« 2019年4月 | トップページ | 2019年6月 »

ランピオン

ランピオン(Campanula rapunculus)
はヨーロッパ原産のカンパニュラの一種です。

カンパニュラといえば、
庭の花というイメージが強いのですが、
なんとランピオンは野菜です☆

葉と根を食べるのだそうです。

わぴちゃん、このランピオンのタネを
入手し栽培していました。

ただ入手のタイミングが遅れて、
蒔いたのは確か年が明けてから…。

発芽率はよかったのですが、
確定申告の呪縛から解放された
3/13の段階で、小指の先くらいの
小さな苗の状態でした。

1_11
(※写真はクリックで拡大)


4/12でもこの大きさ。

2_26
(※写真はクリックで拡大)


これは、今年は咲かないかな?

…なんて思っていたのですが、
その後の成長はものすごく早かったです☆

5月半ばにはトウが立ちはじめ…。

3_12
(※写真はクリックで拡大)


ついに花が咲きました(*´▽`*)

4_1
(※写真はクリックで拡大)

5
(※写真はクリックで拡大)


やっぱりカンパニュラの一種なだけあって、
涼しげなベルのような素敵な花です☆


さて、肝心の根の部分はどうか…。
引っこ抜いて写してみました。

Photo_115
(※写真はクリックで拡大)


こんな育て方でもそこそこ肥大していますね。

今回は、開花・結実を優先させるため
味見はしませんが、美味しいのかどうか気になるところです。

キキョウ科…っていうと
あまり食用のイメージがなく、
どちらかというと毒草のイメージがあるのですが、
どうなのでしょうね
ヘ( ̄∇ ̄ヘ;)。。。コソコソ

| | コメント (5)

巨大なヤセウツボ

今日は午後から
ギシギシ雑種群の調査をと、
歩き回っていました。

そんな中、ふと見つけたのが
このヤセウツボです

1_10
(※写真はクリックで拡大)


でかっ!!(/||| ̄▽)/

2_25
(※写真はクリックで拡大)


1m…とまでは行きませんが、
80cm~90cmはありそうです。

| | コメント (2)

ヒナソウの果実

以前、このブログに載せたヒナソウ。

果実を観察すべく、試験的に

長花柱花(雌しべが長い)の株
短花柱花(雌しべが短い)の株

上の2つを寄せ植えにした…と記しました。

ヒナソウを… (2019.4.16記事)


あれから1ヶ月あまりが経ち…

案の定、たくさん結実しました(≧▽≦)ノ

長花柱花のほうが結実率は良い感じはしますが、
短花柱花側にも果実はついていました。

ということで、ヒナソウの果実…

1_9
(※写真はクリックで拡大)

そして裂開してタネを出している様子です☆

2_24
(※写真はクリックで拡大)

| | コメント (2)

イグサの花

今春、執筆作業中に、
ふと気づいたことがありました。

あっ。イグサの花を写していない!

イグサの花が開くのは朝のうちだけです。

しかも1株あたりの
花の期間があまり長くない(?)

なもんで、意識しないと
タイミングを逃してしまうんですよね(^-^;)

今年こそは絶対に…と、
注意深くタイミングを計っていましたが、
一発で撮影成功とはならず、
結局3回同じ場所に通って
ようやく…でした o_ _)o

ということで、これが
開花中のイグサの穂です(*´▽`*)

2_22
(※写真はクリックで拡大)


そして 花の部分をアップにしてみました。 

1_8
(※写真はクリックで拡大)

2_23
(※写真はクリックで拡大)


花がすごく小さいのに、とても奥行きがあって、
被写界深度の調整がタイヘン(>ω<。)

イグサの仲間は、雄しべの数も
見分けポイントになります。

頭に何もつかないノーマルなイグサでは
雄しべの数は3本です。

| | コメント (3)

5月15日火災雲を確認

 今朝外に出ると、東の空にもくもくと黒煙が…?

