« タイワンタケクマバチいっぱい | トップページ | ツメクサの小さな発見 »

リムナンテス(Limnanthes douglasii)

園芸植物として栽培される
リムナンテス(Limnanthes spp.)…。

園芸種を扱った図鑑にも
わりと登場する花ですが、
あまり普及はしていないようで、
見かける頻度は低いかもしれません。

分類上の位置づけが興味深く、
なんと「リムナンテス科リムナンテス属」です(^-^;)

※ラテン語表記上の関係から、
リムナンタ科と書くこともあります。

ユニークな科名つながりとして、
例のルリカラクサ(ネモフィラ)が
以前はハゼリソウ科に分類されていました。

ところが、DNA解析をもとにした
新しい分類体系では、
ハゼリソウ科がムラサキ科に吸収された(/||| ̄▽)/

り、りむなんてす…も、
フウロソウ科あたりに??
ネタがなくなるじゃん(>ω<。)

と、ひやひやしましたが、
リムナンテス科はリムナンテス科として
ちゃんと残ったようです(^-^;)

リムナンテス科リムナンテス属の植物は
10種類程度ありますが、
園芸植物として栽培されるのは、
ダグラシー(Limnanthes douglasii)です。

真ん中黄色、外側白色の花の雰囲気が、
ポーチドエッグを連想させることから、
ポーチドエッグ・プランツとも呼ばれます。

なぜか日本名はありません(^-^;)


わぴちゃん、リムナンテスを
タネから育てていたのですが、
この数日で開花しました☆

発芽から開花までの写真を
時系列で並べておきますね(*v_v)o

※移植を嫌うとのことなので、
ポットに撒いて発芽させた後、
定植はポットごと埋めるかたちにしました。

Photo_2
(※写真はクリックで拡大)

2_2
(※写真はクリックで拡大)

3_2
(※写真はクリックで拡大)

4_2
(※写真はクリックで拡大)

5_2
(※写真はクリックで拡大)

6_2
(※写真はクリックで拡大)

|

« タイワンタケクマバチいっぱい | トップページ | ツメクサの小さな発見 »

*園芸植物*」カテゴリの記事

コメント

ヒィ〜〜〜〜〜〜!!!

投稿: ちか | 2018/05/29 11:19

◆ちかさん

ちかさん、こんにちは☆

あれあれ?
どうしたのかな??

投稿: わぴちゃん☆ | 2018/05/29 14:08

最初読んでたら
難しくて
途中で
ヒィ〜〜ってなったのだよ!

この時間わぴちゃんお家にいたのか...

投稿: ちか | 2018/05/29 15:13

◆ちかさん

ちかさん、こんばんは☆

難しい内容になっちゃってごめんね(^-^;)

今日はおうちでパソコンに向かって
仕事をしているよん

投稿: わぴちゃん☆ | 2018/05/29 18:04

>例のルリカラクサ(ネモフィラ)
花の黄色い部分を青に変換すると・・
確かにネモフィラ風
此間までネモフィラ情報があふれていたけど・・・
σ(-_-;)には園芸品種を数万本も植えるセンスが判らん。
 ̄Д ̄ =3 ハァーー

投稿: アライグマ | 2018/05/29 18:54

◆アライグマさん

アライグマさん、こんばんは☆

リムナンテスの果実、
もう少し成熟したものの写真が撮れてから
記事にアップしようと思っているけど、
この辺の分類を考えるうえで
なかなか興味深い形態をしているよ~

わぴちゃんもどちらかと言えば、
野原のような雑多感が好きだけど、
一面の群生も案外キレイなものよ~
おほほほほ(ΦωΦ)

どうせだったら、
その地にもともと生えている
身近な日本の野花を
活用してみると良いのにと
思うときはあるけどね。

ホトケノザとか、ムラサキサギゴケとか、
ツユクサとか、群れるときれいだもんね。

投稿: わぴちゃん☆ | 2018/06/05 23:11

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« タイワンタケクマバチいっぱい | トップページ | ツメクサの小さな発見 »