しく、種類も多くて、ボクは花を見ただけじゃ、ぜんぜん区別ができませぬ(笑)。

でも、かわいい花で好きですね、アブラナ科。

ウチの畑じゃ、植えたそばから、ダンゴ虫くんがムシャムシャするので、冬以外、なかなか作れませんが…。

投稿: くず | 2018/04/28 10:09

◆くずさん

くずさん、こんばんは☆

ハツカダイコンの咲いている姿って、
やっぱりダイコンと比べるとちょっとちがう感じがするよね。

根を見なくても、咲きかたで何となく見当ついちゃう。

アブラナ科は虫さんにとっても、
やっぱり美味なのか、いろいろくるもんね(^-^;)

このハツカダイコンにも、
モンシロチョウの幼虫が何匹も現れてね。
見つけ次第、少し離れた場所に
逃がしてあげていたよ。

投稿: わぴちゃん☆ | 2018/04/28 20:55

母の実家で海辺の砂浜に生えていた
ハマダイコンの実を食べました。
茹でてマヨネーズでね。
インゲン豆みたいで美味しかった。

同じような系統かしら?
こちらは毛は無かったような・・・。

投稿: barara | 2018/05/05 22:44

◆bararaさん

barara さん、こんばんは☆

わぴちゃんもハマダイコンの果実を
ゆでて食べたことがあるよ☆
マヨネーズがよく合うよね(*´▽`*)

ハツカダイコンもダイコンもハマダイコンも、
分類上はぜんぶ同じ種類で、
お互いに変種くらいの関係になっているよ。

だから、かなり似通っているのかも。

投稿: わぴちゃん☆ | 2018/05/07 17:34

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「渋谷駅前」交差点って… | トップページ | 2018年シオカラトンボ初見です »