エメラルドグリーンの空・再び

本日(1/13)の夕方の空は、
前回よりもきれいなエメラルドグリーンの
空を楽しむことができました。

本日は午前中は良く晴れていましたが、
強い寒気がじわじわと流れ込んできていて、
午後からはたくさんの
積雲が浮かぶようになりました。

夕方になると、一段と強い寒気が流れ込んできたようで、
積雲の輪郭がもやもやしてきて、
まるで暖簾のように垂れ下がってきました。

01132
(※写真はクリックで拡大)

01131
(※写真はクリックで拡大)


この「暖簾」は、雲から落下してきた
雪の結晶や雨の粒が目に見えたものです。
地上に到達しているものは降水雲
途中で途切れているものは尾流雲と言います。

一部が地上に到達し、わぴちゃんところでも
さーっと雨が降ってはやみ、
降ってはやみを何度か繰り返しました。

雨があるタイミングで、冷たい北風がビューって吹き、
どんどん気温が下がっていくのを肌でしっかりと感じられました。

そんな中、北~東側の空の地平線に近い部分が、
独特のエメラルドグリーンに
色づいているのが確認できました。

0113
(※写真はクリックで拡大)

01133
(※写真はクリックで拡大)

01134
(※写真はクリックで拡大)

01135
(※写真はクリックで拡大)

わぴちゃんがこのエメラルドグリーンの空を見るのは、
激しい雷雨の前後、通り雨の前後…。

つまり積雲や積乱雲に伴って見られるもので、
だいたいは朝や夕方です。

このエメラルドグリーンの空は、
蒸発しかかった微細な雨粒や雪の結晶が
うすーーく空に漂っているようなときが
出現条件と見てよさそうですね。

ちなみに、緑色の空と検索をかけて
出てくる画像の多くは、
この自然発生のものではなく、
芸術作品として意図的に
加工してあるものが大多数なので、
研究目的で調べる方はお気をつけくださいね。

| | コメント (5)

12月23日、緑がかった空

昨日12月23日の朝は、
日本海を進んだ低気圧が、
南の方から暖かい空気を連れてきたため、
まるで初夏のような生ぬるい空気での目覚めでした。

しかし、それも一時的で、
低気圧が日本の東海上に抜けると、
冬型の気圧配置が強まり、
北風とともに一気に真冬の空気に入れ替わりました。

わぴちゃんとこは、22日夜から23日未明にかけては
風雨が激しく荒れた天気になっていましたが、
朝にはそれもおさまって青空が広がりました。

ただ、寒気の影響で大気の状態がやや不安定だったようで、
積雲の列ができて、頭上を通過していき、
朝の8時台にはザッと通り雨がありました。

さて本題ですが、じつはこの日、
積雲列にともなって、
空に緑色の部分を見つけることができました。

と言っても、どぎつい緑色ではなく、
淡青緑色…と言った感じでしょうか。

12231
(※写真はクリックで拡大)

12232
(※写真はクリックで拡大)

12233
(※写真はクリックで拡大)

12234
(※写真はクリックで拡大)


地平線から雲底にかけて、
ほんのり緑がかっているのがそれです。
積雲より上の空は、本来の青空の色です。

わぴちゃんは見たものを見たままで忠実に…
という方針なので、色の違いの強調といった補正は
ほとんど行っていませんが、分かりますでしょうか?(^-^;)

続きを読む "12月23日、緑がかった空"

| | コメント (4)

富士山の笠とマフラー

この1-2週間ほど
年末進行モードで立て込んでいて、
缶詰め状態になっていました(^-^;)

ブログもほとんど更新できず、
音沙汰がなくなって大変失礼いたしました

でも、多忙モードも今日で終わり☆
ようやく時間に
ゆとりが出てきました(*´▽`*)

さてさて。今朝は富士山に
笠雲がかかっていました☆

12161
(※写真はクリックで拡大)

12162
(※写真はクリックで拡大)

朝7時台の通勤通学時間帯で、
わりと長い時間はっきりと出ていたので、
もしかしたら富士山の見える地域にお住いのかたで、
同じものを目撃された方も多いかもしれませんね。

