9月25日の稲妻

本日(9/25)20時~22時頃にかけて、
わぴちゃんとこを発達した積乱雲が
通り抜けていきました。

雷のためパソコンを使った仕事ができず、
仕方ないので、ちょっくらライサマを
追っかけまわしてきました(^-^;)

本日の収穫の中から
いくつかピックアップして
以下に載せておきますね。

09251
(※写真はクリックで拡大)

09252
(※写真はクリックで拡大)

09254
(※写真はクリックで拡大)

09255
(※写真はクリックで拡大)

09256
(※写真はクリックで拡大)

09257
(※写真はクリックで拡大)

| | コメント (4)

ぞわぞわぞわー

ブログ、またご無沙汰しちゃって
申し訳ございませんでしたm(_”_)m

わぴちゃんはちゃーんと生きてます
ヘ( ̄∇ ̄ヘ;)。。。コソコソ

さて、タイトル…(笑)

わぴちゃんのブログで「ぞわぞわ」とか言うと、

「まさか虫の集団とか、
脚の多い生物のネタじゃないだろうな?」

とか反応が出そうですが、
ご安心ください…(笑)


ぞわぞわーとは雷のことです(*v_v)o


昨夜21時前後、稲妻が空の広い範囲を
ぞわぞわーっと駆け抜けていく様子を確認しました。

ただ、今回は数分に1度
あるかないか程度の頻度だったので、
写真としてきれいに写ったのは
この2枚だけでしたけどね(^-^;)

2
(※写真はクリックで拡大)

1
(※写真はクリックで拡大)


これは雲放電の一種で、
アンビルクロウラーと呼ばれることがあります。

アンビルはかなとこ雲、
クロウラーは這うものの意味です。

やや離れた場所にある積乱雲から吹き出す
かなとこ雲の底を這うように稲妻が走る現象で、
まるで血管のように細かく枝分かれした稲妻が、
空り広範囲をぞわぞわぞわーっと
音もなく走り抜けていくものです。

| | コメント (4)

活動度4のライサマ

わぴちゃんところは、
ここ連日のようにライサマが暴れています。

今日もライサマが
派手に大暴れしていきました。

今回わぴちゃんの頭上を抜けていったライサマは、
レーダーで見る限り、
せいぜい直径20km程度のものでしたが、
雷活動が非常に活発で、
ひっきりなしに稲妻が見えている状態でした。

雷ナウキャストでは、
中心付近に直径10km程度の
活動度4(激しい雷:落雷多発)の
領域が広がっていました。

見晴らしの良い公園の駐車場に車を停め、
車内から撮影したライサマの写真を載せますね。

07121
(※写真はクリックで拡大)

07126
(※写真はクリックで拡大)

07122
(※写真はクリックで拡大)

07124
(※写真はクリックで拡大)


もしこういう雷に遭遇したら
すみやかに安全な建物や車の中に避難して
やり過ごしてくださいね。

| | コメント (3)

ライサマ大暴れ。

今日も積乱雲が発達し、
各地で激しい雷雨となりました。

被害も報告されているようでしたが、
皆さんは大丈夫でしたか?(>ω<。)

夕方に撮影した
積乱雲関連の写真を3つ載せますね。

まず、南の空に広がる
とっても大きなかなとこ雲

0708
(※写真はクリックで拡大)

あまりに大きすぎて
全体像をとらえることができません。

この雲を撮影した時、レーダーでは、、
東京都-埼玉県の県境付近に
非常に活発な積乱雲の存在が確認できました。

どうやら、そこから吹きだしてきた
かなとこ雲のようです。

次に、見通しの良い安全な場所に車を停め、
車内から雷の撮影を試みました。

明るい時間帯の撮影なので、
かなり難儀しましたが、
使えそうなレベルの写真が1枚撮れました。

0708_2
(※写真はクリックで拡大)

もうひとつ、17時過ぎに写したどす黒い雲。

0708_3
(※写真はクリックで拡大)

このお皿のような独特な形…。
メソサイクロンになりかかっていたものと思われます。

メソサイクロンできてしまうと、
そこから竜巻などの破壊力の強い現象が
発生する可能性があるため、非常に怖い雲です。

幸い、このあと雲の渦は崩れて
弱体化していったため、そこから何かが
のびてくることはありませんでした。

| | コメント (0)

深夜の幕電と雲放電

今日は、歯科治療最終日でした。
わぴちゃんは、
不安を抑える強力な処置が必要なので、
身体にかなりの負荷がかかるのですが、
今日を持って一連の歯科治療から
解放されましたぁぁ(≧▽≦)ノ

でね。。相変わらず、
のどから気管支にかけて
調子が悪いのーーー(>ω<。)

突然エヘンムシが暴れるような感じで
発作的に咳込んでしまうのだ(>ω<。)

歯科治療のあしで、
ついでに呼吸器科も…と思ったのですが、
尋常じゃない込み具合だったので、
今日は逃げるように帰ってきました。
ヘ( ̄∇ ̄ヘ;)。。。コソコソ

