クサキョウチクトウの果実

クサキョウチクトウはハナシノブ科の多年草。

古い時代からオイランソウの名前で
園芸植物として親しまれてきました。

わぴちゃんちにもかなり昔からあって、
放任栽培でも毎年花をよく咲かせてくれます。

Photo
(※写真はクリックで拡大)


ただ、果実は今まで
見たことがありませんでした。

結実率がよくないのか、
単にわぴちゃんが見過ごしていただけ
なのかは知りませんが…(^-^;)

先日、クサキョウチクトウの萼の写真を写そうと、
花を丁寧に観察すると、
果実が2つほどできていました(≧▽≦)ノ

Photo_2
(※写真はクリックで拡大)

2
(※写真はクリックで拡大)


うーーん。たくさん咲いたはずなのに、
果実はたったの2つだけ。

やはりもともと結実率が
低いのかもしれませんね。

| | コメント (7)

ソテツの花と種子

ソテツは、ソテツ科の樹木で
庭木として時々栽培されています。

イチョウやスギ、マツなどと同じ裸子植物で、
子房(のちの果実)がなく、胚珠(のちの種子)が
むきだしの状態で存在します☆

そのソテツの花の撮影も、
わぴちゃんにとって長年の課題でしたが、
ついにその夢がかないました(≧▽≦)ノ

しかも、雄花、雌花、種子の3つを
一気にクリアー(≧▼≦)ノ

…こうして日常生活の「運」を
使い果たしていくわぴちゃんでした
ヘ( ̄∇ ̄ヘ;)。。。コソコソ


ということでソテツの雄花☆

1
(※写真はクリックで拡大)

2
(※写真はクリックで拡大)

雄花は、多数の小胞子葉が穂状につき、
まるで黄色い塔のように高くそびえ立ちます。
小胞子葉の裏面には、葯がびっしりついて
成熟すると袋が破けて花粉が出てきます。


ソテツの雌花☆
1_2
(※写真はクリックで拡大)

2_2
(※写真はクリックで拡大)

鳥の羽根みたいな形をした大胞子葉
たくさん集まって、まるで
カリフラワーのような姿になります。

1つ1つの大胞子葉を見ると、その根元に、
丸い胚珠がいくつかついているのが確認できます。

ソテツの種子☆

Photo
(※写真はクリックで拡大)


種子は赤く熟します。
自生地の南西諸島では飢饉のときに
水でさらして云々…だそうですが、
猛毒なので手を出さないことを
強くおススメします(*v_v)o


余談ですが、ソテツは漢字で蘇鉄。
衰弱したとき、鉄くぎを幹に刺したり
鉄粉をまくと蘇ることから来ているようです。
本当に蘇るのかは知りませんが…(^-^;)

あ、わぴちゃんはソテツじゃないから、
鉄くぎ刺さないでね
ヘ( ̄∇ ̄ヘ;)。。。コソコソ

| | コメント (4)

フサアカシアの果実

今春、わぴちゃんがブログに載せた
フサアカシアの花。

その果実の撮影をしてきました(*v_v)o

ちょっと遅かったかな。
大部分が弾けちゃっていました(´・ω・`)

1
(※写真はクリックで拡大)

2
(※写真はクリックで拡大)


しかし、あのポンポンのような花から、
こんなに立派な豆ができるなんて、
なかなか興味深いですね。

来年は、熟す前の果実を撮影しよう…っと☆

| | コメント (7)

ヒイラギの果実+イボ...

今日は午後から会議のため
出かけていました。

そこに植えてあったヒイラギに
青黒い果実ができていましたよ(≧▽≦)ノ

1
(※写真はクリックで拡大)

2
(※写真はクリックで拡大)

ヒイラギの果実もだいぶ探し回ったので、
ようやく撮影することができて良かったです(*´▽`*)

あと、ヒイラギといっしょに植えられていた
ヒイラギモクセイの木に、
憧れのイボタガのお子様がいました(≧▽≦)ノ

たぶん苦手な人が多いと思いますので、
小さいサイズでのせておきますね(笑)

写真をクリックすればモザイク付きで、
600×400pxに拡大されます(*v_v)o

__2
(※写真はクリックで拡大)


イボタガは、イボタノキ、ネズミモチ、
キンモクセイ、ヒイラギなど
モクセイ科の樹種を食樹とする蛾です。

本能に非常に強く訴えかけてくる容姿をしていますが、
その道のマニアにはたまらない昆虫です(*´▽`*)

画像検索…は、やめておくことを強く推奨しますが、
どうしても見たいという人は、自己責任で…ね(^-^;)

| | コメント (6)

カキドオシの果実

カキドオシの花は、
春の野辺でよく見かけます☆

青紫色でとってもキレイ(*´▽`*)

Photo
(※写真はクリックで拡大)

しかし、なぜか果実の姿は
一度も見たことないなぁ…。

もし果実ができるとすれば、
ちょうど今時分のはずです。

ただ、カキドオシは、
花が終わると茎がびよーんとのびて、
垣根をも通すような勢いで広がっていきます。

なもんで、花の咲いた跡を
探すのも案外大変だったりします。

わぴちゃん、野原の真ん中で
1人ちょこんとうずくまるようにして、
しばらく茎を目でたどっていました。

10分くらい探し続けてようやく萼筒を発見!

