吾輩は足長蜂だが、何か?

Sp
(※写真はクリックで拡大)


この子はハチモドキバエの一種
つまり、ハエの仲間です(笑)

しかし、なかなか見事な真似っこぶりですね~。

なんか、
「吾輩は足長蜂だが、何か?」
とでも言ってそうですね(笑)

名前も、そのまんまだし…(笑)


ただ残念なのは、
この写真は結構トリミングしています(>ω<。)

もう少し寄ろうとしたら、うっかり草のつるに触れて、
周辺の葉がいっせいに揺れてしまい…

逃げられてしまいました(>ω<。)

あまり情報の少ない昆虫ですが、
どうやら、幼虫はコガネムシに寄生するらしい…?

この場所、コガネムシが大量にいたので、
ていねいに探すともっといっぱいいるかもしれないなぁ…

後日リベンジしよーっと☆

| | コメント (9)

セイヨウミツバチ

この記事は、花粉症の人とっては
少し閲覧注意かもしれません。

ヘ( ̄∇ ̄ヘ;)。。。コソコソ

----
昨日は、セイヨウアブラナの花に
セイヨウミツバチくんも来ていました(*´▽`*)

1
(※写真はクリックで拡大)


ぷりぷりっとしていてかわゆいですね(*´▽`*)

夢中になって
蜜を吸っていましたが、この顔…(笑)

2
(※写真はクリックで拡大)


目まで花粉まみれです(^-^;)
いづくないのでしょうか?(^-^;)

| | コメント (8)

ヒトスジシマカの

ヒトスジシマカの貴重な(?)
交尾シーンの撮影に成功しました。
ヘ( ̄∇ ̄ヘ;)。。。コソコソ

Photo
(※写真はクリックで拡大)

ここのところ、雨続きでお散歩できず、
ちょっぴりもんもんとしている
わぴちゃんです…(*´・ω・`)

(* ̄∇ ̄*)

| | コメント (9)

ケバエの乱舞

ケバエファンのみなさん、
今年もこの季節がやってまいりました(≧▽≦)ノ

わぴちゃんとこでは、
ケバエたちの乱舞が最盛期です(≧▽≦)ノ

1
(※写真はクリックで拡大)

3
(※写真はクリックで拡大)

4
(※写真はクリックで拡大)

地域や天候にもよりますが、
4月いっぱいは楽しめるでしょう(*´▽`*)

…なんちて♪
ヘ( ̄∇ ̄ヘ;)。。。コソコソ


今朝のわぴちゃんは、
たくさんのケバエたちに囲まれながら
しばし佇んでいました(^-^;)

ハグロケバエやメスアカケバエなど
複数種が飛び交っているものと思います。

Sp_1
(※写真はクリックで拡大)

Sp_2
(※写真はクリックで拡大)


人畜無害な上、短期間で収束しますので、
季節の風物詩として
見守ってあげてくださいにゃ(*v_v)o

生態系の底辺を支える
大切な一員でもありますしね(*´▽`*)

| | コメント (3)

ビロードツリアブお休み中

ビロードツリアブが、ナズナのところで
翅を休めていました(*v_v)o

2
(※写真はクリックで拡大)


雨宿りかな?

ビロードツリアブの成虫は
年1回春先にだけ出現します。

いわば、春の使者です(≧▽≦)

もっふもふで可愛い子です(*´▽`*)

長い口吻は花の蜜を吸うためのもので、
人や動物を刺すことは無いので
安心してくださいね(*v_v)o

| | コメント (3)

アシブトハナアブ

アシブトハナアブは、
ハエ目ハナアブ科の昆虫です。

厳寒期を除いて、
ほぼ1年じゅう姿を見ることができます。

2
(※写真はクリックで拡大)

人里周辺でもごく普通に見られ、
庭先にもよく飛んできます。

名前のとおり、脚のつけ根、
つまり、「もも」の部分が太く、
「まっちょ」に見えるのが特徴です(^-^;)

ただ、その雰囲気が伝わる写真を
撮るのはなかなか難しいものです。

先日訪花中の子を写していた時、
たまたま、「もも」の部分が
分かりやすく撮れたのでそれを載せますね(*v_v)o

1
(※写真はクリックで拡大)

なかなかたくましい脚ですにゃー(*ノωノ)

| | コメント (2)

オオチョウバエ

Photo
(※写真はクリックで拡大)


あ!

オオチョウバエだ!