前置きはこのくらいにして…★

昨夜は、各地で激しい雷雨となりました。

遠方にある積乱雲を撮影したものを
いくつか載せておきますね(*v_v)o

120911_2
(※写真はクリックで拡大)

120912_1
(※写真はクリックで拡大)

120912_3
(※写真はクリックで拡大)

120912_4
(※写真はクリックで拡大)

ちなみに、ピカッと光ったときに、
稲妻は見えないけれど、
雲全体の輪郭がぼんやりと
照らしだされる状態を幕電と言います。

また、稲妻(放電路)は見えるものの、
地表に届かずに完結しているものを
雲放電と言います。

写真では、幕電が主ですが、
時折、雲放電も確認できました。

| | コメント (3)

アンビル・クロウラー

今日も、溶けるような暑さでしたね(>ω<。)

この暑さで、大気の状態が不安定となって、
夕方から北関東地方では
あちこちで雷雲が発達しています。

わぴちゃんところでは、
いまのところまだ雨は降ってきていませんが、
19時半~20時頃に、
栃木県内の積乱雲から吹き出すかなとこ雲がかかりました。

その際、かなとこ雲の雲底を這うように、
細かく枝分かれした稲妻が音もなく静かに
横にサーッとなびいていました。

その様子を写真に写したので載せますね。
血管みたい…(^-^;)

_1
(※写真はクリックで拡大)

_2
(※写真はクリックで拡大)

_3
(※写真はクリックで拡大)

_4
(※写真はクリックで拡大)


このように地面に到達しない雷を
学術的には雲放電と言います。

その中で、かなとこ雲の雲底を
這うようにさーっとなびいていく稲妻は、
海外でアンビル・クロウラーの愛称で呼ばれています。

アンビルは「かなとこ雲」、
クロウラーは「這うもの」の意味です。

| | コメント (3)

豊田城と稲妻

今日は、午後から関東各地で
激しい雷雨となりました。

なので、夕方から
ちょっとぐるっとドライブ。
稲妻の撮影をしてきました(*v_v)o

8111
(※写真はクリックで拡大)


8113
(※写真はクリックで拡大)


8112
(※写真はクリックで拡大)


8114
(※写真はクリックで拡大)

一緒に写っている
お城のようなものは豊田城です(*v_v)o

世間はそろそろお盆休みモードなのかな?

お盆や正月、大型連休のように、
世間が休みモードに入ると、
仕事関係のメールや電話がなくなって、
人との交流がほとんどなくなって、
きわめて孤独な状態に陥るわぴちゃんです。

ヘ( ̄∇ ̄ヘ;)。。。コソコソ

| | コメント (11)

雲に邪魔された十五夜

9月22日は、十五夜でした。
なので、この日の月は「中秋の名月」として
お月見の日だったのですが…。

残念ながらわぴちゃんところは
南下する前線の影響を受けて、
雲に邪魔をされてしまいました。

大気の状態が不安定で雷雲が接近して、
月の代わりに稲妻(対地放電)が撮影できました(^-^;)

922
(※写真はクリックで拡大)


しかし、雷雲の通過後は、雲のすき間から、
月光による天使のはしごが見えました☆

9221
(※写真はクリックで拡大)

9222
(※写真はクリックで拡大)

9223
(※写真はクリックで拡大)


くっきりはっきりの
お月様とはいきませんでしたが、
別な意味で感動的で幻想的な空を
楽しむことができましたよ~♪

月光による天使のはしごは、
Lunar raysと呼ばれます。

特に日本名はありませんが、
弱い光ながらもなかなか魅力的な存在です。

| | コメント (2)

8/17の雷様

8月17日は北関東方面では
広範囲で雷雨となりました。

稲妻に7月下旬の激しい雷雨が連発した頃のような
エネルギーは感じませんでしたが、
それでも、細かく枝分かれした稲妻が
ぞわぞわっと雲底を走る様子は圧巻でした。

わぴちゃんは、
埼玉県久喜市(旧・栗橋町)で撮影しましたが、
雲間放電がメインで、対地放電(いわゆる落雷)は、
数えるほどしかありませんでした。

ということで、ライサマハンターの
釣果を紹介します☆

まず雲間放電

817
(※写真はクリックで拡大)

817_2
(※写真はクリックで拡大)

8173
(※写真はクリックで拡大)

8174
(※写真はクリックで拡大)


そして、数は少なかったものの
対地放電も写せました。

8172
(※写真はクリックで拡大)

| | コメント (4)

7/24の稲妻

7/24も、わぴちゃんところでは
雷様が活発に暴れまわっていました。

ひさしぶりに、しっかりとしたお湿りもあって、
干からびつつあった大地が潤ったように感じます。

以下、茨城県境町で撮影した稲妻です☆

724
(※写真はクリックで拡大)

724_3
(※写真はクリックで拡大)

724_2
(※写真はクリックで拡大)

724_4
(※写真はクリックで拡大)

724_5
(※写真はクリックで拡大)

724_6
(※写真はクリックで拡大)

| | コメント (5)

より以前の記事一覧