Photo_2
(※写真はクリックで拡大)

シソ科植物の果実は
「分果」と呼ばれる形態で、
萼筒の中に、4つの果実が入ります。

なので、萼筒の中を
のぞくと果実が見えるはず。
♪((O(〃⌒∇⌒〃)O))♪ドキドキ

1
(※写真はクリックで拡大)

2
(※写真はクリックで拡大)


あっ! あったぁ(≧▽≦)ノ


3個しかできていませんでしたが、
カキドオシの果実ができていました(≧▽≦)ノ

これで、今度から図鑑をつくるときに
カキドオシの果実についても
書けるようになります(*´▽`*)

| | コメント (3)

ハナニラの果実

一昨日(4/22)の自然散策のとき、
ハナニラが結実しているのを見つけました。

1
(※写真はクリックで拡大)

2
(※写真はクリックで拡大)


ハナニラそのものは、
とってもありふれた存在ですが、
果実は生まれて初めて見ました(*v_v)o

花が終わると茎はびよーんとのびて
だらしなく倒れ、先に丸い果実をつけるようですね。


ハナニラは、結実自体が稀とされているので、
見つけられたらラッキーなのかもしれませんね。

手持ちの書籍等にも、ハナニラの果実の
写真や図を掲載したものはなく、
ネットを検索してもそれらしい画像が
出てきませんでしたので、
資料としてここに載せておきますね。

| | コメント (0)

ムクロジのシャボン玉

昨日は自然観察会の講師として出かけていました。
その途中、ムクロジの果実を拾うことができましたので、
例のあれをやってみました(≧▽≦)ノ

Photo
(※写真はクリックで拡大)

ムクロジの果実には、
サポニンという成分が含まれていて、
古くは石けんの代用としても使われていました。

なので、果実を水に浸し、
果肉の部分をつぶしながら揉んで汁を出すと、
よーーーく泡立ちます(*v_v)o

Photo_2
(※写真はクリックで拡大)

…そして、シャボン玉をつくることも可能です。

Photo_3
(※写真はクリックで拡大)

さすがに市販の石けんのように
ぽんぽんとシャボン玉が
わき出てくることはないようですが、
5回に1回くらいの割合で、
空に飛ばすことができました(*v_v)o

ストローが無かったので、
その辺からタンポポの茎をちぎって、
それを使ってシャボン玉を吹きました。

このシャボン玉の写真は、
制作・撮影ともにわぴちゃんの1人作業でした。

なもんで、シャボン玉をつくってから撮影まで、
どうしてもタイムラグができてしまいましたが、
それでも、きちんとかたちを維持していたので、
ムクロジのシャボン膜はそこそこ丈夫なようですね。


ムクロジのシャボン玉、機会があったら試してみてくださいね。
ただ、石けん水同様に、飲用はできませんので、
飲まないように気を付けてくださいね。

| | コメント (6)

クコ、すずなり

近所の河川敷にて。

クコの実が大量に
ぶら下がっていました(*^▽^*)o

1
(※写真はクリックで拡大)

2
(※写真はクリックで拡大)

わぴちゃん、野生株で
こんなにたわわに実っているのって
初めて見たかも!?

クコの実は、食用になり、
ドライフルーツや中華粥などに利用されます。

生食も可能らしいのですが、
生だと味はちょっとご妙かもしれません(^-^;)

シシトウのように
味に個体差があるのかもしれませんが、
前、わぴちゃんが味見したものは、

「辛みをなくした唐辛子+青臭さ」

…という感じでした(^-^;)

| | コメント (3)

ヒシもひっつき虫!

ヒシはため池や沼などに生える水生植物です。

Photo
(※写真はクリックで拡大)

今まで「ヒシ科」でしたが、
新しいAPG分類では、
まさかの「ミソハギ科」です(/||| ̄▽)/

み、ミソハギ科。。。うーーん。

これが「ミソハギ科」だなんて、
パッと連想できるようになるまで
何年かかるだろう…(こそっ)

ヒシの果実は、水面付近にでき、
水流に乗ってあちこち運ばれて分布を広げていきます。

__2
(※写真はクリックで拡大)

…が、それだけではなく、どうやら
「ひっつき虫」としての性質もあるようです。

ヒシの果実には2本のトゲがあります。
その刺を思いきりアップにしてみると…。

_
(※写真はクリックで拡大)

なんと、センダングサのような
「返し」がついているではありませんか(*´▽`*)

これで水鳥の羽根などにひっついて、
運ばれていくようです。

ひっつき虫好きを自称しているのに、
今までまったく気づきませんでした(^-^;)

ただ、ヒシの実は、刺の鋭さから、
忍者道具の撒菱のモチーフとなっているほどです。

そんなものに羽根をかっちゃかれたら、
きっと痛いだろうなぁ…(^-^;)

| | コメント (3)

スカシタゴボウの果実

晩秋の田んぼのあぜ道で
やたら見かけるのがスカシタゴボウ

Photo
(※写真はクリックで拡大)

ちょうど、果実が熟してきて、
種子散布の様子が撮影しやすかったので
写してみました(*v_v)o

2
(※写真はクリックで拡大)

1
(※写真はクリックで拡大)


スカシタゴボウの果実は
「短角果」と呼ばれる形態です。

果実の中心には「仕切り」があって、
2つの部屋に分かれています。
そして、部屋の中には
多数の細かいタネが入っています。

熟すと、「仕切り」の部分を境に
果皮が2つに割れて
中からタネがパラパラとこぼれ落ちます。

| | コメント (2)

より以前の記事一覧