« 赤と青の対比 | トップページ | タイガーナッツ »

嘴の長いタンポポ

時節柄、タンポポネタは
ないだろう…と思った皆さん、
不意打ちすみません

ヘ( ̄∇ ̄ヘ;)。。。コソコソ

今回の旅行中、道路沿いで見つけた
1株のタンポポを紹介します(*v_v)o

いわゆる外来タンポポ種群と呼ばれる
外来系もしくは雑種系のタンポポです。

1_
(※写真はクリックで拡大)

2_
(※写真はクリックで拡大)

一見するとその辺でよく目にする系統のようですが、
タネを観察したらびっくり!

_
(※写真はクリックで拡大)

タネの上部に接する嘴(cone)と呼ばれる部位が、
ずいぶんと長いです。

タネ本体も、細くて円柱形に近いかもしれません。
こういうタネをつけるタイプは初めて見ました。


比較参考用に、同じ長野県内で過去に見つけた
外来タンポポ種群のタネを以下に2つ載せておきますね。

__2
(※写真はクリックで拡大)

__3
(※写真はクリックで拡大)

|

« 赤と青の対比 | トップページ | タイガーナッツ »

*タンポポ研究*」カテゴリの記事

コメント

タンポポは奥が深いと言うか、底なし沼というか(笑)。

育つ場所でも、形態がかなり違ってくるし、個体差もあるし…。ホント、きりがない(笑)。
でも誰かがやらなければ。

わぴちゃん、ヨロシク、任せたぁっ。(笑)

最近は、それとなく葉っぱを見ていてさ、タマに、ギザギザのあまりない、食用に向いてそうなのが生えてる。

けど、葉っぱも、かなり個体差がありそうだね。

固定種みたいに性質が一定したのって、ほとんど生えてないのかも。

いっそのこと、花の色がいろんな色になってくれればいいのに…。

投稿: くず | 2018/10/09 02:58

◆くずさん

くずさん、こんばんは☆

タンポポは底なし沼…そのとおりだよね(^-^;)

同じ種類でも株ごとに微妙にちがうし、
同じ株でも環境や時期によって姿を変えるし、
あげくの果てに突然変異や交雑もあるから、
種類として区切るのは難しいよね

下手するとわぴちゃんが生きている間には結論が出ないかもよ~

でも、いざ研究するとなったときに、そのもととなる
標本データがないとどうにもならないから、
記録だけは残しておかないとなんだろうけどね。

投稿: わぴちゃん☆ | 2018/10/11 20:09

タンポポの種の部分の画像
漫画のナルトに出てくるキモイキャラの
干柿鬼鮫と言う奴の武器の鮫肌というのとよく似ている。
(* ̄∇ ̄*)

投稿: アライグマ | 2018/10/15 08:15

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 赤と青の対比 | トップページ | タイガーナッツ »