しかもものすごい勢い…
野焼き? いや、火災??

ニュースを確認してみると
資材置き場での火災のようでした。
しかもかなり近所(^-^;)

火災についての具体的な内容については、
報道のお仕事ですのでわぴちゃんはここでは言及しません。

ただ、気象学的に注目すべき現象を確認したので、
ここではそれを記しておきますね。

それは、火災雲火災積雲熱積雲などと呼ばれる現象です。

火災、火山噴火などによって
空気がピンポイントで熱せられた結果、
強い上昇気流が発生して本物の雲ができた状態です。

単に気づかれていないだけなのか、
実際に稀なものなのかどうかは不明ですが、
国内ではあまり観察事例がありません。

火災雲は、雨を降らせたり、
場合によっては積乱雲にまで発達して
突風や雷を伴うこともあるとされ、
防災という観点からも認識しておくべき現象と思います。

ということで、以下に本日確認した写真を載せておきます。

Img_4932
(※写真はクリックで拡大)

_thum
(※写真はクリックで拡大)

 

…そして、黒煙から火災雲に進展する
一連の様子をとらえることができましたので、
以下に並べておきますね。

Img_4872
(※写真はクリックで拡大)

Img_4878
(※写真はクリックで拡大)

Img_4883
(※写真はクリックで拡大)

Img_4889
(※写真はクリックで拡大)

Img_4892
(※写真はクリックで拡大)

Img_4897
(※写真はクリックで拡大)

Img_4905
(※写真はクリックで拡大)

Img_4911
(※写真はクリックで拡大)

Img_4916
(※写真はクリックで拡大)

 

 

続きを読む "5月15日火災雲を確認"

| | コメント (3)

散歩の草花図鑑10万部突破☆

Photo_114
(※写真はクリックで拡大)

2017年に刊行した

『ビジュアルだいわ文庫
子どもに教えてあげられる散歩の草花図鑑』

おかげさまで、10万部を突破しました(≧▽≦)ノ
たくさんの方々に読んでいただいているようで
とてもうれしいです(*´▽`*)

そして、ビジュアルだいわ文庫シリーズから、
わぴちゃんの新しい本が出ます☆

『「ぱっと見」では気づかない すごすぎる雑草』

早ければ5月9日以降、
書店に並び始めるとのことです☆

こちらは草花図鑑からステップアップした内容で、
植物の「生きざま」にクローズアップしたものです☆

●土手に菜の花はダメ?
●一年草、二年草…三年草!?
●スミレは本当に春の花?
●除草剤によってつくりだされた植物? などなど

たくさんのネタを盛り込みました☆

良かったら、手に取ってみてくださいね☆

| | コメント (2)

5月4日の雷雲(2)

5月4日に観察した積乱雲の続きです。

この日は、東京西部~埼玉県に
ひときわ発達した積乱雲が発生し、
そこから広がったと思われるかなとこ雲
わぴちゃんの頭上にまで到達していました。

積乱雲の上部に広がるかなとこ雲は、
半径100km以上になることもあります☆

かなとこ雲の雲底には、ふっくらとした雲のこぶ、
つまり乳房雲がぶら下がることがしばしばです。

今回も、たくさんの乳房雲を堪能…
いえ、観察することができました(*´▽`*)

Img_3549
(※写真はクリックで拡大)

0504mam1
(※写真はクリックで拡大)

0504mam2
(※写真はクリックで拡大)

0504mam3
(※写真はクリックで拡大)

 

発生初期の乳房雲の様子も
載せておきますね。

Img_3497
(※写真はクリックで拡大)

Img_3498
(※写真はクリックで拡大)

Img_3509
(※写真はクリックで拡大)

Img_3518
(※写真はクリックで拡大)

| | コメント (2)

5月4日の雷雲(1)

昨日(5/4)は、
上空に寒気が流れこんでいるところに、
晴れて地表付近の気温がぐんと上がったため、
上下方向の気温差がとても大きくなって、
大気の状態が不安定になりました。

