« 2018年8月 | トップページ | 2018年10月 »

個性的なガガンボくん

出先で、不思議な虫さんがいるなぁーと思って
観察してみたら、ガガンボの仲間でした。

Photo
(※写真はクリックで拡大)

この止まりかた…とても個性的で良いですね(*´▽`*)

何かに化けたつもりになっているのかな?

ちなみにガガンボの仲間は、それだけで
分厚い図鑑ができるほどに種類が多い上に、
その実態もまだよくわかっておらず、
名前すらついていない種類もたくさんいると言います。

また、顕微鏡レベルで観察しないと、
種類を同定することができないのも厄介な点です。

ということで、このガガンボくんも種類は不明です。
ヘ( ̄∇ ̄ヘ;)。。。コソコソ

余談ですが、今年は運転免許の更新年で、
この間、行ってきました(*v_v)o

その時に申請したSDカード、本日届きました(*´▽`*)

次回の更新がゴールドだった場合、
いよいよSDカードの最上位、
SDスーパーゴールドを
手にすることができます(≧▽≦)ノ

年がバレるので、年数は書きません(無駄な抵抗)
ヘ( ̄∇ ̄ヘ;)。。。コソコソ

| | コメント (3)

アキアカネが帰ってきた♪

9月22日は、とある気象観測施設(屋外)の
見学会でお出かけしていました。

その見学会の最中、わぁーーーーーーっと
アキアカネの大群が押し寄せてきました(*´▽`*)

夏のあいだ、山で避暑をしていた
アキアカネちゃんたちが、
平地に帰ってきたのです(*´▽`*)

アキアカネちゃん、お帰りなさい(*v_v)o

が、これは出先のことですので、
定点観測が基本の生物季節観測では
記録としては扱えません。
ヘ( ̄∇ ̄ヘ;)。。。コソコソ

わぴちゃんの生物季節観測では、
アキアカネ(色づき個体)の初見日記録は、
自宅周辺を定点にしています。

おそらくこのとき、同じタイミングで
確認できた可能性が高いのですが、
わぴちゃんが、観測点で目撃していないので、
やはり記録にはできません。
ヘ( ̄∇ ̄ヘ;)。。。コソコソ

そして翌朝、わぴちゃんちの周りでも、
山から帰ってきてすっかり赤くなった
アキアカネちゃんの姿をきっちりと目で確認し、
撮影することができました☆

0923
(※写真はクリックで拡大)

ということで、わぴちゃん観測の
2018年のアキアカネ(色づき個体)初見日は、
9月23日になります。

過去の記録と照らすと、
極端に早くもなく遅くもなく、
平年並…という感じでしょうか。

--------------------
【参考】アキアカネ(色づき個体)初見日の推移

2018年…9月23日(今回)
2017年…9月18日
2016年…9月21日
2015年…9月20日
2014年…9月21日
2013年…9月21日
2012年…9月27日
2011年…9月30日
2010年…10月2日
2009年以前…未観測

※この記録は、気象庁公式ではなく、
わぴちゃんオリジナルの観測データです。
※観測点は千葉県野田市(旧・関宿町)です。

※気象庁の観測種目では、
「あきあかね初見」に相当するものです。

※出典さえ明示していただければ、
ご自由に引用してくださって構いません☆
--------------------

| | コメント (2)

コヒガンバナ

わぴちゃんも所属している某所(※)では、
毎年この時期になると、「季節のたより」として
ヒガンバナ(Lycoris radiata)の開花情報が話題になります。

※別に隠す必要はないんですけどね(^-^;)

ヒガンバナの開花日は、生物季節観測としても有用ですが、
記録を取る際には、コヒガンバナの存在に留意が必要です。


コヒガンバナ(var. pumila)は、
別名シナヒガンバナとも言い、ヒガンバナの2倍体変種です。

3倍体のヒガンバナは、結実できませんが、
コヒガンバナにはちゃんとタネができます。

そして、ヒガンバナと比べて花期が
2~3週間ほど早いという特徴があります。

生物季節観測のときに厄介なのは、花時の姿だけだと
ヒガンバナとの区別がほとんどつかない点でしょうか(^-^;)

強いて言えば、若干ヒガンバナよりも繊細なようにも見えますが、
個体差も大きくあまり識別点としては使えません。

コヒガンバナはかつてはまず見かけないものでしたが、
近年はヒガンバナも園芸植物としての人気が出てきており、
コヒガンバナもわりと見かけるようになってきました。

そのため、何らかの拍子にコヒガンバナが
紛れ込む可能性は否定できず、
うっかりそれを開花日として拾ってしまうと、
生物季節観測としての精度が落ちてしまう可能性があります。

以下、昨年(2017年)の9月3日に撮影したコヒガンバナです。

2_2
(※写真はクリックで拡大)

3
(※写真はクリックで拡大)

1_2
(※写真はクリックで拡大)

1_3
(※写真はクリックで拡大)

2_3
(※写真はクリックで拡大)

この段階でだいぶ花が咲き進んでいて、
果実も結構できていますね。

なので、ヒガンバナの開花がいやに早いなと思ったら、
備考として「コヒガンバナの可能性あり」として、
後で、その株が結実するか確認したうえで
記録に入れるのが現実的かもしれませんね。

| | コメント (6)

