« リムナンテス(Limnanthes douglasii) | トップページ | 2007年以降最早(^-^;) »

ツメクサの小さな発見

ある雨上がりの朝、
雨に濡れたツメクサの姿を見て、
ふとあることが脳裏をよぎりました。

Photo
(※写真はクリックで拡大)

1
(※写真はクリックで拡大)

2
(※写真はクリックで拡大)


これ…もしかして…ツメクサって…

さぁ、わぴちゃんがこの姿を見て、
思いついたことは何でしょう
ヘ( ̄∇ ̄ヘ;)。。。コソコソ

ツメクサの果実は成熟すると、
上を向いたままお花のように開いて、
その中からタネが顔を出します。

もちろん、何らかの振動をきっかけに
こぼれ落ちるというのも多いとは思うのですが、
雨のしずくが当たって、
ぴちゃんと跳ねた勢いでタネを撒き散らす
「雨滴散布」もやっているのでは?

と、思ったのでした。


千葉県植物誌には、個々の植物の
生態が細かく記載されていて、
種子散布形態も書いてあるので、
一応確認したところ…。

ちゃんと「雨滴散」って
書いてあるじゃーーーん(/||| ̄▽)/

雑草を愛してやまないわぴちゃん。

キングオブ雑草とも言えるツメクサは、
いとおしいくらいの存在だったのですが、
XX年観察していて、
これに気づいていなかったなんて、
まだまだ愛が足りないですね(^-^;)


「見慣れた草の些細なふるまい」

最初の頃はいちいち感動していたのですが、
経験値が増えてくると、どうしても…

ありふれたツメクサの小さな発見に感動して
初心に立ち返ったような気持ちです
( ̄∇ ̄*)ゞえへへっ♪

|

« リムナンテス(Limnanthes douglasii) | トップページ | 2007年以降最早(^-^;) »

*身近な野草*」カテゴリの記事

コメント

うーーーみゅ
猫の目と同じ雨滴散布みたいですね。
ヾ(--;)
そう言えば近所で目立つハマツメクサはアスファルトなどの裂け目に多い。
(*_ _)人 阿耨多羅三藐三菩提

投稿: アライグマ | 2018/06/01 22:05

ツメクサ,雨滴散布ですよね。
我が家の庭でも芝生に紛れてぞくぞく生えてきています。

アスファルトの裂け目のツメクサ(かハマツメクサ),ものすごくやっかいです。
我が家の周囲のを除草しても,雨で流れてくるからきりがありません。

投稿: hal-co | 2018/06/01 23:20

雨のしずくで種を散布することを
「雨滴散」というのですね。

植物が花粉や種を
誰にどうやって運んでもらおうか
どんな方法を採用しようか?って
それぞれに知恵を出して考えてるみたいで
想像すると楽しくなります(^^)

小さな花の小さな種。
庭のツメクサを虫めがねで見てみます。

投稿: まゆこ | 2018/06/04 12:08

◆アライグマさん

アライグマさん、こんばんは☆

そうそう。ネノコメソウと同じだよね。

今まで、雨滴散布を紹介するのに
ネコノメソウとかフデリンドウとか、
ユウゲショウとかを例として挙げていたけど、
足元にもっと身近な
ツメクサがあったんじゃんってね。


◆hal-coさん

hal-coさん、こんばんは☆

ツメクサ、群れて咲くと
案外キレイなんだよね(*´▽`*)

環境が悪いと閉鎖花で完結して
愛らしくなくなるけど(^-^;)

アスファルトのすき間のハマツメクサは、
すき間にぴったりとはまって、
簡単に取れないようになっているから、
あれは上手な生き残り戦略だなぁって
思って見ているよ~

まぁ、大目に見てあげて♪
( ̄∇ ̄*)ゞえへへっ♪


◆まゆこさん

まゆこさん、こんばんは☆

雨滴散は、略語的表記で、
雨滴散布と言うほうが多いかもしれません。

略語って言っても、
1字しか省略になっていないけど(^-^;)

花粉やタネを運ぶ方法って、
それだけで何冊も本が出るほど
すっごく奥が深くて、
好奇心がくすぐられる分野です(*´▽`*)

同じ散布型でも、種類によって
その方法に個性があったりして、
それを見るのも面白いです(*´▽`*)

同じ雨滴散布のユウゲショウは、
雨で濡れると数分のうちに果実が開き、
雨がやんで乾いてくると果実が閉じるという
徹底っぷりですよ☆

ツメクサのタネはめちゃくちゃ小さいので
大変ですがぜひぜひのぞいてみてくださいね。

身近な場所には、
スパイクみたいなボツボツがあるツメクサと、
ボツボツがなくて滑らかな
ハマツメクサの2種類があります☆

投稿: わぴちゃん☆ | 2018/06/05 23:24

毎年ユウゲショウが庭で咲きます(^^)

以前、スズメガの幼虫を育てたことがあって
ユウゲショウの葉しか食べない種類だったので
成長と共に大食漢になっていくイモムシのために
近所でユウゲショウを探し回りました(笑)

それがとても大変だったので
昆虫の食草は自給自足にしようと思って
自宅の庭に種を蒔いたら・・・凄いことになってます。

ユウゲショウの果実にはそんな不思議があったんですね!
検索したら2008年にわぴちゃんが書かれた
「水かけ実験」の記事を読むことができました。
今年、種ができたらやってみます(^^♪

投稿: まゆこ | 2018/06/06 15:25

◆まゆこさん

まゆこさん、こんばんは☆

ユウゲショウは、
お花が可愛くてよいですよね(*´▽`*)

繁殖力がすごいので、
そこここに
繁茂しちゃっているけど…(^-^;)

そういえば、わぴちゃん、
白い花を咲かせる
ツキミソウを育てたことがありましたが、
あのときもスズメガの幼虫が来ていました。

今ぱっと名前が出てこないのですが、
どうもユウゲショウとかツキミソウとか
そのあたりの仲間を食べる種類がいるようですね。

あのときはツキミソウが食い尽くされないように、
近くの野原で食草のところに逃がしましたけどね。
( ̄∇ ̄*)ゞえへへっ♪

水かけてから開くのに
2-3分くらいだったと思います。
ぜひぜひ試してみてくださいね(*´▽`*)

投稿: わぴちゃん☆ | 2018/06/07 22:23

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« リムナンテス(Limnanthes douglasii) | トップページ | 2007年以降最早(^-^;) »