ちっ、逃げられた…。

おぉ、超速えぇ~。


…たぶん、わぴちゃん、
いろいろ疲れてますね。
ヘ( ̄∇ ̄ヘ;)。。。コソコソ

オオチョウバエ(大蝶蝿)は、
ハエ目チョウバエ科の昆虫です。

パッと見は蛾のようですが、
ハエに近い仲間です。
ホシチョウバエとともに台所などの
衛生害虫として知られています。

| | コメント (0)

シオヤアブ VS …

シオヤアブは
ハエ目ムシヒキアブ科の昆虫です。

ほかの虫さんをつかまえて食べる
「アブ界のハンター」です。

肉食な上、身体が大きく、
羽音もダイナミックですが、
人に危害を加えることはない
「危なくないアブ」です。

そのシオヤアブくんが捕えたのは…。

Photo
(※写真はクリックで拡大)

なんと自分よりも大きくて
これまた肉食のコシアキトンボ・・・(^-^;)

一歩間違えれば、
自分が餌になったかもしれないのに、
なかなか勇敢な子ですのぅ…。

---
わぴちゃんの浄化槽転落事故、
心配してくださって
ありがとうございました(*v_v)o

今回一番ダメージを受けたのは左脚でした。

傷口はふさがりつつありますが、

打撲?炎症? どちらか分かりませんが、
かなり広範囲にわたって痛みがあります(^-^;)

あと、怪我も関係あるのか、
微熱も続いています(^-^;)


今回は、いわば、傷口に塩よりもたちの悪い
汚泥を塗りたくったような状態になりました。

なので、今後炎症が悪化すると、
病巣を切ることになる
可能性も否定できないので、
しっかり経過観察するように
…と言われています(/||| ̄▽)/

どうか、この痛みが炎症ではなく
打撲によるものでありますように…(*-人-)

| | コメント (5)

あしぶと…

一昨日、駅の階段をくだっているとき、
足を踏み外してずるっとすべり、
ひっくり返りそうになりました。

が、自分でもびっくりするような
華麗な動きで体勢を立て直し、
事なきを得ました。

気づいたら、周囲の人々の
視線を集めてしまっていました…(^-^;)


そして昨夜、突然面識のない
ガラの悪い人に絡まれかけて、
かなり怖い思いをしました(>ω<。)

何とか逃げ切ったので、
危害を加えられることは
ありませんでしたが…。


災いがわぴちゃんを狙っているから、
気をつけないとなぁ…


ということで?

昨日・今日で、アシブトと名がつく
ハナアブ類を3種揃えることができたので、
載せたいと思います(*v_v)o


アシブトハナアブ
Photo
(※写真はクリックで拡大)

※ハナアブの仲間では
もっとも普通に見られる種類です☆
♂と♀で模様が若干異なります。
名前のとおり後脚がマッチョ風になっているのですが、
ちょうど翅のヘリと重なって見えなくなってますね(笑)


シマアシブトハナアブ(黒化型)
_
(※写真はクリックで拡大)

※パッと見アシブトハナアブに似ていますが、
模様の黄色い部分が多い種類です。
初夏以降よく見かけるようになります。
ときに写真のように、全身真っ黒になる子もいて、
「黒化型」と呼ばれています。


キヒゲアシブトハナアブ
2
(※写真はクリックで拡大)

※わぴちゃんにとって初見のハナアブ類です。
湿地林の縁にいました。
顔が黄色くて、触角も黄色いですね。

| | コメント (4)

ガガンボの顔(*v_v)o

今朝、道路わきの草で、
ガガンボちゃんが休んでいました(*´▽`*)

Photo
(※写真はクリックで拡大)

すごい器用な止まりかたをしています(^-^;)

よく見ると、脚6本のうち、5本を使って
葉のたれ具合に合わせ
うまく体勢を維持していました。

わざわざそんな、
姿勢を維持するのが大変なところに
とまらなくても、ねぇ…(^-^;)

今回は、お顔の写真も撮れました。
おめめの緑色がキレイ…(*´▽`*)

_
(※写真はクリックで拡大)

ガガンボは、ハエ目のうち
ガガンボ上科などに分類される
昆虫を総称したもので、
ものすごくたくさんの種類がいます。

この子は最初、キリウジガガンボかな?
…と思ったのですが、翅の色合いなど
雰囲気がちがうのでたぶん別種です。

でも、同定しきれませんでした(^-^;)

| | コメント (4)