« 造形の妙 | トップページ | アキアカネが帰ってきた♪ »

コヒガンバナ

わぴちゃんも所属している某所(※)では、
毎年この時期になると、「季節のたより」として
ヒガンバナ(Lycoris radiata)の開花情報が話題になります。

※別に隠す必要はないんですけどね(^-^;)

ヒガンバナの開花日は、生物季節観測としても有用ですが、
記録を取る際には、コヒガンバナの存在に留意が必要です。


コヒガンバナ(var. pumila)は、
別名シナヒガンバナとも言い、ヒガンバナの2倍体変種です。

3倍体のヒガンバナは、結実できませんが、
コヒガンバナにはちゃんとタネができます。

そして、ヒガンバナと比べて花期が
2~3週間ほど早いという特徴があります。

生物季節観測のときに厄介なのは、花時の姿だけだと
ヒガンバナとの区別がほとんどつかない点でしょうか(^-^;)

強いて言えば、若干ヒガンバナよりも繊細なようにも見えますが、
個体差も大きくあまり識別点としては使えません。

コヒガンバナはかつてはまず見かけないものでしたが、
近年はヒガンバナも園芸植物としての人気が出てきており、
コヒガンバナもわりと見かけるようになってきました。

そのため、何らかの拍子にコヒガンバナが
紛れ込む可能性は否定できず、
うっかりそれを開花日として拾ってしまうと、
生物季節観測としての精度が落ちてしまう可能性があります。

以下、昨年(2017年)の9月3日に撮影したコヒガンバナです。

2_2
(※写真はクリックで拡大)

3
(※写真はクリックで拡大)

1_2
(※写真はクリックで拡大)

1_3
(※写真はクリックで拡大)

2_3
(※写真はクリックで拡大)

この段階でだいぶ花が咲き進んでいて、
果実も結構できていますね。

なので、ヒガンバナの開花がいやに早いなと思ったら、
備考として「コヒガンバナの可能性あり」として、
後で、その株が結実するか確認したうえで
記録に入れるのが現実的かもしれませんね。

|

« 造形の妙 | トップページ | アキアカネが帰ってきた♪ »

*園芸植物*」カテゴリの記事

*季節・歳時記*」カテゴリの記事

コメント

コヒガンバナの存在,ややこしいんですよね。
私の周辺にはまだコヒガンバナが無いのですが,数年前から「ヒガンバナが咲いた」と,本来のヒガンバナよりも早い開花情報を耳にするようになり,どうして地域によって開花期にこんなに差があるのだろう,と不思議でした。

花だけの時期は,私はコヒガンバナを判別できそうにありません。
子房が膨らんでいるのが確認できたら,コヒガンバナと判断できそうです。

投稿: hal-co | 2018/09/22 22:33

最近、ヒガンバナがたくさん植えられる様になりましたね。

ボクがガキンチョの頃(うん十年前)は、農家が植えてた名残が細々咲いてるぐらいでした。田舎で見かけて、ウチの近所で探したんだけど、全然なかったもん。

今ではウチの畑にも生えてるし(誰が植えたんじゃ?)。

で、ヒガンバナばっかり見てたら、逆にヒガンバナが苦手になったガキンチョの頃のボク…。

ここんとこ涼しくなって酷暑であまり咲かなかったクズが一斉に咲くようになったよ。

近くに寄ると、辺り一面、うっすら甘い香り。でも、花を直接かぐと、あんまりいいニオイじゃない…。変なのっ。

投稿: くず | 2018/09/23 20:37

◆hal-coさん

hal-coさん、こんばんは☆

本来のヒガンバナよりも早い目撃情報は、
かなり怪しいかも(^-^;)

特に8月中だった場合は、
よりいっそう怪しいかも(^-^;)

わぴちゃんも、花の写真だけ見せられたら、
たぶん判別つかないんじゃないかな。

ヒガンバナに比べると気持ち花弁が細くて小さめかも?
でも、ヒガンバナもいじけて咲くと、小さくなったり細くなったりするし…

果実ができるかどうかが確実かなー。


◆くずさん

くずさん、こんばんは☆

昔はずいぶん忌み嫌われたのに、
今ではすっかり人気の花材になったよね☆

ヒガンバナだけは摘んでくるな。
ヒガンバナだけは植えるな。

って昔はずいぶん言われたけど、ね。

祟りがとか、火事になるとか…(^-^;)

わぴちゃんとこもクズの花を随分見るようになったよ~

クズの花色ちがいで、
シロバナクズとトキイロクズが記載されていて、
どっかにないか探し回っているけど、
なかなか見つからないんだよね(´・ω・`)

投稿: わぴちゃん☆ | 2018/09/27 00:14

ヒガンバナは飢饉の時のためってよく言われてたけどね。そんなに嫌われてない地域もあったのかも。ウチの田舎(栃木)では、それなりの数があったから。

昔の飢饉って、ホントヒドかったから、ウラシマソウだって、食べたって話しだし。

ヒガンバナは、まだ毒がない方だったんだろう。

クズは、紺色の部分が少なくて、水色に見える個体はたまに見かけたけど、白とか鴇色(ときいろ)のは見たことないなあ。

葉っぱの形で3種類ぐらい見かけるけど、花は、ありふれた形のヤツぐらいしか見てないような気もする。花だけじゃなく、葉っぱもキチンと見ておくようにしよっと。

クズって、地表を這ってる個体にはあまり花が付かなくて、ちょっと何か寄りかかるものがあって、立ち上がれるヤツに良く咲くね。

後、斑入りの個体を見かけたけど、ウイルスか何かかなんだろう。

投稿: くず | 2018/09/27 02:30

別名曼殊沙華…あー百恵さん…
ってか、9月20日を目指して咲いてるの?
っていうくらい正確ですねー素晴らしい能力です。

そうそう!私も奥歯の金属詰め物が取れました (泣)
グミを食べてたらお口の中がカランとして…
あー早く歯医者の予約せねば…。

投稿: barara | 2018/09/27 23:56

◆くずさん

くずさん、こんばんは☆

気づいたら月が変わってしまっていたね
ヘ( ̄∇ ̄ヘ;)。。。コソコソ

ヒガンバナは、救荒用に利用されたものの、
毒抜き不十分で中毒に至る事例が
後を絶たなかったらしいね(>ω<。)

飢饉時は、それだけ切羽詰まるような状況だった
ということなんだろうけどね

クズも、身近な場所でこれだけ繁茂していると、
なんかの拍子に変異個体が出てくるかもしれないね。

つるがそんなに長くならず、
花付きが良い形質が出てきた日には、
人気花木になりそう☆

斑入りはわぴちゃんも時々見かけるけれど、
今のところは病変個体と考えるのが良さそうだね。


◆bararaさん

bararaさん、こんばんは☆

猛暑だろうが、冷夏だろうが、
カレンダーでも見ているんじゃないかと思うくらい、
きちんと時期になると咲くので不思議ですね。

歯の詰め物が取れた瞬間の
絶望感ったらないよね(>ω<。)

わぴちゃんは、豚足を
かじっていたときに…でした(^-^;)

投稿: わぴちゃん☆ | 2018/10/08 21:04

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 造形の妙 | トップページ | アキアカネが帰ってきた♪ »