« 個性的なガガンボくん | トップページ | 赤と青の対比 »

ウスバカマキリ

10月5日から6日にかけて、
泊りがけで長野方面へと出かけていました(*v_v)o

初日、当初予定よりも早く到着したため、
河川敷の適当な場所で夜間散策をしました(^-^;)

そこで、わぴちゃんにとって初見の
ウスバカマキリを見つけたので、
写真を載せますね(*v_v)o

1
(※写真はクリックで拡大)

ウスバカマキリは、カマキリの仲間ですが、
どこにでもいるというわけではなく、
やや珍しい種類です。

カマのつけ根の内側に、
黒い斑紋があるのが特徴です。

2
(※写真はクリックで拡大)


余談ですが、カミキリムシの仲間で、
ウスバカミキリなるものがいるんですよね(^-^;)

Photo
(※写真はクリックで拡大)


ウスバカキリのほうは、
そこそこの頻度で見かけます

ウスバカキリと、ウスバカキリ…

わぴちゃん、ときどき
言い間違えてしまうのはナイショです

ヘ( ̄∇ ̄ヘ;)。。。コソコソ

« 個性的なガガンボくん | トップページ | 赤と青の対比 »

*カマキリ・バッタ・ギス類*」カテゴリの記事

コメント

ウスバカマキリのチャームポイント,いいですね。
知りませんでした。

カマキリは「あ,いる」くらいでスルーしていたので,気をつけて観察するようになりそうです。

ウスバカマキリとウスバカミキリ。

一文字違いなのって、ウン十年振りに思い出したよ。

何だか、エラく懐かしい響き。

まあ、ボクもウスバカマキリは見たことないのだけれど(笑)。

ウチの近くにいるカマキリは、大小の2種類ぐらいかなあ。ちっちゃいヤツ、最近、みかけない。よく名前が思い出せないけど。


ウチにいたカマキリねーさんたち、最近見かけないのだけれど、婚活しに行ってるのか、それとも行き倒れてしまったのか。

せっかくなかよくなったのに、寂しい限り。

彼女たちのおかげで、今年はおんぶしてるオンブバッタを、全然、見かけなかった。

◆hal-coさん

hal-coさん、こんばんは☆

じつはカマキリは、特殊な環境を含めたとしても、
国内には9種類しかいないから、成虫に限れば、やりやすいかも。

平地だと、カマキリ、オオカマキリ、
ハラビロカマキリ、コカマキリの4種が基本で、
場所によってはウスバカマキリが
見られるかも?…という感じかな?

もっとも幼虫の段階だと、識別は困難だけどね(^-^;)

幼虫の識別法…どっかに良い文献転がってないかなー


◆くずさん

くずさん、こんばんは☆

一文字ちがいで全然ちがう動植物って結構あるよね。
わぴちゃんこういうのが苦手で、頭の中でわかっていても、
口をついて出るのが間違ったほうだったりして、
観察会や講座で瞬時に鋭い突込みが入るのも多々(^-^;)

カマキリさんは、卵からあれだけの数が孵化しても、
そこから大人になれるのが1匹いればよいほうって感じだもんね。

しかも、繁殖もオスはなかなか命がけらしいし…

厳しい世界なんだろうね(^-^;)

この記事へのコメントは終了しました。

« 個性的なガガンボくん | トップページ | 赤と青の対比 »

フォト
2022年6月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