« 2018年5月 | トップページ | 2018年7月 »

そして、夜の試し撮り

先ほど、食事の帰りに、新マクロレンズで、
夜の生きものたちの試し撮りをしてみました(*v_v)o

やはり、新しいマクロレンズは
性能が格段に向上していますね(^-^;)

今まで、夜間散策で出会った
微小サイズの虫さんたちは、
技術的な問題でその大部分を
スルーせざるを得なかったのですが、
これが見事に解決していました(*´▽`*)

_1
(※写真はクリックで拡大)

_2
(※写真はクリックで拡大)

_3
(※写真はクリックで拡大)

_4
(※写真はクリックで拡大)

_5
(※写真はクリックで拡大)


そういえば、今日は一日、
なんか自律神経系が不調気味でした(>ω<。)

季節の変わり目だからか、
心の疲れがたまっているのか、
その両方なのかは分かりませんけどね(´・ω・`)

| | コメント (7)

マクロレンズ新調

わぴちゃんが普段使い用に
持ち歩いているマクロレンズ。

何年も愛用してきましたが、
もうそろそろ変えどきかなぁ…
という状況になっていました。

そこで、マクロレンズを新調し、
本日から使いはじめました(*v_v)o

今まで使っていたものは
もう販売終了になっていたので、
これを機に少しグレードを上げました(^-^;)

今までついてなかった手振れ補正機能がつき、
レンズ単体の倍率が最大0.5倍から等倍になりました。

今までも、中間リングの組み合わせ技で
相当な倍率を出していましたが、
もっと簡単にそれ以上の倍率が出せるようになりました。

以下、日中に試し撮りしたものです。
ノートリミング(切り取り拡大無し)で、
解像度のみWeb用に下げてあります。

2
(※写真はクリックで拡大)

4
(※写真はクリックで拡大)

5
(※写真はクリックで拡大)

1
(※写真はクリックで拡大)


ノートリミングでここまでの
倍率が出せるのに感動しました(*´▽`*)

| | コメント (4)

やさしそうなお顔(*v_v)o

毎年この時期になると
姿を現しはじめるゴマダラカミキリくん

Photo
(※写真はクリックで拡大)

カミキリムシの仲間では、
最も身近で知名度が高い種類かもしれません。

捕まえるとチーチー音を出して威嚇し、
噛まれるとかなり痛いのですが、
その正面顔を見てみたら、
意外にやさしそうなお顔をしていました(*v_v)o

Photo_2
(※写真はクリックで拡大)

| | コメント (5)

トンボさんが続々☆

本日6月24日は
ノシメトンボの初見日となりました。

0624
(※写真はクリックで拡大)

昨年はなぜか7月31日と
極端に遅かったのですが、
今年は早くもなく遅くもなく、
ほぼ例年どおりと言えそうです。

----------------------------
【参考】過去のノシメトンボ初見日

2018年…6月24日(今回)
2017年…7月31日
2016年…6月30日
2015年…6月15日
2014年…6月19日
2013年…6月15日
2012年…6月21日
2011年…6月20日
2010年…6月17日
2009年…6月20日
2008年…6月19日
2007年…6月19日

※この記録は、気象庁公式ではなく、
わぴちゃんオリジナルの観測データです。
※観測点は千葉県野田市(旧・関宿町)です。

※データの引用はご自由にどうぞ☆
----------------------------

そしてもうひとつ、
ちょっと前の話ですが、
6月17日に、アキアカネの初見を
確認しているので、
あわせて載せておきますね。

0617
(※写真はクリックで拡大)


気象庁の観測種目にも
「あきあかね初見日」はありますが、
それは、
「秋になって平地に下りてきた個体」
を対象にしています。

わぴちゃんも、
「秋になって平地に下りてきた個体」
の初見日をとっていますが、
それとは別に、初夏に羽化した個体の
初見日も取っています。

今回の初見は後者、
初夏に羽化した個体です。
この後、この子たちは
避暑のため山へと旅立ちます。

----------------------------
【参考】過去のアキアカネ初見日(羽化直後)

2018年…6月17日(今回)
2017年…6月18日
2016年…6月23日
2015年…6月15日
2014年…6月19日
2013年…6月27日
2012年…6月17日
2011年…6月29日
2010年…6月19日

※この記録は、気象庁公式ではなく、
わぴちゃんオリジナルの観測データです。
※観測点は千葉県野田市(旧・関宿町)です。

※データの引用はご自由にどうぞ☆
----------------------------

| | コメント (5)

アメリカネナシカズラの発芽

さっき、真面目な記事を投稿したので、
今日はもう一つ、ゆるめの記事を書いておきます☆

長年の懸案だった、
アメリカネナシカズラの発芽シーン。

ついに撮影に成功しました☆

Photo
(※写真はクリックで拡大)


アメリカネナシカズラ自体は珍しいものではなく、
その気になればいつでもできるのですが、
そういうのに限ってなかなかやらない…んですよね
ヘ( ̄∇ ̄ヘ;)。。。コソコソ


ただ、発芽率があんましよくないですね。

昨年採種したものを相当数蒔いたのですが、
芽を出したのはこれだけです。

| | コメント (2)

ファイトプラズマのしわざ?

本日、買い物に行く途中でちょっと寄った空き地に、
一見するとオッタチカタバミのようだけど、
なんか変な感じの個体群がありました。

4
(※写真はクリックで拡大)

5
(※写真はクリックで拡大)

3
(※写真はクリックで拡大)

2
(※写真はクリックで拡大)


うーーーん。なんだろう…

最初は、未知の外来種かとも思ったけど、
結実率がかなり悪いし、
もしかしたら、ファイトプラズマに感染して、
花が葉化しちゃったオッタチカタバミな…の…かな?

