« 2018年11月 | トップページ | 2019年1月 »

年末のご挨拶とメディア出演情報

いよいよ2018年も半日を切り、
まもなく新しい年が始まろうとしていますね。

わぴちゃんと交流してくださった皆さん、
大変ありがとうございました。

2018年のわぴちゃんは、
年末年始に体調をくずしてしまい、
生まれて初めて年賀状を出せなかった
という、いきなりこけたスタートで、
そのまま記録的な大厄年になってしまいましたo_ _)o

来年はふわぴかちゃんも15周年だし、
風邪をひかずに年末を迎えられたことだし、
元気出して這い上がっていきたいと思います(*v_v)o

さてさて。ひさぁーーーしぶりになってしまい、
しかも新年早々で恐縮ですが、
連続して以下の2本のメディアに出演します。

もし視聴可能な状況で
なおかつ興味がわいたら、
見てやってくださいませ☆

------------------
◆2019年1月1日(火) 6:00~7:40
AbemaTV 「AbemaNews」
新春SP 平成最後の初日の出

公式ホームページはこちら

------------------
◆2019年1月2日(水)23:40~
テレビ東京
「滝沢カレンのわかるまで教えてください!」

公式ホームページはこちら

------------------

| | コメント (6)

12月27日の上部ラテラルアーク

昨日(12/27)の朝のこと。
ひさしぶりに見事な
上部ラテラルアークを見ることができました☆

だいたいは天頂環とセットで出ますが、
今回は上部ラテラルアークだけでした。

12271
12271_
(※写真はクリックで拡大)

12272
12272_
(※写真はクリックで拡大)


ちなみに現在は上部ラテラルアークの名前が
市民権を得ている感がありますが、
日本気象学会誌「天気」のバックナンバーなどでは
ラテラルアークは傍切弧と書かれています。

海外名のlateral arcがそのまま
カタカナ表記でラテラルアークとなり、
現在は定着しているものと思います。

ラテラルアークの初出は不明ですが、
従来、日本で傍切弧と
呼ばれていたのであれば、
先に使われていた傍切弧の表記が
適切なのかなとも思っている
今日この頃だったりします。

つまり、上部ラテラルアークは上端傍切弧、
下部ラテラルアークは下端傍切弧です。

…まぁ、どちらでも良いのですが、
単純にラテラルアークだと文字数が多くて
解説図をつくるときのデザインが…(^-^;)

| | コメント (2)

ナガエコミカンソウの氷柱、再び

12月25日の朝は強い冷え込みで、
まるで雪が降ったかのように霜が降りていました。

が、わぴちゃん、ぽかをやってしまい、
この日の朝の気温を取り損ねましたo_ _)oパタ

いつも玄関の定位置に
温度計を置いているのですが、
雨の時は室内に取り込んでいます。
前の雨の後、取り込んだままで
外に出すのを忘れていたのでした(>ω<。)

そんな中、家の周りで繁茂している
ナガエコミカンソウに、
例の氷柱現象(氷の花)ができていたので
載せておきますね(*v_v)o

_
(※写真はクリックで拡大)

ナガエコミカンソウの氷柱現象は、
2016年1月に生まれて初めて目撃し、
それをブログに載せました。


ナガエコミカンソウに氷柱(2016年1月28日記事)

偶発的なものかと思っていたのですが、
2016-2017年、2017-2018年、そして今冬…と、
毎年のように見ているので、
今まで気づかなかっただけで、
できやすい植物の1つなのかもしれませんね。

おまけで、この日見つけた氷柱現象を
ピックアップして載せておきます。

◆シモバシラの氷柱

__2
(※写真はクリックで拡大)

◆ヒナタイノコヅチの氷柱

__3
(※写真はクリックで拡大)

| | コメント (2)

12月24日…。

本日12月24日は、わぴちゃんの14歳の…
…ごめんなさい。ウソです。
ヘ( ̄∇ ̄ヘ;)。。。コソコソ


ふわぴかちゃん
誕生14周年の記念日です(*v_v)o

来年が15周年になるので、
また缶バッチか何か
グッズをつくろうかなとも考えています。

ふわぴかちゃんの14周年記念イラストを
描こうかと思ったのですが、
ここのところ元気がなくてo_ _)oパタ

講演会で使っている
クリスマスバージョンのふわぴかちゃんを
載せておきますね(*v_v)o

_2_3

___3


ついでに…。
わぴちゃんの自撮りも載せておきます
( ̄∇ ̄*)ゞえへへっ♪

12211

空色のベレー帽をいただいたので、
試しにかぶって写してみたものです。

毛糸の生地なので、
毛糸のリボンがあいそうと思いつつ、
手持ちになかったので、
とりあえず何もつけない状態です。

しかしベレー帽って、
位置を調整するために
かぶりなおしたりすると
髪の毛がばさばさになりますね

ヘ( ̄∇ ̄ヘ;)。。。コソコソ

| | コメント (5)

紅葉の映えるタンポポ

そしてまたタンポポネタですみません
ヘ( ̄∇ ̄ヘ;)。。。コソコソ

葉の切れ込みが非常に緻密なうえに、
紅葉してとても美しいタンポポの
ロゼットを見つけましたので
載せておきますね(*´▽`*)

1223b_1
(※写真はクリックで拡大)

1223b_2
(※写真はクリックで拡大)


理屈抜きで、息をのむような
美しさに感動しました(*´▽`*)

| | コメント (4)

タンポポのpetiole wings

おひさしぶりです…
ヘ( ̄∇ ̄ヘ;)。。。コソコソ

ちょっとお疲れモードではありますが、
何とか生きています(*v_v)o

今冬は暖かい日が多いため、仕事の合間の散策が、
タンポポ調べばかりになっているわぴちゃんです…
( ̄∇ ̄*)ゞえへへっ♪

今日見つけたタンポポ…。
ある部分が気になってサンプルを採りました。

1221a
(※写真はクリックで拡大)


それは葉の根もとの「柄」の部分です。

1221a_
(※写真はクリックで拡大)


海外のタンポポの解説を読んでいると、
「葉柄」も鑑別点のひとつとして
重要視されています。

葉柄の長さ、色味などがポイントとなりますが、
もうひとつ、petiole wingsという中心脈の
両サイドにある「翼」の有無、幅も大切なようです。

1221a__2
(※写真はクリックで拡大)


petioleは葉柄のことです。

冒頭の、今日見つけたタンポポは、
このpetiole wingsがはっきりしていて
幅も広いという特徴があります。

これとは別に自宅で栽培している
市販品のタンポポ…。

Photo
(※写真はクリックで拡大)

こちらはpetiole wingsがかなり狭い、
または無いという感じですね。

| | コメント (5)

真っ黒に色づく…

寒さにあたって色づいた
アメリカタカサブロウです(*v_v)o

Photo
(※写真はクリックで拡大)

タカサブロウの仲間は、
茎の汁が空気にふれると青黒くなるため、
それを紙に擦りつけると字を書くことができます。

その汁の影響でしょうか。
晩秋の色づきは真っ黒になります。

紅葉でもなく、
黄葉でもなく、

黒葉…?(^-^;)

| | コメント (8)

ガマとヨシの色づき

草もみじシリーズです(*´▽`*)

まずはガマ…。

Photo
(※写真はクリックで拡大)

そして、ヨシ…。

Photo_2
(※写真はクリックで拡大)

とっても地味ではあるものの、
なぜかわぴちゃんの琴線に触れました
( ̄∇ ̄*)ゞえへへっ♪

| | コメント (5)

« 2018年11月 | トップページ | 2019年1月 »