造形の妙

おひさしぶりです(^-^;)
わぴちゃんは生きていますo_ _)o

歯の治療をがんばったら、
ちょっとがんばりすぎたようで、
しばらく抜け殻になっていました
ヘ( ̄∇ ̄ヘ;)。。。コソコソ

数日前のこと、
イベントの講師としてお呼ばれしたときに、
出先で穂がのびにのびた、
ダキバアレチハナガサのなれの果てを見つけました。

1
(※写真はクリックで拡大)

2
(※写真はクリックで拡大)

なんだろう、これ…孫の手?
不思議な造形ですね(^-^;)

ご参考までに、昨年同じ場所で写した、
なれの果てになる前の
ダキバアレチハナガサも載せておきますね(*v_v)o

20171
(※写真はクリックで拡大)

20172
(※写真はクリックで拡大)

| | コメント (4)

ひさしぶりのマイコアカネ

マイコアカネは、オスの顔が青白く色づいて、
お化粧をした舞妓さんのように
見えることから名前のついた赤とんぼの一種です。

以前は、わぴちゃんちの庭先にもよく飛んでくるほど
たくさんいたのですが…。

2013年か2014年頃だったでしょうか…。

あれほど見かけたマイコアカネが、
突然パタッといなくなりました。

そして、同時期に、飽きるほどたくさんいた
ノシメトンボも、めっきり少なくなりました。

ノシメトンボが激減するなんて夢にも思っていなかったので、
地域の自然環境を相当に案じたのを覚えています。

その後、ノシメトンボについては個体数が回復してきて、
去年・今年と、概ね以前の状況にまで復活しつつあります。

一方のマイコアカネは、もう何年も
近隣ではほとんど姿を見ずじまいの状況が続いていました。

そして2018年…。
今年もダメかと思っていたら、
数日前に1匹のマイコアカネくんを発見!(≧▽≦)ノ

あっ。ちゃんと生き残っていたんだ!!

Photo
(※写真はクリックで拡大)

横からの姿を撮ろうとしたら、
バッタが跳ねて、飛ばれてしまいました(^-^;)

マイコアカネ、これを機に
また復活してくれるといいんだけどなぁ…

ちなみに、このできごとは、
わぴちゃんとこのローカルな事象ではなく、
同様のことがあちこちで
起こっているらしいこともわかりました。

原因はよくわかりませんが、
野生の生きものは環境の変化に
とても敏感ですので、何かがあったのでしょうね。

| | コメント (5)

9月10日、渦巻く雲底

今日、午後3時過ぎ、
北西の空が急に真っ暗になりました。

もしや?と思い、気象レーダーを確認。
そして、見晴らしの良いところに行くと…

案の定、北西の空に、アーチ雲…、
そして、その先に雨柱が見えました。

09101
(※写真はクリックで拡大)

さらに西の方角には、かなり低く垂れこめる雲。

09102
(※写真はクリックで拡大)

これらは激しくかき乱されるように動きながら、
わぴちゃんのほうに向かってきていました。

09103
(※写真はクリックで拡大)

09104
(※写真はクリックで拡大)


そして…写真にすると分かりづらいのですが、
雲の一部が渦を巻いているのが確認できました。

09105
(※写真はクリックで拡大)


動画も撮りましたので、
以下をクリックしてみてくださいね。

風の音がかなり入ってしまっているので
音量には十分注意してください。

渦を巻く雲底(mp4形式、約4MB)

結構速く回転していますが、
これで等倍速です。


竜巻になるかと思いましたが、
幸いにも、雲の渦は弱まり、消えていきました。

| | コメント (4)

原種ゼラニウムの芽生え

----------------------------------------------
台風第21号及び、平成30年北海道胆振東部地震で
被災された方々には心よりお見舞い申し上げます。

犠牲となられた方々には心よりご冥福を申し上げます。

少しでも早く、穏やかな日常が
戻ってくることを心より願っています。

引き続き、義援金への協力など、
ささやかでもできることを一つ一つ重ねていきたいと思います。
----------------------------------------------

以前、ブログでゼラニウムの原種のひとつ、
テンジクアオイ(Pelargonium inquinans)の
タネが採れたと紹介しました。

2粒しか採れなかったので、
まあダメだろうと思いましたが、
取りあえず蒔いてみました。

そうしたら、2週間くらいたって
なんと1つ発芽しました(≧▽≦)ノ

ということで、これが
テンジクアオイの芽生えです(*v_v)o

Photo
(※写真はクリックで拡大)

その後も少しずつ大きくなり、
今朝の時点ではこんな感じです。

2
(※写真はクリックで拡大)

ゼラニウム特有の匂いもしっかり感じられました(*v_v)o

正直出るとは思わなかったのですが、
やっぱり、ダメもとでも何でも、
チャレンジしてみることは大切だなと思いました。

| | コメント (5)

2018年自撮りの日

9月1日は毎年恒例
「自撮りの日」です(*v_v)o

1_2


今日は結局、
だれ一人と会話することなく
終わってしまったなぁ…

わぴちゃん自身も
忘れていたくらいだから仕方ないけど…
ヘ( ̄∇ ̄ヘ;)。。。コソコソ

| | コメント (10)

« 2018年8月 | トップページ | 2018年10月 »