それから笠雲といっしょに、
まるでマフラーが風でなびいているかのような
細長い雲が出ていました。

12163
(※写真はクリックで拡大)


このマフラーのような雲は、
わぴちゃん自身はじめて見るものなので、
ちょっと調べてみたいです。

| | コメント (6)

11月4日夕方の雲

本日(11月4日)、16時30分ごろ、
乾電池が急きょ必要になったので
外に出たらこんな雲を見つけました☆

11042


高積雲の個々の小雲が、
風の影響で縞模様に並んだ波状雲(Ac un)です。

高積雲の波状雲自体は
わりとよく見られるものですが、
この雲はなんか妙に立体的で
発疹のようなぼつぼつ感(^-^;)

これはもしや!?
…と、しばし観察することにしました。

数分後…

1104


案の定、小さな雲のこぶが
びっしりと垂れ下がってきました。

この雲のこぶは乳房雲(mam)という
名前が付けられています。


つまり1枚目の写真は「高積雲の波状雲」である上に、
乳房雲の発生初期」でもあった…ということになります。


乳房雲は、上空に強い寒気が流れ込んできて、
地上と上空の気温差が大きいときにできやすい雲です。

そのため、晩秋から初冬にかけては
ある意味「旬の雲」かもしれませんね
ヘ( ̄∇ ̄ヘ;)。。。コソコソ


余談ですが、別な方角には、
巻積雲の波状雲(Cc un)を見ることができました(*´▽`*)

1106
(※写真はクリックで拡大)

| | コメント (4)

きのこ状の積雲

昨日(9/8)は、台風13号と
そこから変わった低気圧の影響を受けて、
大気の状態が非常に不安定でした。

積雲や積乱雲が次から次へとわき立ち、
これらが真上に来ると、突然土砂降り…。

しかし、それも長くは続かず、
雲が通り抜けると、青空が広がって
強い日差しがじりじりと…。

かと思いきや、また急に空が真っ暗になって、
雷鳴とともにザーーーーッ!!!

これを何度も繰り返すような感じでした。

そんな中、個性的な雲を見つけました。

もくもくとわき立つ積雲や積乱雲は、
強い上昇気流によってつくりだされる雲です。

ただ、これは上昇気流の勢いが
強すぎたのでしょうか?

火山の噴煙を連想させるような
「きのこ状の雲」としての振る舞いでした。

「きのこ状の雲」の一部始終を
見ることができたのはこれが初めてなので、
写真を時系列に並べてみますね。

09081
(※写真はクリックで拡大)

09082
(※写真はクリックで拡大)

09083
(※写真はクリックで拡大)

09084
(※写真はクリックで拡大)

09085
(※写真はクリックで拡大)

09086
(※写真はクリックで拡大)

09087
(※写真はクリックで拡大)

09088
(※写真はクリックで拡大)


1枚目の写真は14:05頃、
8枚目(最後)の写真は14:12頃です。

5分程度で見るま見る間に
姿かたちを変えていきました。

上記8枚の写真を
パラパラ漫画風につなげてみました。
分かりにくいかもしれませんが(^-^;)

◆動画はこちら(WMV形式:1.01MB)

ちなみに、きのこ状の
振る舞いをしたのはこの雲だけでした。

| | コメント (5)

8月20日渦巻く雲底と突風

ブログの更新をかなりご無沙汰してしまい
申し訳ございませんでした。

8月20日に恒例の関宿まつりがあって、
実行委員として出かけていたのですが、
その後しばらく、抜け殻のような状態に
なっていました…(^-^;)

8月20日は大気の状態が非常に不安定で、
晴れたり、急にざっと来たりと、変わりやすい天気でした。

わぴちゃんは、当日朝、開催可否の
判断に関わったのですが、非常に迷う感じでした。

判断の結果は「開催の方向で準備を進める」

ただし、
・わぴちゃんが気象状況を常時監視する。
・安全第一で無理をしない
・状況に応じて段階的に中止する可能性あり

という条件付きでお願いしました。

まつりそのものは午後2時開始でしたが、
結局お昼過ぎからは次第に晴れてきて、
そのまま最後の花火まで、雨は降らず、
好天のまま実施することができました。

ただ、午前中の準備の段階では、
何回もざっと降られました(^-^;)