少し採集して、栽培しながら
観察することにしました。

| | コメント (5)

ヨツボシハムシ(*´▽`*)

一昨日のこと。
庭で作業していた時に、
ヨツボシハムシちゃんの姿を見つけました。

Photo
(※写真はクリックで拡大)

慌ててカメラを持ってきて撮影☆

小さい上に動きがすばしっこいので、
ちょっとピンが甘くなりましたが、
かろうじて使用に耐えうる写真が撮れました

ヨツボシハムシは、初見ではないのですが、
撮影に成功したのは今回が初めてです(*v_v)o

アトボシハムシに似ていますが、斑紋は4つ。
カラスウリなどを食草としているようです。

アトボシハムシもどちらかと言えば
少数派の部類ですが、
ヨツボシハムシは、
それ以上に遭遇頻度が低いので、
なんとか写せてよかったです☆

そして、庭に生息していることが
分かったのもよかった☆

アトボシハムシは庭でたびたび見かけるのですが、
ヨツボシハムシまでいるとは思わなかったのです
( ̄∇ ̄*)ゞえへへっ♪

また出会えると良いな☆

| | コメント (2)

ウラナミアカシジミ

今日は1日雨降りでしたね。

雨が降ると、身体がずーーんと
だるくなるわぴちゃんですo_ _)oパタ

昨日の話ですが、
ウラナミアカシジミちゃんを
見つけたので、
その写真を載せますね(*v_v)o

1
(※写真はクリックで拡大)

2
(※写真はクリックで拡大)

シジミチョウは、
おめめがくりくりしていて
かわいいですのぅ(*´▽`*)

| | コメント (5)

リムナンテスの果実

5月28日の記事で紹介した
リムナンテス…。


リムナンテス(Limnanthes douglasii)※5月28日の記事へ


リムナンテス科リムナンテス属という
分類上ユニークな位置づけにある植物ですが、
その果実ができたので写真を載せますね☆

1
(※写真はクリックで拡大)

2
(※写真はクリックで拡大)


なんだろう…。
いろいろと考えさせられる
不思議なかたちです(^-^;)

おまけで、リムナンテスに雰囲気が似ている
ルリカラクサ(ネモフィラ)の写真も添えておきますね。
ルリカラクサはムラサキ科(旧・ハゼリソウ科)です。

Photo
(※写真はクリックで拡大)

ムラサキ科は一部の例外を除いて、
4分果という形態になります。

ルリカラクサは朔果ぽい形態ですね。
果実の形態だけ見ると、
ムラサキ科というよりは、
ハナシノブ科に近そうな気もするけど、
やはり奥が深いですね。

| | コメント (3)

ツウなカメムシくん

今日は会議のためにお出かけしていました。

その途中に、カナビキソウが
生える草むらがあって、
もしかしたら、あの子、いるかな?
と思って寄ってみました(*v_v)o

1
(※写真はクリックで拡大)

いたいた!!

シロヘリツチカメムシくんです(*´▽`*)

食草が「カナビキソウの果実」
という、なんともツウなカメムシくんです。

体の色は真っ黒ではなく、
深い藍色という感じで、
名前の通り白い縁どりがあります。

まだ翅がのびきっていない幼虫の段階では、
腹部の紅色が目立って、さらに美しいです(*´▽`*)

2
(※写真はクリックで拡大)

| | コメント (10)

見映えのするミバエ

タイトルは、
書いてみたかっただけです
ヘ( ̄∇ ̄ヘ;)。。。コソコソ

一昨日の話ですが、
ヒラヤマアミメケブカミバエ
というハエ目ミバエ科の昆虫を
写すことができました(*´▽`*)

Photo_2
(※写真はクリックで拡大)

小さな虫さんですが、
翅の水玉模様がとってもオシャレ♪

なかなか見映えのする子です(*´▽`*)

情報不足で詳しい生態などは
よく分かりませんが、
ヨモギが好物のようです。

| | コメント (7)

2007年以降最早(^-^;)

6月1日、サルスベリの開花を確認しました(^-^;)

0601
(※写真はクリックで拡大)

2007年以降、最も早い記録です。

これまでの最早記録が
2017年の6月18日でしたので、
それよりも18日も早く、ずば抜けています(^-^;)

どうせ、ずば抜けた早さになるんだったら、
思い切って5月中に咲いてほしかったなぁ…
なんちゃって。
ヘ( ̄∇ ̄ヘ;)。。。コソコソ

気象庁の生物季節観測と同様に、
あらかじめ決めておいた樹全体に
5~6輪咲いたのを確認したら「開花」としています。

-------------------
【参考】過去のサルスベリ開花日

2018年…6月1日(今回)
2017年…6月18日
2016年…7月3日
2015年…7月13日
2014年…6月27日
2013年…8月4日
2012年…7月11日
2011年…7月13日
2010年…7月9日
2009年…7月18日
2008年…7月14日
2007年…7月13日

※この記録は、気象庁公式ではなく、
わぴちゃんオリジナルの観測データです。
※観測点は千葉県野田市(旧・関宿町)です。

※データの引用はご自由にどうぞ☆
-------------------

| | コメント (3)

ツメクサの小さな発見

ある雨上がりの朝、
雨に濡れたツメクサの姿を見て、
ふとあることが脳裏をよぎりました。

Photo
(※写真はクリックで拡大)

1
(※写真はクリックで拡大)

2
(※写真はクリックで拡大)


これ…もしかして…ツメクサって…

さぁ、わぴちゃんがこの姿を見て、
思いついたことは何でしょう
ヘ( ̄∇ ̄ヘ;)。。。コソコソ

続きを読む "ツメクサの小さな発見"

| | コメント (6)

« 2018年5月 | トップページ | 2018年7月 »