そのため午後を中心に積乱雲が発達して、
カントウ~トウカイ、もとい
関東~東海を中心に
雷雨や雹に見舞われました。

わぴちゃんも夕方からは
空の観察をしていました(^-^;)

その時に観察できたものを
2つ紹介しますね。

ひとつめは、これです。

Img_3566
(※写真はクリックで拡大)


低いところに、もくもくとした雲が
列をなしていますね。

最初は埼玉県内で
発達している積乱雲の周辺にできた
積雲の列(フランキングライン)か
とも思ったのですが…。

積乱雲本体は近づく気配がないのに、
この雲の列はだんだんこっちに近づいてくる??

やがて、急に雲の色が濃くなり、
風も強くなって、
草木がざわざわと音を立てはじめ…

いよいよ雨が来るか…と思ったら、
雨が降ることなく、すぐに収まってしまいました。
そして空も明るくなりました。

もしや?と思い見てみると…

Cb_vol_2
(※写真はクリックで拡大)


やっぱりあの雲の列が真上を通ったタイミングで
風が強くなったようでした。

最終的には本体から離れるように、
この雲の列だけ北東へと進んでいったので、
積乱雲がつくったロール雲だったのでしょうね。

真上を通過した後、
東の方へと去っていったロール雲を
パノラマ合成してみました。

Photo_113
(※写真はクリックで拡大)

今回初めてフォトショップ付属の
パノラマ合成機能を使ってみました。
これ悪くなさそうですね☆

今までは、手でやっていたのですが、
手間のかかることかかること。
それでいて、継ぎ目が…(>ω<。)

ちなみにわぴちゃんがいた
場所(茨城県境町)は、
積乱雲が比較的離れた場所を
通っていったため、
多少雷鳴は聞こえたものの
雨はほとんど降りませんでした。

| | コメント (2)

スウェーデンカブ

スウェーデンカブは、
ルタバガとも呼ばれる根菜です。

食べる部分だけを見ると、
洋種系のカブターニップ類)にそっくり。

しかしターニップ類の学名が
Brassica rapaなのに対して、
スウェーデンカブの学名は、
Brassica napus var. napobrassica
または、
Brassica napus var. rapifera

そう。春の土手で咲き乱れている
セイヨウアブラナ(Brassica napus)の
変種に位置づけられています。

いわば、
「根を食べるためのセイヨウアブラナ」
といったところでしょうか(^-^;)

そのスウェーデンカブを
昨秋からタネで育てていたのですが、
例の関西旅行から帰宅後見てみると、
花が咲きはじめていました(*v_v)o

2_20
(※写真はクリックで拡大)

…確かに、土手でよく見る
セイヨウアブラナにそっくり☆

わぴちゃんが購入した系統が
たまたまそうなのかもしれませんが、
強いて言えば、花の色がちょっとちがう?
菜の花色というよりは、山吹色です。

Photo_111
(※写真はクリックで拡大)
Photo_112
(※写真はクリックで拡大)


若苗の段階でも、葉は青白っぽい緑色で、
土手にあるセイヨウアブラナと瓜二つでした。

1_7
(※写真はクリックで拡大)

セイヨウアブラナの葉は
表面が白いロウのようなものに覆われ、
指で軽くこすると、それが剥がれます。

一方でカブ類の葉の表面には、
それはありません。

では、スウェーデンカブはどうでしょう…

2_21
(※写真はクリックで拡大)

ちょっと分かりづらいかもしれませんが、
白いロウのような物質がありますね☆


…そして、重要なことに気づきます。

開花を優先したこともあり、
肝心の根の部分を写すの忘れてた…

相変わらずのわぴちゃんです
ヘ( ̄∇ ̄ヘ;)。。。コソコソ

| | コメント (0)

« 2019年4月 | トップページ | 2019年6月 »