特に印象に残ったのは、午前10時半過ぎ…

南の方角の空が明らかに怪しい…
0820
(※写真はクリックで拡大)


レーダーを見ると、千葉北西部~東京~
埼玉南東部方面には、非常に発達した雨雲が…。

◆2016年8月20日10:30降水レーダー(気象庁提供)
201608201030r
(※画像はクリックで拡大)


この雨雲、レーダーで動きを見ると、
猛烈な雨を降らせる部分は
直接こっちに影響することはない感じでした。

ただ、北縁がかすめて、
一時的にざっとは来るだろうな…

竜巻ナウキャストでは、
特に発生確度1以上の領域はありませんでした。

◆2016年8月20日10:30竜巻発生確度(気象庁提供)
201608201030t
(※画像はクリックで拡大)


ところが、南の空を見ると、
帯状に横たわる黒雲の帯が…!!?

0820_2
(※写真はクリックで拡大)

そして、それが近づいてくるのが見えました。

わぴちゃんは、雲の写真を撮りつつも、
「突風が来るかも!」と、叫びました。

それからほどなくして、
南の黒雲の方角から冷たい風が
さぁーっと吹き始めました。

さらに、黒雲の帯の一部が、
ゆるやかに渦を巻き始めました。

08201
(※写真はクリックで拡大)

08202
(※写真はクリックで拡大)

08203
(※写真はクリックで拡大)

08204
(※写真はクリックで拡大)

08205
(※写真はクリックで拡大)


それを見て、まずい…と思い、再び、
「ものが飛ばされないように、
けがをしないように!!安全を確保して!!」
と、叫びました。

次の瞬間、突風が吹き、テントの屋根が
激しくバサバサと揺さぶられました。

持続時間は数分以内で、風速は
10~15m/s程度と推測されるものでした。

この突風での被害はなく、
黒雲の渦はほどなくしてばらけ、
竜巻にもならずに済みました。

まつりの準備中だったため、
動画は取れず、写真を撮っただけですが、
それらを時系列につなげて動画形式にしてみました。

間隔があいているうえに、
Web用に解像度を落としたので
粗くてわかりにくいかもしれませんが、
黒雲が緩やかに渦を巻いて、
茶碗の底のような形になっていきます。

◆動画はこちら(WMV形式:440KB)


屋外イベントで天気が急変したとき、
安全対策を講じるうえでの参考になればと思い、
体験した事例をここに載せておきますね。

| | コメント (2)

8月2日の乳房雲

今日(8/2)も、東日本から北日本にかけてを
中心に大気の状態が非常に不安定で、
次から次へと積乱雲が発達。
各地で激しい雷雨になっています。

引き続き、空模様の急な変化に
十分注意をしてくださいね。


栃木・群馬方面で発達した積乱雲の上部が
かなとこ雲となって大きく広がり、
その雲底に乳房雲ができ始めました。

0802_
(※写真はクリックで拡大)

乳房雲は時間とともに鮮明になり、
ピーク時はかなり迫力ある姿となりました。

08024
(※写真はクリックで拡大)

08025
(※写真はクリックで拡大)

08026
(※写真はクリックで拡大)

08027
(※写真はクリックで拡大)


わぴちゃん、これだけ見事な乳房雲は
ひさしぶりに見たような気がします。

13時30分頃から15時頃にかけて、
かなり長い時間見ることができました。
もしかしたら同じものを目撃された方も
いらっしゃるかもしれませんね。

わぴちゃん、7/31~8/1にかけて、
泊りがけで東海地方へと出かけていました(*v_v)o

旅行で見つけたものは、
あとで折を見てアップしますね。

| | コメント (5)

