« アキアカネが帰ってきたよ☆ | トップページ | 初めてアレチウリを… »

バンウコンは突然に…

バンウコンはショウガ科の植物で、
東南アジアなどでスパイスとして利用されています。

2018年春にバンウコンの「種いも」を入手し、
室内で栽培していました。

そしてその年、つまり2018年の秋…。

ふと見ると、
「あれ?なんか咲いたような形跡がある??」
という感じで、花の残骸のようなものが残っていました。

いつの間に??

2018年はそれっきり花が咲くことなく終了…。

そして2019年9月30日…。

0930
(※写真はクリックで拡大)

!!!!!

つぼみ?? …にしては…
なんかしおれたような感じだなぁ…

翌10月1日に見てみると…。

1001
(※写真はクリックで拡大)

ですよねーーー(^-^;)

昨年と同じパターンです。
ほぼ毎日見ているはずなのに、いつ咲いたんだろう…

今年もダメかなぁ…

と、諦めモードに入っていたのですが、
10月4日の朝、突然叩きつけるような雨が降ってきたので
外の様子を見ようと出窓のところに行くと…

1004_1
(※写真はクリックで拡大)

1004_2
(※写真はクリックで拡大)

あっ。咲いている!!!

慌ててカメラを取り出し、
バンウコンの花を撮影しました(*´▽`*)

まるでランのような趣がありますね(*´▽`*)

花の香りもそこそこ強めでした(*´▽`*)

その後雨はやみ晴れてきたので、
フラッシュではなく、
太陽光の明るいところでもう一度撮影しようと、
再びバンウコンのところに行くと、
もうしぼんでいました(´・ω・`)

今回ので分かったのは、

バンウコンの花は、蕾のようなものが見えないまま突然咲き、
朝のうちの短い間だけ開いてすぐにしぼんでしまう…ということでした。

|

« アキアカネが帰ってきたよ☆ | トップページ | 初めてアレチウリを… »

*野菜・有用作物*」カテゴリの記事

コメント

バンウコン、きれいなお花ですね!
でもすぐに散ってしまうとは、
何とも儚いですね。
でもそこが、このお花の魅力なのかも
しれませんね。
ウコンということは、
根っこを食すことができますか?
なんでも食べることばっかりで、
どうもすみません・・・。

夏に蒔いた、スミレの種が発芽をして、
今、植木鉢の中で、数枚の葉っぱを
広げていますよ。
母に、雑草と間違えられて
むしられなければよいのですが・・・。
毎日、ヒヤヒヤしながら、観察をしています。

投稿: 万年 草 | 2019/10/06 14:08

バンウコンっていうのは、そんなに短い時間しか咲かないお花なんですね。貴重なお写真を見せていただきました!ありがとうございます。

最新のわぴちゃんねるで、アミガサソウを取り上げておられましたね。感激です。
我が家の庭で大切に見守っているアミガサソウは、雌花ばかりで雄花が全然出てこないのですが、そういうこともあるのでしょうか?

投稿: うし | 2019/10/06 22:34

◆万年 草さん

万年 草さん、こんばんは☆

ありがとうございます(*´▽`*)

スパイス用の種芋として売られていたものなので、
うまく増やせば、料理に活用できます☆

スミレの若苗。成長が楽しみですね☆
うまくいけば来春にも咲くかもしれませんね。


◆うしさん

うしさん、こんばんは☆

わぴちゃんも、ここまで撮影のタイミングが
難しい花だとは思わず、びっくりでした。

花の香りはなかなか良かったです(*´▽`*)

アミガサソウは変異の大きな植物で、
株ごとに個性が出る傾向があります。
また生育時の環境によっても
見た目がずいぶんと変化する傾向があります。

雌花ばかり…というのも
そういう変化の中のひとつなのかな?と思います。

じつはわぴちゃん、雄花の数の変化にまでは
着目しきれていませんでしたので、
おもしろい視点での情報ありがとうございます。

投稿: わぴちゃん☆ | 2019/10/19 20:29

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« アキアカネが帰ってきたよ☆ | トップページ | 初めてアレチウリを… »