« 9月10日の穴あき雲 | トップページ | アキアカネが帰ってきたよ☆ »

ノシメトンボさんと…

Photo_20190923201001
(※写真はクリックで拡大)

ノシメトンボさんが
ユリの枝先にとまっていますね(*v_v)o

そして、この写真を見て、
ノシメトンボさん以外の何かに気づいた人は、
相当な虫好きさんかもしれません(*´▽`*)

ノシメトンボさんがとまっている茶色い枝の
右側にある緑色のものはユリの果実ですが、
よく見ると、そこにプツプツがありますね。

じつはこれ、ルリタテハさんの卵です(≧▽≦)

2_20190923201101
(※写真はクリックで拡大)

1_20190923201101
(※写真はクリックで拡大)


ルリタテハさんの幼虫はサルトリイバラやシオデ、
ホトトギス、ユリ類などの葉を食べて育ちます☆

これらはかつて「ユリ科」として
くくられていたものです。今は…(長くなるので省略)

このユリの鉢植えには
たびたびルリタテハさんが産卵に来ていて、
幼虫にそのまま葉を食べさせていますが、
成長には支障はないようで、
毎年元気に花を咲かせています。

もしユリを育てている方がいらしたら、
もしかしたらルリタテハさんが
卵を産みに来ているかもしれません(*´▽`*)

難点は、幼虫の見た目…かな?(^-^;)

苦手な人には悲鳴ものかもしれません。
トゲトゲしていますが、無毒です。

« 9月10日の穴あき雲 | トップページ | アキアカネが帰ってきたよ☆ »

コメント

はい,ルリタテハなどチョウ類の幼虫が苦手な私は,自宅の庭で最初に見たとき「ぎゃぁぁぁ」と声を出しそうになりました。

今は見て見ぬふりをして,スルーしています。
知らずにいると悲鳴ものですが,庭の一員というか,地球の一員ということで…。

はははっ、気が付いてしまったけど何か。
(ーー;)
ルリタテハの幼虫さんは如何見ても毒がありそうなんですけど「ない」と言われても触る勇気はない。
ヽ(´ー`)ノ デリケートな心なもので

ルリタテハさんの幼虫、調べました。
ひぇ〜!これはちょっと...。
我が家の百合には帰ってほしくないかな。チェックしておきます。

***
システムの一時的な障害だったのか、
コメントを投稿してから反映されるのに
かなりのタイムラグが発生する状態が
続いていたようですね。

投稿したのにコメントが…あれ?
と思って心配された方がいらしたら
申し訳ございませんでした。
***

◆hal-coさん

hal-coさん、こんにちは☆

特にタテハチョウの類は毛虫タイプだから、
苦手な人にとっては背筋ゾクゾクものかもしれないね。

悲鳴をあげて逃げる

見て見ぬふり

怖いもの見たさでチラ見

(何段階か経て…)

気づいたら魅力にどっぷり♪(ΦωΦ)


◆アライグマさん

アライグマさん、こんにちは☆

じつはこう見えてわぴちゃんも、
元・芋虫毛虫苦手派だったよ~

それが上のhal-coさんの
お返事に書いた過程を経て、
今では…
(ΦωΦ)ふふふ…


◆うしさん

うしさん、こんにちは☆

ルリタテハくん、
成虫はそこそこきれいなチョウなんですけど、
幼虫は…かなりハードルが高い部類に入りますね(^-^;)

同じタテハチョウの仲間のツマグロヒョウモンなんかも、
成虫はとってもきれいだけど、
幼虫は赤と黒の毒々しい毛虫…(無毒です)

最近はパンジーのところによく来ていますね。

むむっ!小さなサボテ?(p_-)
このきれいなつぶつぶはルリタテハさんの卵ですか♪
今となっては芋虫毛虫が平気な私。トゲイモムシ見たさにユリを育ててみようかしら(*^▽^*)

◆みっちさん

みっちさん、こんばんは☆

ぜひぜひ♪
ルリタテハちゃんがユリの存在に
すぐに気づくかどうかはわからないのですが、
結構わぴちゃんの周りでも、
ユリにルリタテハが…という話をよく耳にします☆

そういえばわぴちゃんは
ウマノスズクサを観察用に栽培しているのですが、
どうやって嗅ぎつけてくるのか、
毎年ジャコウアゲハちゃんが卵を産んでいきますよ☆

この記事へのコメントは終了しました。

« 9月10日の穴あき雲 | トップページ | アキアカネが帰ってきたよ☆ »

フォト
2022年6月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