7月4日アーチ雲

7月4日の雷雨では、
明瞭なアーチ雲が確認できました。

★1枚目 17:00頃
07041
(※写真はクリックで拡大)

★2枚目 17:02頃
07042_2
(※写真はクリックで拡大)


★3枚目 17:04頃
07043_2
(※写真はクリックで拡大)


アーチ雲は、堤防のような形の
どす黒い雲の帯です。

この雲が通過する時は、
ガストフロントと呼ばれる
激しい突風が発生することがあります。

なのでこの雲はぜひ
覚えておいてほしいものです(*v_v)o

もし見つけたら、建物の中へ、
屋外にいる場合は車の中へ
すみやかに避難するようにしてくださいね。

-----
余談ですが、yahooリアルタイム検索で
ゴリラ豪雨というのが
話題キーワードランキング上位にありました。

なんじゃこりゃーーー!!
と思い、画像で検索してみたら、
やっぱり、なんじゃこりゃーーー!!(笑)

こういうのは賛否があるかもしれませんが、
わぴちゃんは案外嫌いじゃなかったり。
ヘ( ̄∇ ̄ヘ;)。。。コソコソ

こういう遊び心と、これを笑い飛ばせる
寛容な心を大切にしたいものです。
なんちて♪
ヘ( ̄∇ ̄ヘ;)。。。コソコソ

| | コメント (10)

7月4日漏斗雲か?

本日7月4日は、
各地で激しい雷雨となりました。

わぴちゃんとこも、
16時30分ごろから空が真っ暗になり、
17時から約1時間ほど暴風雨となりました。

以下、西側を向いて撮影したものです。
07042
(※写真はクリックで拡大)

07043
(※写真はクリックで拡大)

07045
(※写真はクリックで拡大)

07046
(※写真はクリックで拡大)

07047
(※写真はクリックで拡大)


埼玉県北部~群馬県南部の方角ですが、
16時55分頃から5分ほど、地面に向かってのびる
漏斗雲のようなものが何本か確認できました。

ほぼ同じくらいの時間に
群馬県伊勢崎市で突風があった
との報道がありますが、今のところ、
この漏斗雲が関係しているかどうかは不明です。

| | コメント (4)

西へ遠征-空編(2)-

<空編(1)からの続き>

31日は岡山市街から
瀬戸中央道経由で四国入りしました☆

…そして、調子に乗って、
香川、愛媛、高知、徳島の4県を
一日で全制覇してしまいました(^-^;)
その後、明石海峡大橋を経て
神戸で夜を明かしました。

この日、岡山市内は霧が発生しました。
地表付近の霧は、比較的すぐに消散したものの
上空の霧がしばらく残り、層雲として
高層ビルの上部を包み込んでいました。

0331_
(※写真はクリックで拡大)

それから、倉敷市内、水島コンビナートの方角に
小さな積雲を見つけました。

0331__2
(※写真はクリックで拡大)


これ、わぴちゃんにとって初見の雲です。
工場からの排気がつくりだした「人工の雲」で、
熱積雲(thermic cumulus)と呼ばれるものです。

瀬戸中央道で四国側最初のPAに立ち寄りましたが、
そこで高積雲の放射状雲を見つけました。

0331__4
(※写真はクリックで拡大)

そして、南の方角は、より分厚い高積雲と高層雲で、
太陽がおぼろげになっています。

0331__3
(※写真はクリックで拡大)

また、観音寺市内で尾流雲を見つけました。

0331__5
(※写真はクリックで拡大)

03312_
(※写真はクリックで拡大)


雨粒が上空の風に流されつつ、
地表に到達する前に蒸発してしまったもので、
「尾を引いて見える部分」がそれです。

この日は、低気圧の接近で天気が下り坂。
次第に青空の部分がなくなり、
お昼過ぎからは雨が降り出しました(^-^;)

4月1日は帰路です。雨雲とともに、東へ進み、
21時過ぎには自宅に帰りつきました。
この日は雨雲の写真を何枚か撮りましたが、
ここでは割愛しますね。

<空編はこれで完了>

| | コメント (3)

より以前の記事一覧